スポーツ

田中智美(マラソン)の過去の成績や活躍について!彼氏や結婚は?

田中智美(たなかともみ)選手は、マラソン歴代ランキング14位の記録を持つ東京オリンピック代表有力選手です。リオデジャネイロで開かれたオリンピックの代表選手でもあったんですよ。

ねこ太
ねこ太
あの時の選考レースでは1秒差で小原怜選手に勝って代表入りして大きな話題になったよね!
うさ子
うさ子
今回の大阪国際女子マラソンでもその小原怜選手との因縁の対決が話題になってるわよね。壮絶な争いになりそうね!

そうなんです。2016年の名古屋ウィメンズマラソンでこの2人はオリンピック代表をかけて熾烈な争いをしてたった1秒差で田中選手が代表の座を射止めたんです。

1秒の差が勝利と大きな悲しみを生んだ記憶に残るレースでしたね。

そんな2人が再び相まみえる今回の大阪国際女子マラソンは目が離せませんね。田中選手は今回出場する選手の中の自己ベストでは3位に入ります。

再びオリンピック出場を狙う田中選手としてはこの大会でMGC出場権を得ることが大きな目標となります。

その権利を持たなければオリンピックに出場が出来ないからです。

うさ子
うさ子
MGC出場権って何なの?

MGCとはマラソングランドチャンピオンシップことで2020年東京オリンピックの代表選考会なんです。

女子では前田穂南選手(天満屋)・松田瑞生選手(ダイハツ工業)・安藤友香選手(スズキ浜松アスリートクラブ)・関根花観選手(日本郵政グループ)・岩出玲亜選手(ドーム)・野上恵子選手(十八銀行)・鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)・小原怜選手(天満屋)の8人が既にその権利を得ているんですよ。

田中選手としては大阪国際女子マラソンで優勝してこの権利を獲得することが必要、絶対に負けられないレースなのです。

ここではそんな田中選手のプロフィールや経歴、ご両親やお兄さんのこと、そしてみなさんも気になっている彼氏や結婚についてご紹介します。

スポンサーリンク

田中智美選手ってどんな人?

左口の上にあるほくろがチャームポイントです。可愛らしいですよね。ほくろ占いによるとこの位置にほくろがある人は、何事も積極的に取り組み、成功を手にしやすいんですって。

確かに彼女はそんな感じです。実際、リオオリンピック出場という大きな栄冠を得ていますものね。性格は明るくて気さく、とてもお茶目なんですよ。

 

 

 

どうです、とびきり明るくて元気でチャーミングでしょ!お願いしたら何でもやってくれそうなフレンドリーさが彼女の魅力ですね。

趣味はカメラや抹茶フード探しです。厳しい練習の中でもそうやってリラックスする時間があるとまた頑張ろうって気分になるでしょう。

でも、そんな彼女にも苦しい時期があったんですよ。2015年の世界選手権代表選考大会の代表選考会となった2014年の横浜国際女子マラソンのことです。

田中選手は外国勢を抑えて見事な優勝を決めたのです。これで田中選手の世界選手権出場は確実だろう、誰もがそう確信した素晴らしい走りを見せたんですよ。

しかし・・・

前半の走りが消極的だったから、という理由で何故か彼女は代表から落ちてしまったのです。

うさ子
うさ子
この選考に増田明美さんや高橋尚子さんなど陸上関係者も驚いていたんだよ
ねこ太
ねこ太
もちろん、一番驚いたのは本人!出場させてもらえると思っていた田中選手も失意のどん底に突き落とされたんだよね・・・

普通の選手ならここで糸が切れてしまいますよね。

しかし、田中選手は違います。

気持ちを切替えてリオオリンピックへの出場を決意したのです。これが田中選手にとって大きな転機となったんです。マイナスをプラスに変えようとする彼女の心の強さこそ最大の武器だと言えるでしょうね!

それ以降、第一生命の山下佐知子監督が田中選手につきっきりで指導を始めました。

監督自ら一人の選手に付いて指導するなんてことは滅多にないことです。それだけ田中選手がスペシャルなランナーだということなんですね。

そして、1年にわたる長期的な計画で着実に田中選手はリオオリンピックに近付いていきます。

結果、見事にオリンピックの代表選手になったのですから、この2人の二人三脚の努力と執念は素晴らしいですね。

しかし、残念ながらリオオリンピックでは19位に終わってしまいました。今再び田中選手は東京オリンピックを目指して走り続けているのです。

ねこ太
ねこ太
2018年シーズンの成績はどうなの?順調に調整が進んでいるのかな?

