スポーツ

青木祐奈の高校や両親について!彼氏がいるかも気になる

フィギュアスケートのシーズン真っ最中ですね。

日本のフィギュアスケートもいつの間にやらすっかり層が厚くなって、スター選手もどんどん出ていますね。

そんな中で、まだまだ若手ながら注目の選手がいます。

その一人が青木祐奈(あおきゆな)選手です。

青木選手は身体能力は高いし、向上心はあるし、度胸もあります。

性格も素直そうだし、可愛いし、これからどんどん伸びてくる選手の一人でしょう。

ここではそんな青木選手のあれこれについて調べてみました。

通っている高校はどこなのか?

両親や兄弟はどんな人なのか?

そしてやっぱり気になる彼氏の存在についてもまとめていきます。

スポンサーリンク

青木選手ってどんな選手なの?

写真を見てもわかるように、まだまだあどけない可愛らしさがある青木選手です。

フィギュアスケートはかなり若いうちから活躍が見られる競技ですが、青木選手は一体いくつなのでしょうか?

まずはプロフィールからご紹介していきます。

プロフィール

名前     :青木祐奈(あおき ゆな)
生年月日:2002年01月10日
出生地  :神奈川県横浜市
身長     :155cm
血液型  :A型
趣味     :音楽鑑賞

うさ子
うさ子
おおっ!ぴかぴかの2000年代うまれだぁ!若いなぁ!

経歴

青木選手は、2006年トリノ五輪で荒川静香さんが金メダルを獲得した演技を見て、こんなふうに綺麗にすべりたいなって思ったのがきっかけでスケートを始めています。

うさ子
うさ子
確かにあの荒川選手はうっとりするほど優雅で素晴らしい演技だったよね〜♡

5歳の時についにフィギュアスケートの世界に足を踏み入れます。

最初は全然滑れなかったのですが、お母さんと一緒に手をつないで滑り、凄く楽しかったと言っています。

そして教室に通うようになり少しづつ滑れるようになっていったそうです。

その後、東日本大震災で練習拠点を移した羽生結弦選手と同じリンクで練習をするようになりました。

ねこ太
ねこ太
羽生選手と一緒のリンクで練習していた時期に羽生選手から「もうちょっと軸を作った方がいいよ」とアドバイスを受けたそうだよ~!今もジャンプが崩れた時に羽生さんのアドバイスを思い出してやってるんだって☆

そして6歳のころから、羽生結弦選手がかつて師事していた都築章一郎コーチに指導を受けけ始めます。

都築コーチの下で頭角を現しはじめた青木選手は2013年に全日本ノービス選手権で2位を収め、その翌年の同大会では優勝を遂げたのです。

ねこ太
ねこ太
ノービスはジュニアの下になるよ!まだ11歳だもんね。

2016年には日本スケート連盟の強化選手に選ばれます。

この年には「3回転ルッツ-3回転ループ」のコンビネーションジャンプを公式の競技会で成功させるという快挙を遂げました。

うさ子
うさ子
このコンビネーションジャンプは、かなり難易度が高いんだよ〜!

その後腰を痛めて思うような演技ができない時期がありましたが、持ち味のジャンプ活かした荒川静香にも負けない優雅な演技を見せてくれることでしょう。

表現力も優雅さもこの年齢とは思えないほどに成熟していると言われています。

今後の伸び代がまだまだ楽しみな選手です。

ちなみに、出身中学は横浜市立富岡中学校です。

そして現在高校二年生ですが、高校は横浜清風高等学校に在籍しています。

どんな人物なの?

