芸能・エンタメ

善悪の屑は公開中止?新井浩文出演シーンは撮り直しで延期の可能性も

俳優の新井浩文さんが自宅を家宅捜索されたというニュースが流れ、日本中に衝撃が走りました。

新井さんといえば、日本でもすごい俳優さんの一人です。

私も大好きな俳優さんだったので、ショックを隠せません。

しかも2019年には、公開される予定だった作品があったのに!その中の一つ、「善悪の屑」という映画がありますが、いったいそれはどうなってしまうのでしょうか?

公開中止されるのか、そのまま公開されるのか・・・今後についてまとめました。

スポンサーリンク

善悪の屑は公開中止?

善悪の屑は人気コミックが原作となっており、たくさんの方が期待していた作品です。

その作品を簡単にご紹介いたします。

累計発行部数350万部を突破した大ヒット漫画を映画化する「善悪の屑」が2019年に公開されることがわかった。新井浩文、林遣都が復讐代行を請け負う2人組という役どころでダブル主演し、馬場ふみかがヒロイン役を務める。

渡邊ダイスケ氏による原作漫画は14年に「ヤングキング」で連載が開始され、16年には国内最大級の電子コミックストア「コミックシーモア」の総合ランキングで1位を獲得。第2部「外道の歌」も連載中で、さらなる盛り上がりを見せている。

映画版でメガホンをとるのは、「貞子vs伽椰子」「不能犯」などで知られる白石晃士監督。古書店を営むかたわら、依頼人からの復讐代行を担う鴨ノ目武(カモ)と島田虎信(トラ)の姿を描き、残酷で痛快な復讐劇と濃厚な人間ドラマを紡ぐ。

復讐物ですね!私もこういう作品大好きです。最近人気が高かった復讐物の作品に「モンテクリスト伯」がありますが、その作品にも新井浩文さんは出演されています。

その時もメインキャストでしたが、今回の善悪の屑は林遣都さんとダブル主演で撮影をされていました。

ちなみに昨年12月に撮影が終わり、先月には編集もすでに終了しているとのことですので、これからシーンを撮り直すとなると、かなり大変なことになりそうですね。

映画の公開が中止される恐れすらあります。

たくさんのファンが待っていたのに、そんな作品が中止になってしまったら、悲しむ方が多く出てきてしまいますね。

新井浩文のシーンは撮り直し?

中止にはなってほしくない!そんな声が多く出ていました。

確かに、このまま中止になってしまったら、待ち望んでいたファンの気持ちや、これまでその作品に関わってきた俳優さんやスタッフの努力が水の泡になってしまいます。

それは避けて欲しいですね。

しかし、正直これから主演を交代するとなると、それはかなりの重労働ですし、時間がかかってしまいます。

ほとんどのシーンが撮り直しになる、なんてこともあるのではないでしょうか?

そうなってしまったら、もう予算的にも打ち切りにしたいところかもしれませんが、原作者との兼ね合いもあるでしょうし、そんなこと言っていられません。

公開中止してしまったらそれこそブーイング、なんとか撮り直して公開できないものでしょうか?

公開はいつ?

もし、公開されると仮定した場合

  • シーンを撮り直して公開される
  • そのまま公開される

のどちらかになります。

関係者が言うには、状況を把握してからどうするか決めたいということでしたので、今の所これからどのように持っていくかは決定されていませんが、そこまで新井さんの罪が重くならず、今のまま公開しちゃうことですね。

もし、撮り直しをすることが決定したら、2019年のうちにはおそらく公開できないでしょう。

新井さんがちょい役とかならよかったんですけどね・・・。

これからも情報収集していきますのでまた追記していきます。

まとめ

今回は新井浩文さんの事件と善悪の屑の公開の関係についてご紹介させていただきました。

主演を務めているだけに、今から撮り直すにしても時間がかかるし、一番いいのは、そこまで新井さんの罪が重くならずに、映画もそのまま公開できるという状態ですね。

もし撮り直しになったとしたら、2019年には無理なのではないでしょうか。

また、公式の情報が出ましたら追記していきますね。

スポンサーリンク