ドラマ・映画・漫画アニメ

トレース(ドラマ)は原作と違う?漫画のネタバレや結末が気になる!

2019年1月期の月9ドラマ『トレース 科捜研の男(かそうけんのおこと)』がいよいよ始まりましたね。「科捜研の男」というと、堅苦しいイメージがありますが実際はどのようなドラマになっているのでしょうか。

そして月9初主演”の「錦戸亮(にしきど りょう)」さんが、凄惨な過去を持つクールな“科捜研”の男を演じます。演技力抜群の錦戸さんなので、見るのが楽しみですよね。

そんなドラマ「トレース」ですが、原作とはどのようなところが違うのか気になる方も多いのではないでしょうか。そして漫画の結末も気になってしまいます。

今回は、「トレース」(ドラマ)は原作とどこが違うのか、そして漫画のネタバレや予想をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「トレース 科捜研の男」とはどんなドラマ?

ドラマ「トレース 科捜研の男」あらすじ

まずは簡単に、ドラマ「トレース 科捜研の男」のあらすじを紹介してみますね。

23年前の6月、小学生だった真野礼二は学校から帰宅後に惨殺された家族の姿を発見します。

葬儀でこの事件の真相を自分の手で必ず解明することを誓った真野。

そして彼は警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する法医研究員となりました。

他の研究員とは異なり、あくまでも鑑定結果を第一に優先します。時に見解の相違から、警察とぶつかることも。

警察が事件とは無関係だと判断しても、真野は自分の中で納得が得られない場合はあらゆる方法を駆使して鑑定を行います。

そして鑑定を行うことで、被害者が現場に残した無念を明らかにしていく・・・というドラマです。

うさ子
うさ子
主人公の真野礼二の抱える過去が壮大すぎて、見ごたえのあるドラマなのよね~!
ねこ太
ねこ太
主役の錦戸亮さんの表情や演技力も、この役柄にとっても合ってると思わされるんだニャ~。

ドラマ「トレース 科捜研の男」のキャスト

錦戸亮(役:真野礼二)

警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する法医研究員。膨大な知識を持ち、鑑定技術や着眼点は他の研究員と異なる高い能力で好評価を受けている。

主観や憶測だけでなく納得できるまで鑑定。幼少期に起きたある事件の真実を追い続けていて暗い闇がある。

新木優子(役:沢口ノンナ)

新人法医研究員。大学院で遺伝子の研究中、なんとなく科捜研に入所し、ある日殺人事件に関わることに。

徐々に被害者や遺族たちに感情移入していき、暴走気味な真野にも振り回されつつ成長していく。

船越英一郎(役:虎丸良平)

これまでの経験で自身の勘に自信があり、独善的な捜査を行うベテラン刑事。真野とよく衝突し対立しているが、虎丸も被害者や遺族の事を思っている。

手柄を立てたり、検挙数を稼ぐことに必死だったがいつの日か疑問を覚えている。

小雪(役:海塚律子)

科捜研法医科の美人科長で、真野とノンナの成長を見守っている。真野の過去にとある関わりを持つ謎な一面も持っている。

ドラマ「トレース 科捜研の男」原作って?

月刊コミックゼノン」で連載中で、既刊5巻、2019年1月19日(土)に最新第6巻発売です。

うさ子
うさ子
月刊コミックゼノンで連載されている『トレース 科捜研法医研究員の追想』が原作なのよ。
ねこ太
ねこ太
作者はなんと元・科捜研研究員という経歴を持っているから、内容もリアリティー満載なんだニャ!

原作のネタバレとしては

  • 礼二の姉のお腹の子供の父親は先生
  • 実は先生も共犯者説
  • 黒幕は壇

など考察と予想をしてみました。

正直、先生が共犯者説や父親説はあまり自信のない推理になりますが、黒幕が壇だということは揺るぎないです。これで実は事件と無関係だった、ということはないでしょう。

主人公の礼二の過去以外にも、礼二たちが科捜研として担当する事件も重みのある話が多くて考えさせられる内容でした。

誰も救われないという話も多くて重い話好きにオススメな漫画となっていますよ。

特に1巻に収録されている区議会委員が息子に殺害される話や、2話に収録されている美人が殺害されて遺体をバラバラにされる話とか絶望的・・・。

これテレビドラマでやるのかな?と思うような展開が多くて読み応えがありますよ。

ドラマ「トレース 科捜研の男」原作との違いは?

それでは、ドラマ「トレース 科捜研の男」原作との違いをまとめていきますね。

真野のポケットに正義の味方の人形がない

原作では真野の白衣の胸ポケットには「正義の味方のフィギュア」が入っていて、真野は時折その人形を触っています。

この人形は23年前の真野の陰惨な過去への「戒め」で、真野のトレードマークとも言えます。
原作と違い、ドラマの真野のポケットには何も入っていませんでした。原作ファンとしては、ちょっと残念ですよね。

船越英一郎演じる虎丸のキャラが違い過ぎる

船越英一郎さん演じる刑事・虎丸のキャラクターが、原作と全然違います。

原作では強面で“刑事の勘”で動くのですが、もっと落ち着いていて渋くて真野の実力も早い段階で認めます。

ドラマの怒鳴りまくりの船越英一郎さんについては、ツイッターでも賛否両論となっていますね。
それはそれで、いい味が出ているようにも思えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。「トレース」(ドラマ)は原作とどう違うの?知りたい方も多いと思います。また漫画のネタバレや結末が気になりますよね。

主演が錦戸亮さんということで、ドラマの期待値も上がってしまいます。豪華なキャストたちで見ごたえのあるドラマですよね。

これからどうなっていくのか、楽しみです。

スポンサーリンク