先にも書いたように、トリノ五輪での荒川静香選手を見てフィギュアに魅せられた青木選手です。

その頃、幼稚園児。

トリノ五輪から数か月後の幼稚園の誕生日会で将来の夢を聞かれた際に

「フィギュアのオリンピック選手になって金メダルを取る事!」

と宣言したそうです。

しかも、この頃はまだスケートを始めてもいなかったというからすごいですよね。

その一年後の誕生日会でも同じ宣言をして、いよいよスケートリンクの門をたたいたということなのです。

幼稚園児のころから1年以上も同じ目標を(しかもやってもいないスポーツの)を持ち続けるというのは並大抵なことではありません。

こんな幼いうちから、青木選手のオリンピックへの情熱は始まっていたのですね。

ハードな練習スケジュールにも負けることなく、確実に実力アップへの階段を上がっています。

プロスポーツ選手にとっても最も強みになる「向上心」「負けず嫌い」「努力家」、これらを兼ねそろえた将来が大変有望な選手だと言えます。

家族についても知りたい

それではまだまだ先が楽しみな青木選手ですが、高校生ということもありますし、家族の協力が欠かせないですよね。

スケートといえばお金のかかる競技だとも言われますよね。

ご実家のほうはお金持ちなのでしょうか。

どんなご両親なのか、兄弟はいるのかについて書いていきます。

両親について

ご両親についての情報は殆どありませんでした。

ただ、間違い無いのは、ご両親の献身的な力添えがあったからこそここまで来れたのでしょう。

青木選手は中学時代はとてつもなくハードな毎日をこなしていたようです。

ねこ太
ねこ太
ホームリンクの改装工事のために、練習場が近くになかった時期があったんだ。

青木親子の一日は、毎日午前2時45分の起床から始まります。

起きてすぐ母親の運転する車で横浜市内の自宅から東京都内のリンクに移動して、朝の4時から6時近くまで練習

それが終わると今度は再び横浜に戻って、中学校で授業を受けます。

放課後は横浜市内にある神奈川スケートリンクで、17時半から20時近くまでトレーニングを行い、帰宅後22時に就寝するというのが彼女の1日でした。

こんな生活を支え続けてきているのですから、ご両親はきっと心から青木選手のことを応援しているに違いありません。

フィギュアスケートはとてもお金のかかるスポーツのうちの一つともいわれていますし、ご両親との三人四脚の賜物といえるのではないでしょうか。

兄弟はいるの?

兄弟についても色々と調査してみたのですが、情報がありませんでした。

ご両親が前の項でも書いたようにこれだけの献身的なサポートができたのも、もしかしたら一人っ子だからかもしれませんね。

彼氏の存在についても気になる!

ここまで見てきて青木選手の魅力はだいぶ伝わったのではないかと思います。

頑張り屋さんで、こんなにキュートな青木選手です、彼氏の存在はどうなのでしょうか?

現在高校生ということもあって、学校でもモテモテなのでは…?

と色々と想像してしまいますよね。

しかし、こちらも情報としては何もあがってきませんでした

青木選手の周りには、先輩に羽生選手のような素敵な人もいますし、振付はそのイケメンぶりとスケーティングの技術で世界を魅了したステファン・ランビエール氏が担当しているということです。

そんなイケメンたちに囲まれていますし、彼氏のハードルもあがってしまうのではないでしょうか。

物凄くイケメンと付き合っている姿も想像できますし、ハードな練習に追われて彼氏を作っている暇なんてないよ、という姿も想像できますね。

一体どちらなのでしょうか?

今後も青木選手の熱愛には注目していきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

若さとエネルギー溢れる青木選手、とても魅力的な選手であることが伝わったのではないでしょうか?この記事を以下にまとめます。

  • 青木選手は2002年生まれの17歳。
  • トリノ五輪での荒川静香選手の演技を見て、オリンピックで金メダルを取りたいという目標を持った。
  • 6歳のころから都築章一郎コーチに指導を受け始めて、頭角をあらわしだす。
  • 出身中学は横浜市立富岡中学校。そして、高校は横浜清風高等学校に在籍中。
  • 中学時代は練習のために、母親は毎朝横浜から東京まで車で送迎をしていた。
  • 彼氏の存在は不明。

今の女子の、ジュニアの選手のレベルは本当にすごいです。

しかも同年代にハイレベルな選手がたくさんいます。

それでも、皆が目指す五輪の日本代表の枠は多くても3人にすぎません。

青木選手も、そしてその同年代の選手たちも、同じ目標に向かってどんどんと輝いていってもらいたいですね。

そして荒川選手にも負けない華麗で優雅なスケーティングを見せてほしいです。

頑張れ、青木選手!

スポンサーリンク