学校へ行こう2018の復活放送はいつ?レギュラー化やスペシャルは?

スポンサーリンク

「学校へ行こうの2018年復活はあるの?」と気にしている方がいるようです。

学校へ行こうと言えば、2005年頃まで放送されていたTBSの人気バラエティ番組。

全盛期は視聴率20%を超えることもありました。
当時学生だった方は、文字通り「学校で話題になっていた番組」でしょう。

そんな「学校へ行こう」の人気は根強く、現在も「復活して欲しい」「スペシャル番組は放送されないの?」「レギュラー放送に期待」と復活を待ち望む声が多いです。

そこで、この記事では「学校へ行こう」の復活やスペシャル版について調べてみました。

学校へ行こうスペシャル番組のレギュラー復活の予定は?

学校へ行こうスペシャル番組のレギュラー復活の予定は?<

さて、「学校へ行こう」のスペシャル番組の予定はあるのでしょうか?

2005年に放送終了して以来、しばらく放送はされていませんでしたが、10年経った2015年の11月に一度スペシャル版が放送。

「またレギュラー番組として放送して欲しい」という期待の声も高まりました。

Twitterでは

#学校へ行こう2017年春あたりにレギュラ化決定の噂

というデマのハッシュタグが拡散され、本当だと信じる人も多かった模様です。

そして、2017年。

レギュラー放送ではありませんでしたが、2017年夏のスペシャル番組の放送が決定。
スタッフが再集結し、「史上最高の夏祭り」をキャッチフレーズにして収録するようですね。

ということで、現在、公式発表されているのは、2017年のスペシャル版だけです。

ただ、「今後もスペシャル放送を定期的にしてほしい」「毎週またレギュラー放送すればいいのに」という声も出てきている現状。

今後復活する可能性はあるのでしょうか?

その可能性はあるかを考察するために、そもそもなぜ「学校へ行こう」は終了したのかを確認してみましょう。

学校へ行こう終了の理由は?

学校へ行こうが終了した理由は、以下のような点のせいだと言われます。

・一度人気になった企画を繰り返して、マンネリ化した
・新企画がウケなかった
・番組の趣旨と無関係な企画が増えた
・結果的な視聴率低迷

全盛期は替え歌や「どこ行くんですか?ゲーム」「東京ラブストーリー」がウケていたものの、マンネリ化や企画的に継続ができなくなり、終了。

かわりにスタートした「マナーの猫」「クラブパイレーツ」などは人気が伸びず、視聴率が低下したのですね。

また、現在復活が難しい理由としては、以下の点が挙げられます。

・みのもんたの人気失墜
・V6と学生の年齢が離れた
・インターネットの発達でやらせができない

言わずと知れた有名タレントみのもんたさんは、スキャンダルで人気が失墜。
2015年のスペシャルでの登場でも非難がありました。

「みのもんたは出さなくてもいい」という声もありましたが、メインのタレントVメンバーも、学生と年齢が離れていっています。

すでにV6メンバーの平均年齢は40歳。
坂本昌行さんなどは46歳ですから、学生ノリがキツくなっていると言われます。

では、「別のタレントを起用しての復活は?」というと、これも課題があるようです。

それが、インターネットの発達です。

「学校へ行こう」のコーナーはドキュメンタリー風なものも多かったのですが、実際は演出や台本のあるいわゆる「やらせ」も含まれていたと言われます。

娯楽番組なので許されるという判断だったようですが、現在は時代が変わりました。

1997年から2000年代初頭までは、インターネットを使うのが一部の人だけで、気軽に学生が使うことは稀でした。

しかし、現在は学生でもスマホを持っている時代。

やらせをやると、すぐ拡散されて炎上したりするのです。
また、視聴者としても、「やらせ」だとネットで見てしまうと、笑えなくなってしまうもの。

ネットがあると継続するのは難しい番組なのです。

スポンサーリンク

学校へ行こう2018の復活放送はいつ?

学校へ行こう2018の復活放送はいつ?

では「学校へ行こう」が2018年に復活放送されることはないのでしょうか?

レギュラー化に関しては、前述の通りの「みのもんた人気失墜」「V6の年齢」「インターネットの発達」のせいで厳しいとは考えられます。

ただ、スペシャル放送がある可能性はあります。
やらせ演出も年一回なら非難より面白がる人の方が多いでしょう。

事実、2015年は10週年ということでの復活でしたが、2017年はとくに理由なく復活放送が決定しました。

この人気によっては、毎年一回くらいなら放送できる可能性がありますね。

2017年夏に放送してから、直後の放送があるとは考えがたいため、2018年夏などに一定周期で放送されるという見方が強まっています。

学校へ行こう まとめ

ということで、「学校へ行こう」の復活についてでした。

・学校へ行こう2017年夏の放送が決定されている
・そもそも、放送終了した理由は視聴率低迷
・レギュラー復活が難しい理由は「みのもんた人気失墜」「V6高齢化」「ネット発達でやらせができない」ため
・スペシャル放送はできる可能性あり
・2018年夏にも放送の可能性あり

ということですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です