ドラマ・映画・漫画アニメ

頭に来てもアホとは戦うなの原作は自己啓発本!ネタバレや感想もチェック

4月22日スタート(毎週月曜深夜0:59/日本テレビ)の連続ドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」は、原作の自己啓発本をドラマ化しています。

累計発行部数65万部を突破した田村耕太郎さんの著書「頭に来てもアホとは戦うな!人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法」を原案としたもの。

ここでいう“アホ”とは「人生の財産である時間・エネルギー・タイミングを奪い、
未来を邪魔する人々」という意味。

今回は「頭に来てもアホとは戦うな!」のネタバレや感想をまとめていきます。原作とドラマを比べてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

頭に来てもアホとは戦うなの原作は自己啓発本


「頭に来てもアホとは戦うな!」は、元参院議員の「田村耕太郎」氏が職場でアホな人と対峙しても自身の感情コントロールの方法をわかりやすく書いてあると話題の本。

田村耕太郎」さんコメント

知念さんといえば、たまたま日本滞在中に見ていたテレビで、スポーツを奮闘されている姿に、大変感銘を受けたことがあります。

持って生まれた華に加えて、周囲の無茶ぶりに対して冷静に集中して結果を出される。

そんな姿に、アイドルを超える将来性を垣間見た気がしたので、このドラマの主役になられて驚くとともに光栄な気持ちでいっぱいです。

この作品で、週初めの月曜にちょっとブルーになられている多くの方々を癒し励まし、さらにJUMPして大輪の花を咲かされることを心から祈念しています。

販売部数が65万部を超え、昨年のオリコン本ランキングのビジネス書でも1位に輝いた話題作なんですよ!

ビジネス書が原案ということなので、一話一話内容が濃くでもさらっと楽しみながら見て学ぶことができる内容です!

ドラマが始まる前に読んでおくのもおすすめですよ。

楽天ブックスでも購入できます。楽天ブックスはこちらから↓

頭に来てもアホとは戦うなのネタバレと感想

「頭に来てもアホとは戦うな!」の原作ネタバレと感想をまとめていきますね。

制作サイドからは「キュートな笑顔が誰にも負けない知念さん以外に主演は考えられない」と知念侑李さん一押しだった今回のドラマの主演となったようですよ。

さすが制作サイドさんは知念侑李さんの魅力をわかってくれていますね!

「頭に来てもアホとは戦うな!」の原作ネタバレ

原作は「スーパービジネスマン」になりきれない熱き青年が、あらゆる場所に出現する“アホ”を前に、自らの体力と頭脳を駆使して未来を切り開いていくという内容です。

原作で谷村小太郎は、英国の名門・ケンブリッジ大に飛び級で進学し、MBA(経営学修士)を取得したエリート。

帰国後に鳴り物入りで老舗玩具メーカーに入社します。

谷村小太郎は「アホと戦わずして勝つための大切なのは、自分と向き合うことである。」という考えを持っています。

自分と向き合い、やるべきことに集中していれば必要以上に他人の影響を受けることも減ってくる。

目的が見つかっていないという人は、いま目の前にあることを(勉強や仕事など何でもいい)に打ち込めばいい。本の後半部分では、自分自身に目を向けるように述べられています。

小太郎は入社後、厄介な上司や同僚また日常でも面倒くさい人に出会い振り回されていきます。

そういった「アホな人(人生の財産である時間・エネルギー・タイミングを奪い、未来を邪魔する人々」はドラマでは一体誰が演じるのでしょうか?

「頭に来てもアホとは戦うな!」の原作感想

原作を読んだ方の感想をまとめました。

組織で生きていく中で必要なスキルを本人の反省を生かし買いた本。

特に印象的だったのは若気の至りで生意気な奴に関して、だいたいの人は口では「あいつ面白い奴だ」とか「骨のある奴だ」という。

が、結局倍返しするチャンスを狙っていたり、そいつにいつか冷や飯を食わしてやろうと思うのが普通の人の考えだと思った。

この本を読んで「人生は理不尽なもの」最初からそう分かっていれば腹も立たない、周りに期待しすぎないことを学んだ。

自分の人生、人の期待に応えるためではなく自分がやりたいことをしよう。

貴重な時間にアホとなんか戦っている場合ではない、と思わせてくれた。

今、自分の中で新しい事を始めようとしていて、その時にこの本を読んだ。

とりあえず今、できることを精一杯やっていこうと気持ちがリフレッシュできた気がする!

原作を読んだ方は、考え方が変わったなどという口コミが多かったようですね。共感できるような内容となっているので、原作を読んでみるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

頭に来てもアホとは戦うなの原作本についてまとめてみました。原作は自己啓発本で反響も良かったようですね!

またネタバレや感想も紹介していきましたが、ドラマがどのような内容になっていくのか楽しみです。

スポンサーリンク