スポーツ

戸辺直人の高跳びの成績や師匠について!彼女や結婚も気になる

戸辺直人(とべなおと)、日本の走り高跳び期待の大エースです。
※(ニュースなどでは日本陸上競技連盟のプロフィール上では「戸邉直人」と表記されていますが、ニュースなどでは「戸辺直人」が使われることが多いようです)

戸辺選手は、2018年のイタリアでの国際大会で屋外日本2位となる2m32を記録したのに続き、2019年2月3日にはドイツで行われた国際室内陸上選手権で2m35という見事な跳躍で日本室内新記録を樹立しました。

ねこ太
ねこ太
この記録は2017年の世界陸上でムタズ・エサ・バルシム選手が出した記録と同じなんだよ!
うさ子
うさ子
じゃ、東京オリンピックでもメダルを狙えるかもしれないじゃない。楽しみになって来たわ!

そうなんです、戸部選手は今まで2m20台の記録でしたが、2018年になると跳躍にキレが出て来て、ついに2m30台の記録が出るようになったんです。勢いがありますね。

この調子を維持すれば十分メダルを狙える位置に上がって来たと言えるでしょう。ひょっとしたら金メダルなんて快挙を達成する可能性だって充分あるんですよ。けっして過言ではありません!

まだその跳躍は完成しきっていないとも言われています。ということはまだ記録が伸びる余地があるということでもありますよね。ぜひ完成して欲しいですよね。そうすればさらにメダルを引き寄せることが出来るでしょう。

本人も「東京で金メダルを取ることしか考えていない」と力強く語っています。とても楽しみな選手です。

でも、この人の凄いのは跳躍力だけじゃないんですよ。筑波大学大学院で博士号を取っています。まさに文武両道、エリート系アスリートなんです。

ここでは、そんな戸部選手のプロフィールや経歴、彼に大きな影響を与えた師匠について、そして気になる彼女や結婚についてご紹介します。イケメンだから気になりますよね、彼女がいるかどうかが!

スポンサーリンク

戸辺直人選手ってどんな人?

それにしても「とべ!なおと」って名前、アニメのタイトルみたいな名前ですよね。何だか出来過ぎ!走り高跳びの為に生まれてきたような見事なお名前です。

そんな戸辺選手ですが、ついにやってくれましたね。13年ぶりの驚きの日本記録樹立の記録はまたたく間にファンだけでなく一般の人にまでそのニュースが拡がって行ったほどの快挙でした。

なんでそんな記録が出たかって?

そうなんです、この方が書いている通り「フォームの改造」がその立役者なんですよ。2018年から片腕を上げて踏み切るフォームに変えたんです。そしてこの年ついに2m30を超える跳躍が出来るようになったんですよ。もう一つは、活動拠点を海外に移して強い選手と競い合った結果でもあります。

戸辺選手の発言を聞いていると、真面目で一途な性格みたいですよ。筑波大学大学院で博士号を取ったくらいですから勉強にも真面目に打ち込んでいました。と言うか、その打ち込みようが凄いんですよ。

自らを実験台にしての論文で博士号を得たですからびっくりですよね。もちろん本業の走り高跳びを極めようという強い気持ちも驚くべきものです。

「東京オリンピックで金メダルをとる」そんな手の届きそうにない夢を、今実現可能な位置まで持ってきた努力は頭が下がるばかりですよね。

実力があっても本番に弱いと言われる日本人ですが、この選手は違います。その強靭な精神力を見ていると金メダルがけっして夢ではないのではないか、そう思えるようになるんですよね。

おそらく、東京オリンピックでライバルとなるのは、2017年の世界陸上で優勝したムタズ・エサ・バルシム選手!

世界歴代2位の2m43という記録を持っている凄い選手です。でも、この選手は出した2017年世界陸上と同じ記録を持っている戸辺選手にも十分勝機はあるんではないでしょか。

ところで、戸辺選手はテレビに出演したこともあるんですよ。TBSの情報番組「S☆1」の中で小島瑠璃子アナウンサーと爆笑問題の田中裕二さんをラクラク飛び越える跳躍力を見せてくれました。

イケメンで画面でも引き立っていましたよ。

ちょっと目元が羽生結弦さんに似ていると思いませんか。しかも、194センチの長身で見栄えも良いんですよ!

今はまだあまり知られていない存在の戸辺選手ですが、東京オリンピックが近づくにつれて人気者になることうけあいですよ。今から注目していて下さいね。

では、次に戸辺選手のプロフィールと経歴についてご紹介しましょう。

戸辺直人のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:戸辺直人(とべなおと)
生年月日:1992年3月31日
出身地:千葉県野田市
血液型:不明
身長:194cm
体重:74Kg
所属:つくばツインピークス

つくばツインピークスってあまり馴染みがない名前ですよね。ここは筑波大学出身のスポーツ選手が主に所属しています。そんな選手たちが小学生の陸上教室を催したりしている珍しい組織なんです。

そんな組織に属しながら、戸辺選手は自分の夢を追い求めるだけではなく、子どもたちの夢を作り出しているんです。未来のオリンピック選手が生まれてくると嬉しいですね!

次に年ごとに上がっていく戸辺選手の記録を中心に経歴を紹介していきますね。記録が上がっていくのがひと目で分かると思いますよ!

