森秋彩(あい)のクライミングが凄い!身長や中学校は?家族についても

スポンサーリンク

森秋彩(あや)さんは、スポーツクライミングで注目されている女子選手です。

一般に、クライミングは大人の男性がするイメージがありますが、森秋彩さんは、女子。しかも、年齢は2017年現在なんと13歳です。

2016年には、ジャパンカップで史上最年少での優勝という記録を達成し、世界での大会にも選ばれました。

世間では、普段スポーツクライミングに興味のない方も森秋彩さんには注目しているようです。

そこで今回は、森秋彩さんのプロフィールや身長体重、中学校や家族について、調べてまとめてみます。

森秋彩(あい)のプロフィール

さて、まずは森秋彩(あい)さんの基本的なプロフィールについてみてみましょう。
森秋彩(あい)のプロフィール

名前 森秋彩(もり あい)
生年月日・年齢 2003年9月17日
性別 女子
出身地 横浜
身長 153センチ
体重 42キロ
学校 つくば市代木中学校

森秋彩さんは2003年9月17日の女子です。

横浜が出身で、今も横浜のつくば市代木中学校<に在学中です。 名前の読み方が「秋彩」で「あや」と読ませるのは少し珍しいですね。 小学校低学年でクライミングをはじめ、3年生のときにはイタリアの大会で3種目を制覇。
天才と注目されるようになっていきました。

身長も体重も成長中

身長も体重も成長中

森秋彩さんの身長は、153センチ。体重は42キロとなっています。

ただ、13歳の成長期です。この数字は日々変わっていくでしょう。

実際、1年かからずに、身長は5センチ、体重は2キロほど増えました。
ご本人は身長160センチを目指して、運動・食事・睡眠をとっていると語っています。

プロフィールの体格・体型の部分はどんどん更新されていくでしょう。

>森秋彩(あい)の現在の中学校は?

そんな森秋彩さんは、どこの中学校に通学しているのでしょうか?

茨城新聞での発表によると、森秋彩さんは現在、つくば市立手代木中学校に通っています。

市立の一般的な中学校です。
ただ、つくば市では小中一貫での教育が進められているため、小学生から中学校まで、同じ生徒のまま進級していくようです。

つくば市立手代木中学校の中でも、やはり森秋彩さんのスポーツクライミングでの成績は有名になっているといいます。

森秋彩(あい)の家族については?

では、森秋彩さんのご家族はどうなのでしょうか?

森秋彩さんの家族は、父親、母親、弟さんで構成されていると好評されています。

特にメディアでもインタビューに回答しているのが、父親の森正夫さんです。

というのも、父・森正夫さんが最初にロッククライミングや事務でのクライミングに興味をもったというのです。

森秋彩さんの父親の森正夫
※画像の男性が父の森正夫さんです。

森秋彩さんは、「やってみたい」と父親に伝え、一緒にスポーツ・クライミングに挑戦しはじめたのですね。

ということは、お父様がクライミングに興味を持たなければ、、最年少優勝もなかったわけです。運命的だと言えるでしょう。

このように森秋彩さんがご家族と仲良くされているのは、スポーツ選手としてもいい状態ですね。

メンタル的な強さが体力にも繋がることがあります。
ご家族は支えになるでしょう。

スポンサーリンク

森秋彩(あい)のクライミングが凄い!

森秋彩(あい)のクライミングが凄い!

そんな森秋彩さんは、スポーツクライミングが「すごい」と話題になっています。

国際大会「アルコ・ロックジュニア」では、スピードでも、ボルダリングでも、リードでも複数の種目せ優勝しています。

大会の決勝で一度も落ちることがなくすべて完全の頂上まで登りきることも頻繁にあり、圧倒的な成績を出しているのです。

2020年には16歳になりますから、オリンピック選手として大いに注目されていますね。

興味深いのは、森秋彩さんのマイペースさ。

会場がどよめいたり、インタビューアーが森秋彩さんに駆け寄ったりしても、反応が薄いのです。

森秋彩さんは「登ること」に興味があるようで、ちやほやさえる評価はさほど喜んでいないのですね。

尊敬する選手「とくになし」
目標「とくになし」

という森秋彩さんは、とにかく目の前のクライミングを楽しむことに情熱があるようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です