芸能・エンタメ

ディズニーシー2019の食べ歩きおすすめランキング!人気の9つのメニューを紹介

冒険とイマジネーションの海、東京ディズニーシー

行くと必ず、時間を忘れて夢の世界に浸っちゃいますよね。

今回はそんなディズニーシーのフードメニューにクローズアップしました。

ディズニー大好き筆者が食べに食べて是非皆さんにオススメしたいと思ったものだけを選抜していますよ。

ディズニーシーでの1日を、より楽しく充実したものにするために、思わず心踊るお腹も満たすお気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

ディズニーシーも食べ歩きがアツイ!

ディズニーでの楽しみのうちの1つに「食べ歩き」がありますよね。

しっかり目から軽いものまで、パーク内では様々なジャンルの「食べ歩きフード」が販売されています。

それらを目的別にわけてオススメを紹介していきますね。

しっかり食べたい時のオススメ

まずはランチなどにもってこいの、心もお腹もすっかり満たされるメニューベスト4です!

①餃子ドック

こちらはもう大定番ですよね。

ディズニーシーでは1・2位を争う大人気フードです。

ギョウザドッグ」は、その名の通りギョウザの中身をふかふかの真っ白な生地に包んだ細長い肉まんです。

サイズも大きいので一個食べればおなかも心も満たされますよ~。

ミステリアスアイランドのレストラン「ノーチラスギャレー」で販売されています。

一本500円です。

②ユカタンソーセージドック

パークで人気の食べ歩きフード、熱狂的なファンも多く「シーに行ったらユカタンドックを食べなくては!」なんて人もいるほど。

そんな大人気「ユカタンソーセージドック」が一押し。

ボリューム満点のホットドックはお腹を満たしたい時にぴったりのアイテムですよ。

ホットドックのようにパンにソーセージが挟んであるディズニーシーオリジナルのフードなんです。

でも普通のホットドックとは違って、パンは表面がちょっとカリッとしていて、そして何よりも挟んであるソーセージが驚くほどジューシーで美味しい~!

ロストリバーデルタにある「エクスペディション・イート」というワゴントラックで販売されています。

価格は1本450円です。

③フライドピザ(チキン&モッツァレラ)

表面はカリッと、そして中身はとろーっとしたチーズがたっぷり♪

ゴロゴロチキンも嬉しいです。

うさ子
うさ子
普通に食べてもおいしいピザを揚げてしまったりしたら、もう美味しいに決まってるよね~!!

しかも具材が中に入っているから、ピザのようにぼろっと零れ落ちる心配も少ないです。

食べ歩きにピッタリな「フライドピザ」は一個500円

ポートディスカバリーの「ブリーズウェイ・バイツ」で購入できます。

④ポークライスロール

ポークライスロール」つまり、「肉巻きおにぎり」のことです!

これもまた美味しいにきまっていますよね♪

ディズニーシーの「ポークライスロール」は普通の肉巻きおにぎりと違って、細長いスティック状になっています。

ねこ太
ねこ太
まさに食べ歩きをするために開発されたメニューだよね!!

適度な焼き色が着いた豚ばら肉にもちもちのお米が詰まっていて、たれは甘辛しょうゆの濃い目の味付けになっています。

空腹の時にはもってこいの米派フードですよね。

気になる販売店舗ですが、ディズニーシーではアメリカンウォーターフロントにある「リバティ・ランディング・ダイナー」というワゴンで売られています。

価格は一個500円です。

小腹が減った時に食べたい!

パークでたくさん遊んでちょっと休憩。

小腹減ったな~ってことも、よくありますよね。

そんな時、ここからもっと遊ぶ元気をチャージできるフードがあったら是非知りたい!

そんな声にお応えして、「ちょこっと小腹を満たす食べ歩きフード」のおススメをご紹介していきます。

④うきわまん

まずは、こちら。大定番の一品です。

ドナルドのうきわをモチーフにした「うきわまん」。

なんともかわいらしいパッケージですね。

白地にピンクのラインが入った生地は、かなりのもっちり食感!