問題はそこなんですよね。2018年シーズンは3月のまつえレディースハーフマラソンでは優勝したものの、2月の全日本実業団ハーフマラソン大会で17位、11月のクイーンズ駅伝でも区間9位と必ずしもいい成績とは言えません。

うさ子
うさ子
調子が落ちているのかしら?

それがそうとも言えないんですよ。むしろピークを大阪国際女子マラソンに合わせているからこその成績だったのではないかと思えるんですよ。

長期的な戦略が必要なんですよ、マラソンという過酷なレースには。

田中選手は必ずピークを大阪国際女子マラソンに合わせてくるはずです。リオオリンピックでの19位という残念な成績に対してリベンジしたいという思いは誰よりも強いはずです。

きっと今回のレースではそんな彼女の思いの強さが伝わるようなレース運びを見せてくれると思いますよ

宿命のライバル、小原怜選手との戦いと共に見逃せない素晴らしいレースになること必死、見ないと損しますよ!

では次に、田中選手のプロフィールと経歴についてご紹介しましょう。

田中智美選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:田中智美(たなかともみ)
生年月日:1988年1月25日
出身地:千葉県成田市
血液型:不明
身長:154cm
体重:39Kg
所属:第一生命

千葉県の県民性は、「大らか」「明るい」「何処か抜けていてそれが愛嬌」だそうです。あはは、まさに彼女は県民性そのものですね。レースの時の真剣な表情とプライベートの赤草の落差が彼女の魅力です。大阪国際女子マラソンのゴール後にもとびきりの笑顔が見たいものですよね。

経歴について

(成田市立成田小学校)
優勝(1998年成田市ロードレース大会)
優勝(1999年成田市ロードレース大会)

(第一生命時代)
2位(2011年兵庫リレーカーニバル5000m)
7位(2011年東日本実業団陸上競技選手権大会5000m)
12位(2011年全日本実業団対抗陸上競技選手権大会5000m)
6区区間賞(2011年全日本実業団女子駅伝)
優勝(2012年全日本実業団ハーフマラソン)
6位(2012年兵庫リレーカーニバル10000m)
8位(2012年東日本実業団陸上競技選手権大会5000m)
7位(2012年全日本実業団対抗陸上競技選手権大会10000m)
8位(2012年世界ハーフマラソン選手権大会)
3区3位(2012年東日本実業団対抗女子駅伝競走大会)
10位(2013年福岡国際クロスカントリー一般6km)
8位(2013年ニューヨークシティハーフマラソン)
3区3位(2013年東日本実業団対抗女子駅伝競走大会)
3区9位(2013年全日本実業団女子駅伝:通称クイーンズ駅伝)
7位(2014年Rock’n’Roll Philadelphia Half Marathon Race)
5区区間賞(2014年東日本実業団対抗女子駅伝競走大会)
優勝/自己ベスト:1:09:24(2014年全日本実業団ハーフマラソン)
優勝(2014年横浜国際女子マラソン大会)
5区2位(2014年全日本実業団女子駅伝:通称クイーンズ駅伝)
2位(2015年名古屋ウィメンズマラソン)
優勝/自己ベスト:9:15:32(2015年世田谷陸上競技会3000m)
8位(2015年ベルリンマラソン)
5位/自己ベスト:15:37:59(2015年ホクレンディスタンスチャレンジ2015・網走大会5000m)
3位/自己ベスト:32:08:74(2015年ホクレンディスタンスチャレンジ2015・深川大会10000m)
5位(2015年Boston Athletic Association10km)
5位(2015年東日本実業団陸上競技選手権大会3000m)
6位(2015年ゴールデンゲームズinのべおか5000m)
2位/自己ベスト:2:23:19(2016年名古屋ウィメンズマラソン)
9区2位(2016年東日本女子駅伝)
19位(2016年リオオリンピック:マラソン)
5区3位(2016年全日本実業団女子駅伝:通称クイーンズ駅伝)
17位(2018年2月全日本実業団ハーフマラソン大会)
優勝(2018年3月まつえレディースハーフマラソン)
17位(2018年4月金栗記念選抜中長距離大会5000m)
7位(2018年10月チャレンジゲームズ大分5000m)
5区9位(2018年11月全日本実業団女子駅伝:通称クイーンズ駅伝)

田中選手は、千葉県の玉造幼稚園から成田市立成田小学校に進みました。小さな頃からかけっこが速かったともっぱらの評判だったそうですよ。きっと運動会ではいつもトップでゴールしていたんでしょうね。その自信が今の彼女の明るさになったのかもしれませんよね。