経歴について

1m94/優勝(2006年第33回全日本中学校陸上競技選手権大会)
2m18/優勝(2009年平成21年度全国高等学校総合体育大会)
2m14/4位(2009年第5回東アジア競技大会)
2m23/優勝(2009年第64回国民体育大会)
2m24/優勝(2010年日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会)
2m21/3位(2010年第13回世界ジュニア陸上競技選手権大会)
2m22/優勝(2011年第95回日本陸上競技選手権大会)
2m21/5位2m21(2011年第19回アジア陸上競技選手権大会)
2m00/予選B組12位(2011年第26回夏季ユニバーシアード)
2m20/2位(2013年第97回日本陸上競技選手権大会)
2m20/9位(2013年第27回夏季ユニバーシアード)
2m20/3位(2014年第98回日本陸上競技選手権大会)
2m31/3位(2014年セイコーゴールデングランプリ2014東京)
2m25/5位(2014年第17回アジア競技大会)
2m26/優勝(2015年第99回日本陸上競技選手権大会)
2m20/5位(2015年セイコーゴールデングランプリ2015川崎)
2m26/選A組15位(2015年第15回世界陸上競技選手権大会)
2m20/3位(2017年第101回日本陸上競技選手権大会)
2m19/2位(2017年第72回国民体育大会)
2m25/4位(2017年セイコーゴールデングランプリ2017川崎)
2m20/2位(2018年第102回日本陸上競技選手権大会)
2m30/優勝(2018年セイコーゴールデングランプリ2018大阪)
2m24/3位(2018年第18回アジア競技大会)
2m32(2018年イタリアの国際大会)
2m35/優勝:日本室内新記録(2019年国際室内陸上選手権カールスルーエ)

ほら、特に2018年以降急激に記録が伸びているのが分かるでしょ。まだまだ伸びるんじゃないかと期待出来ますよね。

そんな戸辺選手は、醤油の町野田市で生まれ、野田市立野田第2中学校に入学しました。中学では早くも全日本中学校陸上競技選手権大会で優勝するほど優れた選手だったんですよ。

その後進んだのが、私立専修大学松戸高等学校です。スポーツが盛んな学校でプロ野球選手やプロサッカー選手を多く出していることで有名です。俳優の仲村トオルさんもこの学校出身なんですよ。

高校時代の戸辺選手は、インターハイに優勝したり、日本高校記録を更新したりと大活躍しました。高校2年の時のインターハイ決勝では肺気胸を発症して棄権したありますが、高校3年の時にその悔しさを晴らすような見事な優勝を飾ったんですよ。

その後、戸辺選手は筑波大学に入学しました。大学時代の戸辺選手はスランプに陥ってしまいます。しかし、大学4年には調子を取り戻し、2m28と大きく記録を伸ばしました。

その後、大学院まで進み、陸上の拠点をヨーロッパに移しました。それが今の素晴らしい記録に繋がったんですね。今はつくばツインピークスに所属しながらひたすら東京オリンピックの金メダルを目指して練習に明け暮れする日々です。

では、次に戸辺選手の師匠について話を移しましょう。

戸辺直人選手の師匠について

戸辺選手を語る上で忘れてはならない存在があります。それは恩師であり師匠の図子浩二さんです。

この方は、。大学院修士課程の時からひたすら跳躍選手のトレーニング法などを研究していたんですよ。そんな先生がかたわらにいたからこそ今の戸辺選手がいるというほど彼に大きな影響を与えた師匠なんです。

その口癖は「考えて練習しろ!」でした。その言葉に応えるように頭を使った練習でぐんぐん戸辺選手は記録を上げていったです。

しかし・・・

リオオリンピック直前に図子先生は突然亡くなってしまいます。そのショックは大きく戸辺選手は大きく調子を落としてしまいまい、リオオリンピックからも代表落ちしたのです。戸辺選手もこの頃のことを「辛い時期だった」と振り返っています。

しかし、甦った今、その師匠との夢を叶えるために大きな一歩を踏み出したのです。

では次は、みなさまが一番気になっている彼女についてご紹介しますね。

彼女や結婚はどうなの?

ご覧のように美しくてしなやかなビジュアルを持っている戸辺選手だから彼女がいるんじゃないかと思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、今のところこれと言った情報はみつかりません。モテると思うんですけどね~でも、東京オリンピックに掛ける思いがとんでもなく強い彼のことです。今はひたすらその夢だけを追い求めているのかもしれませんね。ほら、ストイックっぽい人ですし!

結婚もオリンピックが終わってからになるんでしょう。

最後に

「求めよさらば与えられん」その言葉のようにひたすら金メダルを追い求めて下さい!

2m35という驚異の跳躍で一気に戸辺選手への期待が高まり始めています。そりゃそうですよね、この記録なら十分メダル圏内なのですから。それにこの選手にはまだまだ伸びしろがあります。

2m40も夢ではないのではないかと思わせてくれる才能もあります。前回のオリンピックは恩師の死という辛い出来事で出場は叶いませんでしたが、だからこそ、次の東京オリンピックに掛ける思いは誰よりも強いはずです。

辛い時期もしっかり乗り越えて、今はその恩師との夢をひたすら叶えようとしている戸辺選手をぜひとも応援したいです。きっと東京オリンピック」の時は、Twitter上に数えきれない程「翔べ!直人!」の文字が並ぶことでしょう。頑張ってその夢をつかんで下さいね。楽しみにしてますよ!

スポンサーリンク