中のエビは大粒でプリプリしているので、ひとつでも食べ応えがあります。

小腹を満たすなら半分こでも十分かもしれませんね。

皮と具材のバランスも良く、満足度の高い一品です。

価格は450円

ポートディスカバリーの「シーサイドスナック」にて購入できます。

⑤チャンドゥテール

チャンドゥはディズニーシーのアトラクション「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」でシンドバッドの旅のお供をする子トラのことです。

そんな人気キャラクターのチャンドゥのしっぽをモチーフにしたフードが「チャンドゥテール」です。

その名のとおり、チャンドゥのくるんとしたしっぽをモチーフにしたふわふわの細長い中華まんです。

チャンドゥテールは、オレンジと墨色のツートンカラーでチャンドゥのトラ柄をイメージしています。

中身はチキンクリームが入っていますよ。

コーン入りのチキンクリームが優しく、見た目もとってもかわいいので、お子様も喜ぶ一品になるはずです。

チャンドゥテールが販売されているお店は、アラビアンコーストにある「サルタンズ・オアシス」です。

価格は一個450円です。

⑥ミッキーカステラケーキ(チョコクリーム)

いやいや、甘いものが食べたい!

という方にはとってもおススメのワンハンドスイーツがあります。

それがこちら、「ミッキーカステラケーキ」です。

とろんとろんのチョコクリームとカステラケーキが相性抜群です♪

耳までたっぷりチョコクリームが入っているので最後の一口まで美味しい一品ですよ。

一個350円です。

ディズニーシーでは、アメリカンウォーターフロントの「ハドソンリバー・ハーベスト」で購入することができます。

ただし、2019年3月25日までは、販売を中止していますので気になる方はそれ以降に食べてみてくださいね。

シーならではのスイーツで押さえておきたいのは?

やっぱりディズニーシーに来たからには、ランドにはないシーならではのものも食べておきたい!

探せば結構あるシー限定フードですが、特におさえておきたい三品をご紹介します。

⑦オレンジ味のチュロス

アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープンを記念して発売されたチュロスが「オレンジ味のチュロスです。

甘酸っぱいオレンジがベースでその上に白い砂糖がかかっていて、見た目がどことなくニモのカワイイ縦縞に見えますよね~。

価格は一本350円で、購入できるのは一か所です。

ポートディスカバリーのレストルームのすぐ右側にあるテイクアウト専門のお店です。

その名も「ベイサイド・テイクアウト」。

ただしオレンジチュロスは切り口がミッキーシェイプではなく、星形です。

 

⑧ポテト味のチュロス

ディズニーリゾートのワンハンドスイーツの定番と言えば切り口がとってもキュートなチュロスですよね。

甘いシュガーがたっぷりかかってサクッと美味しい…♡

でも、シーには甘くないチュロスがあるんです。

それがこちら。

ポテト味のチュロス」です。

2016年から販売されているおつまみ系チュロスで大人気です。

ミステリアスアイランドの「リフレッシュメント・ステーション」で一本380円で購入することができますよ。

ただしポテトチュロスは切り口がミッキーシェイプではなく、星形です。

⑨ハッピーフレンズ

ディズニーシーと言えば忘れてはいけないスターがもう一人いますよね。

そう、ダッフィーです。

ケープコッドにあるケープコッドコンフェクションには、ダッフィーとシェリーメイをモチーフにしたとっても愛らしいスイーツを買うことができます。

それが「ハッピーフレンズ」です。

かわいらしいダッフィーとシェリーメイの顔が印象的な、もちもちのたいやきのようなスイーツです。

色も可愛くて、セットになっているのもとっても嬉しいですね。

一人で両方食べてもよし、お友達や恋人と半分こして食べてもよしの、とってもハッピーになれちゃうスイーツなのです。

ダッフィーの中身はチョコレート味。

シェリーメイはブルーベリー味となっています。

価格は2つで430円です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

数ある食べ歩きグルメの中でも「ディズニーシーに来たならコレ!」というものを厳選してお届けしました。

この記事を以下にまとめます。

  • 食べ歩きだけどしっかり食べたいときや、ランチ代わりにするなら、「餃子ドッグ」「ユカタンソーセージドック」「フライドピザ」「ポークライスロール」がおススメ!
  • 小腹が減ってちょっと食べたいときには「うきわまん」「チャンドゥテール」「ミッキーカステラケーキ」がちょうどいい!!
  • シーならではのスイーツが食べたいときには、「オレンジ味のチュロス」「ポテトチュロス」「ハッピーフレンズ」がアツイ!

食べ歩きグルメの中にはディズニーランドでもディズニーシーでも食べられる共通メニューがありますが、せっかくですからシーじゃなくては食べられないものをたくさん食べ歩いちゃいましょう。

ディズニーシーでのあなたの一日が、夢と魔法と美味しいものでいっぱいの一日なりますように~☆☆

スポンサーリンク