芸能・エンタメ

堀ちえみが口内炎を病気と気づかなかった理由!舌がんの初期症状は?

堀ちえみさんが舌がんと発表され、衝撃が走りました。

しかもなんとステージ4・・・舌がんが発症し、2019年2月22日に切除手術を受けることを公表しましたが、舌なんて見えるし、口内のどこかにいつも触れている器官です。

それなのになぜステージ4になるまで気が付かなかったのでしょうか?

堀ちえみさんは最初の頃「口内炎」と思っていたことを明らかにしています。

口内炎は日頃からできやすいものですが、堀ちえみさんの口内炎はいつからできていて、なぜ病気だと気づかなかったのでしょうか?彼女はブログで歯医者に行き、口内炎をレーザーで焼いたとも明かしており、それが誤診だったということも話題になっています。

まさか自分の口内炎も・・・?と不安になる前に、舌がんの初期症状はどんな症状なのか、また普通の口内炎と舌がんの可能性がある口内炎の見分け方もみてみましょう。

スポンサーリンク

堀ちえみの口内炎の症状は?

堀ちえみさんは2019年2月現在、52歳です。見た目的にはもっと若くて元気なイメージだったので、まさか癌だとは思いませんでした。

2019年2月22日に手術で舌の半分と、リンパの腫瘍を切除すると発表しています。

癌と診断されたのは2019年1月で、見つかったときにはすでにステージ4でした。

なぜそれまで気が付かなかったのか、そしてどんな状態で放置していたのか、気になるところです。

調べてみると、堀ちえみさんはなんと数ヶ月前の2018年夏には、舌に違和感を感じて病院に受診していたということがわかっています。

最初は舌の裏側に小さい口内炎ができる程度でした。

仕事上口内炎ができるときついですよね・・・そこでお医者様に口内炎を見ていただき、ビタミン剤をもらっていたのです。

口内炎はビタミン不足でなると言われています。だからビタミン剤をもらって納得して使っていたのでしょうね。

塗り薬、貼り薬、ビタミン剤まで処方されていたにもかかわらず、良くならない口内炎

2018年11月には痛みもかなりひどくなり、かかりつけの歯医者さんでレーザーで焼いてもらっていました。

参考:https://ameblo.jp/horichiemi-official/entry-12412952325.html

こちらが2018年10月19日のアメブロです。

しかも、何度か焼いてもらっていたようで、それでも良くならないということに不信感を覚え、とうとう大学病院へ行ったのです。

2019年1月に大学病院へ行くと「口腔がん」つまり舌がんと診断され・・・2月22日に手術を受けます。

最初はちょっとした舌の裏の口内炎、まさかそれががんの症状だったなんて、誰もわからないですよね。

口内炎との見分け方も

見た目も口内炎と見分けがつかない舌がん、近年若い年齢の患者が急増しています。

昔に比べて若い方の食生活や生活リズムが崩れているのも原因の一つでしょう。

しかし、口内炎と癌の初期症状、どうやって見分けたら良いのでしょうか?

舌がんの発見に必要なこと

●かかりつけの歯科医院を作る

●2~3カ月に一度、受信して歯の状態を見てもらう

●異常を感じたときだけでなく、定期的に検診を受ける

●口内炎ができて2週間治らない時は歯医者に行く

癌のためでなくても、半年に1回は歯のメンテナンスに行ったほうが良いと言われていますもんね。

その時に「口内炎ができて治りにくいな」というのを相談するといいでしょう。

また、それには「いつ頃口内炎ができた」というのは意識しておく必要があります。

スケジュール帳やカレンダーに小さくチェックしておき、その口内炎が2週間経っても治らない時はお医者さんへ行きましょう。

舌がんの場合の5年生存率は

  • ステージ1:95%
  • ステージ4:60〜70%

と大きく替わりますので、日頃から体の調子が出やすい口内には気をつけておく習慣をつけましょう。

堀ちえみさんの場合は

2018年夏:舌の裏に小さい口内炎ができていることに気づく
→病院で飲み薬や貼り薬を処方される(先生も堀さんも癌とは思わず)

2018年10月:歯医者でレーザー治療を受ける
→口内炎の痛みがひどくなる舌の横側にも口内炎ができている

2019年1月:おかしいと思い大学病院へ受診
→ステージ4の舌がんだと気づく

このような流れで、おかしいと思いつつも癌の早期発見をすることはできませんでした。

病院に行った時に「口内炎がいつからできてどんな感じで痛むのか、癌が心配だから見てほしい」と自分から言うことも大切なのかもしれませんね。

まとめ

今回の堀ちえみさんの癌は本当に驚きでしたし、ショックでした。

しかし、誰にでも舌がんになる可能性がありますし、今は歯並びも舌がんに関係しているのではないかと言われているのです。

「歯並びなどが原因で、舌に慢性的な刺激を与えている場合、舌がんの原因となり得る」

と考えられています。

しかし、歯並びを治すのは保険が効かないのでお金がかかって難しいですよね・・・私も歯並びが悪いので考えものです。

けれど決して神経質になったり、不安になる必要はありません。がん細胞と戦うために効果的なのは「笑うこと」だからです。

がんと戦ってくれる、体のNK細胞は、笑うことによって力を発揮するすごくポジティブな細胞なんですよ。

神経質になって暗くなるよりも、いつも笑っていたほうが良いということですね。

細胞についての詳細は、人気の細胞アニメ「はたらく細胞」の6話7話でわかりやすく説明してくれています。

↓詳細はこちら↓

▶U-NEXTではたらく細胞をチェック!細胞の擬人化でわかりやすく癌を解説◀

このアニメは見ていて、なるほど、病気ってそんな風に体で対応しているのか!と勉強になります。

そういうことを知っているのといないのでは、意識が替わりますので、がんのことを知りたい、不安になっちゃう、わらいたいという方におすすめです。

今回の堀ちえみさんの闘病生活を受けて、「私も気にしないと」と意識させられました。

堀さん自身はまだお子様が学生なので、絶対に元気になっていただきたいですし、今はきついかもしれませんが、周りも支えることで、笑顔を絶やさないような生活を送ってほしいと思っています。

スポンサーリンク