スポーツ

ジャーメインジェンキンスのコーチ料や経歴は?育てたテニス選手も気になる

2019年2月27日、女子テニスで世界ランキング1位の大坂なおみさんの新コーチが決まって話題を呼びましたね。

チーム大坂に新たに加入するのは、ジャーメイン・ジェンキンス氏です。

チームコーチの役割を担当するそうなのです。

空前のテニスブームの火付け役ともなった大坂なおみさんの新コーチとなれば、徹底調査が必要ですよね!

ここでは、そんなジェンキンスさんの経歴やコーチ料についてを纏めていきます。

また、育てた選手も気になるのでそのあたりも調査します。

スポンサーリンク

ジェンキンスさんについてもっと知りたい

テレビなどではたくさん取り上げられましたが、ここではまずジェンキンスさんについてまだよく知らないよという方のために、プロフィールからご紹介していきます。

プロフィール

名前:ジャーメイン・ジェンキンス(Jermaine Jenkins)
生年月日:1984年11月20日
年齢:34歳(2019年3月現在)
身長:180cm
体重:77kg
出身地:ジョージア州(アメリカ合衆国)
住所:フロリダ(アメリカ合衆国)
国籍:アメリカ合衆国
利き手:右

黒人の若手のコーチです。

彫りが深くてカッコイイですね♡

筋肉隆々でとても美しい体です!

経歴

ジェンキンスさんは、2003年から2007年にかけてクレムソン大学でテニスプレーヤーとして活躍しました。

クレムソン大学では、チームキャプテンを務め大学MVPも獲得しています。

そして、2004年にはテニスのアメリカ代表にも選ばれています。

将来を期待された選手だったのですね!

しかし、現役時代の世界ランキングはシングルスで1386位が最高。

2017年に現役を引退しました。

その後、コーチとして指導に専念します。

過去にどんな選手を育てたの?

まだコーチとしては年月の浅いジェンキンスさんですが、先程も書いたように指導力にはかなりの高評価を受けています。

2015年の7月からは、世界ランキング元1位のビーナス・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めていました。

一時ケガや病気で低迷していたビーナス選手を4大大会決勝に進むまでに引き上げた能力を認められ、ジェンキンス氏のヒッティングパートナーとしての手腕は高く評価されました。

残念ながら2018年末にビーナス・ウィリアムズ選手との契約を解消してしまいましたが、2019年1月にはUSTA(全米テニス協会)の女子テニスナショナルコーチに任命されたことが発表されましたね。

本当に指導力に定評のあるコーチなんです。

うさ子
うさ子
USTAのコーチって、選手やコーチ時代にかなりの実績を残して、さらに人格的にも優れた人にしかなれないんだって!まさにコーチ会のエリートだけの狭き門なんだね。

ビーナス・ウィリアムズ選手の他にはゴンザレス・オースティン選手のコーチも務めました。

他には、実弟のジャーミア・ジェンキンス元選手のヒッティングパートナーも務めてきました。

現在はジャーミアさんもコーチとして活躍されています。

ジャーミアさんは、現在ビーナス・ウィリアムさんの妹のセリーナ・ウィリアムズ選手のヒッティングパートナーを務めています。

ジェンキンス兄弟とウィリアムズ姉妹の絆はかなり強固なものなのでしょうね。

ジェンキンスさんのコーチ料はいかほど?

ジェンキンスさんと契約して、初練習をした大坂なおみ選手は次のように話していました。

「彼はグッドヒッターで、本当にいい選択をした。練習はとてもハードだけど強くなっていると感じる」

新世界女王である大坂なおみ選手にこうも言われているくらいですから、本当にコーチとしての手腕は素晴らしいものなのでしょう。

そこでやはり注目されるのはやはりジェンキンスさんのコーチ料ですね。

コーチ料は現役時代の活躍やランキング、そしてコーチとしての実績などを加味して決められると言われています。

先ほども経歴のところで少し触れたように、ジェンキンスさんは現役選手としての実績はほぼありません。

しかしながら、コーチとしての活躍への評価は高く、さらに今回は世界女王のコーチということですから、それはそれは高額な報酬をもらっているのかなと想像しますね。

もちろん公式に報酬額は発表されてはいません。

こうした場合、日本では錦織圭さんと比較して見られることが多いのですが、錦織選手がマイケル・チャンコーチに支払っていた報酬は日当50万だと言われています。

ねこ太
ねこ太
その上、試合に出場して勝つと賞金の10%がコーチへの手当として支払われるんだって!

マイケル・チャンコーチは現役時代の実績、コーチとしての実績ともに最高レベルの方なので、まだ若いジェンキンスさんはここまではいかないのではないかと予想されます。

それでも日当20万~30万という予想が大方のもので、年収に換算すると大坂なおみさんのコーチ料だけでも5000万円以上になるのではないでしょうか。

コーチは選手に多大な影響力をもつとても大切な存在であることから、妥当な金額なのかもしれませんが一般人にとってはくらくらするような数字です、笑。

まとめ

いかがでしたでしょうか?では、この記事をまとめます。

  • 大坂なおみ選手の新コーチはジャーメイン・ジェンキンスさん。34歳。
  • 大学時代はクレムソン大学でチームキャプテンを務め大学MVPを獲得するほどの腕前でしたが、現役時代は1386位が最高位と揮わず、2017年に引退。
  • 2015年から世界ランキング元1位のビーナス・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めて活躍。2019年にはUSTAのナショナルコーチに就任。コーチとしての評価はとても高い人物である。
  • ジェンキンスさんは、ビーナス・ウィリアムズの他に、ゴンザレス・オースティンやジャーミア・ジェンキンスのコーチを務めていた。
  • コーチ料について公式での情報はナシ。大方の予想が5000万円程ではないかとのこと。

ジャーメイン・ジェンキンスさんを加えた「新チーム大坂」体制は、3月6日開幕のBNPパリバ・オープン(米カリフォルニア州インディアンウェルズ)から始動しています。

BNPパリバ・オープンは大坂なおみ選手にとってとても大事な大会です。

3月9日の初戦ではシングルス2回戦で同65位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に6―3、6―4でストレート勝ちをしました。

最新の情報ですと、日本時間3月13日の4回戦では連覇を目指す第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は第23シードのベリンダ・ベンチッチ(21=スイス)と対戦。

3―6、1―6でストレート負けし、悔しくも連覇はなりませんでした。

ねこ太
ねこ太
くやし~!!!!!

しかし、ランキング1位は死守しました。

去年末から今年にかけて紆余曲折あったことを考えると、ジェンキンスコーチとの二人三脚はまだ始まったばかり。

大坂選手もジェンキンスコーチとの練習に手ごたえを感じている様子ですし、ここから調子が上向きになっていくことを願いましょう。

これからよきパートナーとして強い大坂なおみを支え続けて欲しいですね。

今後の試合からもますます目が離せません!!頑張れ!大坂なおみ選手!

頑張れ、ジェンキンスコーチ!!

スポンサーリンク