でも、そんな彼女ですが子供の頃は走るのが苦手で好きじゃなかったそうですよ。それがオリンピックに出場するほどのランナーになるんですから世の中分かりませんね。

走るのが苦手な割に田中選手は、成田小学校の時に5年と6年2年連続で成田市ロードレースで優勝しているんですよ。この頃からなんでしょうね、陸上が好きになったのは。

その後田中選手は、成田市立成田中学校の入学しました。ジェフユナイテッド千葉の船山貴之選手が同級生です。今でも仲良しみたい。

その後田中選手は、私立千葉英和高等学校に進学しました。でも、中学高校と陸上では県大会出場が精一杯でした。大器晩成型なんでしょうね。その才能が開くのはまだまだ先のことです。

大学は駅伝でも有名な陸上の名門玉川大学を選びました。当時、彼女は教員志望でしたが、陸上も続けたくて陸上部の門を叩きます。

しかし門前払いされたそうです。それでも諦めずに入部したのです。この辺にも意思の強さが感じられますよね。でも、まだその才能は花開きませんでした。

しかし、田中選手の才能をしっかり見ていた人がいたんですよ。それが山下佐知子さん、第一生命の監督です!中学から大学までこれといった実績がない田中選手に注目するなんてさすが山下さんですね。

同僚に世界陸上銀メダル、バルセロナオリンピックのマラソンで4位に入った尾崎好美選手がいたのも大きかったのでしょう。

目標となる選手がいつもそばにいるのって大きいですよね。その後の田中選手は目覚ましい活躍をし始めたのです。社会人に入っての急成長は驚くべきものです。

2011年全日本実業団女子駅伝では6区で区間賞を獲得、2012年と2014年全日本実業団ハーフマラソンで優勝、2014年の横浜国際女子マラソン大会でも優勝し、マラソンランナーとして大きく羽ばたいたのです。

その後、2016年名古屋ウィメンズマラソンで2位に入り、リオオリンピック出場を決めたのです。第一生命に入社して5年で頂点を極めたのですから本当に急成長したんですよね。

そして、今度は東京オリンピックへの出場という新たな夢に挑戦しているんです。リオオリンピックでは悔しい成績に終わったリベンジを果たすという大きな目標を胸に、今回の大阪国際女子マラソンに挑戦します!

では次に、ご両親やお兄さんについてご紹介します。

田中智美選手のご両親とお兄さんについて

田中選手のお父様は田中啓雄さんです。2019年時点で64歳ではないかと思います。職業は元日本航空の整備士なんです。だから実家が成田市なんでしょうね。

でも、田中選手は大の飛行機嫌いだそうです。海外遠征する時困っちゃいますよね。

お母様は田中きみ子さん、59歳になるのではないかと思います。お母様は田中選手の良い相談相手なんですよ。

教師になるか陸上選手として実業団に進むのか悩んでいた時にもよくお母様と話し合ったそうです。

お母様は教員の道を勧めました。母親としては娘の将来が心配ですし、やはり安定した職業を選んで欲しかったんでしょうね。しかし、田中選手は敢えて厳しい道を選んだのです。

今はご両親ともに陸上選手としての田中選手をしっかりサポートしています。レースにもよく出かけて応援しているそうですよ。

田中選手には田中啓介さんというお兄さんがいます。お兄さんもきっと妹の活躍を誇らしく思っているでしょうね。

では次に、彼氏や結婚についてご紹介しますね。気になる人も多いのではないでしょうか。

彼氏はいる?結婚はどうなの?

残念なことに今のところ田中選手に彼氏がいるという情報が出ていません。彼女は30歳ですし、そろそろ結婚を意識する年齢ですよね。でも、今は東京オリンピックのことで頭はいっぱなのかもしれませんよ。

彼氏にしても結婚にしても東京オリンピックが終わってからになるのでしょうね。それほど人生を賭ける価値がオリンピックにはあるということですね。

でも、とても明るくて社交的でチャーミングな彼女のことです、きっと近い将来良い伴侶に恵まれると思いますよ。いつかその才能を受け継いだお子さんがオリンピックで活躍するなんてことがあったら面白いですよね。

最後に

2019年1月27日に開催される大阪国際女子マラソンは田中選手にとって人生を賭けた大きな戦いになります。

田中選手が、どんな準備をして来たのか、そして、どんな走りを見せてくれるのか今大きな注目を集めています。

目指すは優勝とMGC出場権獲得!

もちろんライバルとなる選手も思いは同じです。福士加代子選手(ワコール)、田中華絵選手(資生堂)、小原怜選手(天満屋)、そして初マラソンで未知の力を秘めた超新星大森菜月選手(ダイハツ)と強豪ばかりです。

でも、田中選手にはその強豪に打ち勝つオリンピックへの強烈な執念があるんです。簡単なレースではありません。しかし、その思いを全面に出すようなレース運びをしてくれることでしょう。

しっかり東京オリンピックへの道を切り拓いて下さいね、応援しています!

スポンサーリンク