スポーツ

張本美和の父親や母親について!家族構成や兄との仲は?

張本美和選手(木下グループ)と言えば、若干15歳にして卓球のITTFワールドツアーグランドファイナルのシングルスを制覇した怪物・張本智和選手の妹として有名ですよね。

しかし、今や張本美和選手はお兄さん以上に怪物なのではと大きな話題になっています。2018年7月にはジュニアサーキット中国大会・ミニカデットの部シングルスで国際大会初優勝、2019年1月には小学校4年で早くも全日本卓球選手権に出場、ベスト32に進出する大活躍でファンにその強さを大きくアピールしたのです。

ねこ太
ねこ太
全日本卓球選手権では、4回戦でシード選手の高校生青木優佳選手にフルセットで負けちゃったけど1回戦から3回戦まで高校生相手に打ち勝ってのベスト32進出は驚きだよ!
うさ子
うさ子
お兄さんの張本智和選手は小学校4年の時にジュニアとして3回戦敗退だったからそれ以上の素晴らしい成績よね。お兄さんもその活躍に舌を巻いてるんだって!

その強烈なフォアドライブ、インタビューにも物怖じしない性格、そして何よりその愛らしい笑顔は次代のスターになる素質十分、将来の目標はオリンピック出場だそうですが、表彰台の真ん中に立つ彼女の姿が今から思い浮かぶようなその活躍に今後が楽しみですよね!

そんな彼女なのでマスコミも放っておいたりしません。3月3日(日)11時15分~11時45分に放送の「ミライ☆モンスター」(フジテレビ系列)では早くも彼女が取り上げられたんですよ。

そこで美和選手のことをもっと知ってもらう為にも今回の記事では、家族構成、ご両親や兄智和選手について、そして気になる兄弟の仲、Twitterでの盛り上がりについてご紹介します。

その前にまずは「ミライ☆モンスター」についてご紹介しておきましょう。

スポンサーリンク

「ミライ☆モンスター」に張本美和選手登場!

「ミライ☆モンスター」は、東京オリンピックや未来に可能性を秘めた金のタマゴとも言える注目のスポーツ選手を応援するする番組です。MCは関根勤さん・高橋みなみが担当、ミライ☆モンスター紹介人の澤部佑(ハライチ)、又吉直樹(ピース)の合計4人が毎回アスリートの原石となる選手を紹介しています。

そしてその「ミライ☆モンスター」が今回取り上げたのが超新星・張本美和選手です。人気急上昇中の美和選手なので放送を楽しみにしていたファンも多いのではないでしょうか。

放送内容は、「彼女が最年少で挑む全日本選手権に密着。孫コーチとの絆」でした。

では、次にご家族ついて紹介して行きますね。

張本美和選手のご家族について

家族構成について

美和選手の家族構成は、ご両親とお兄さんの張本智和選手の4人家族です。お父さんは1998年に中国から来日して宮城県仙台市で「仙台ジュニアクラブ」という卓球クラブの指導者として活躍し始めました。その後、中国人の奥さまと結婚して張本智和選手・張本美和選手が生まれました。

現在、智和選手は実家を出て東京都北区立稲付中学校に進学しましたので、ご両親と美和選手の3人住まいになっています。

お父さんについて

美和選手のお父さんは「張本宇(はりもと・ゆ)」さんで49歳(2019年3月現在)です。元々は四川省出身の中国人です。元中国代表の卓球選手だったんですよ。日本との繋がりは1998年に「仙台ジュニアクラブ」のコーチとして招かれた時からです。ちなみに仙台ジュニアクラブはあの福原愛元選手も所属していたことで知られていますよね。

2016年には張本卓球場を開設、主宰する仙台ジュニアクラブの練習場としてジュニアの育成に励みました。張本宇さんはこんなことを話した事があります。「子供たちを教える気持ちだけで仙台に来た」

ただ、その頃は「いずれ中国に戻り、プロチームのコーチになる」事が目標だとも話していました。しかし、2003年に智和選手が誕生するとその思いが少しずつ変わったそうです。

仕事は生徒たちに卓球を教えることであり、クラブを強くすること。プロですね。そんな張本宇さんの熱意が今の日本卓球界に大きく貢献したことは確かです。

2014年春には、智和選手・美和選手とともに日本国籍を取得、現在は男子ジュニア日本代表コーチとして活躍しています。

お母さんについて

美和選手のお母さんのお名前は、張凌(ザンリン)さんです。年齢は46歳(2019年現在)です。張凌さんもまた中国四川省出身で家族では唯一帰化していません。張凌さんも元卓球選手で、1995年の世界卓球選手権では中国代表として活躍しました。

また、中国の全国大会で何度も優勝した実績もあります。あの強豪揃いの中国で代表になるなんて凄いですよね!

現在は、張本卓球場で指導者を努めています。お子さんたちに対する教育方針は厳格だったそうです。また、「自慢することは良くない」と常に謙虚であれと教えたそうです。

「日本一になったとしてももっと強い選手が世界にいる」のだから謙虚にならなければならないということだそうです。

才能に恵まれたとは言え、そんな教育を受けたからこそ、美和選手・智和選手が「怪物」と言われるほどの選手に育ったとも言えるのではないでしょうか。

ちなみにお母さまがお子さんに願うのは「一に健康、ニに勉強、三に卓球」なんだとか。卓球の優先順位が3位だってのが面白いですよね。

長男・張本智和選手について

智和選手は言うまでもなく卓球界のスーパースターで東京オリンピックで金メダルを狙えるほどの逸材です。2003年6月27年生まれの15歳(2019年現在)で、仙台市立東宮城野小学校卒業後、現在は単身で東京都北区立稲付中学校に通っています。

2018年日本卓球選手権シングルスで優勝、ITTFワールドツアーグランドファイナルのシングルスでも優勝、今は日本だけではなく世界中の卓球選手を震え上がらせるような怪物ぶりを発揮しています。

美和選手と智和選手の仲について

下の動画を見ると二人の関係が伝わってきますよ。

二人共強気な性格がよく出ていますね。でも、お互いをリスペクトし認め合っているのが伝わってくるような暖かい動画です。美和選手はこんなことを話しています。

「技術面でもメンタルでも生活でもすごいし、負けず嫌いなこともすごいし、いいお兄ちゃんだと思います」
美和選手の目標はお兄さんだそうです。妹に愛されてますね、智和選手!

でも、「美和はできるだけお兄ちゃんを超えたいです」とも話しています。いや~強気ですね。彼女にとって兄は目標であり、ライバルでもあるんですよね!

Twitterでの盛り上がりについて

こんな感じで美和選手に注目している人が凄く多いのが分かりますよね。その努力はとても小学生には思えません。才能があってもある時点で成長がストップしてしまう選手は多いものですが、こと美和選手に関してそれは当てはまらないような気がします。

有り余る才能とたゆまぬ練習という両輪を持ち合わせた素晴らしい選手です!

最後に

目指せ、お兄さん超え!そしてオリンピックで表彰台の一番高いところへ!

小学生4年にして高校生の有力選手と互角以上に戦う張本美和選手はもはや金のタマゴではなく、確実に卓球の頂点を目指して走り出しているように見えます。

常に上を目指し、苦しい練習にも耐えて遊ぶことも忘れて卓球に打ち込む姿は素晴らしいの一言です。もちろんスポーツには必ずと言って挫折する時期があるものですが、その忍耐力と強気な性格でそれも跳ね返してくれるのではないでしょうか。

年齢的に言えば照準はパリ・オリンピックに合わせている事でしょう。美和選手の実力からすれば表彰台の一番高い所に立つことも決して夢ではないのではないでしょうか。

その日を楽しみに、これからも応援しています!

スポンサーリンク