芸能・エンタメ

田村耕太郎の人気本や評判は?結婚した嫁や子供についても

4月22日より放送のドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」は、タイトルにもインパクトがありすでに注目を集めています。

このドラマは65万部を突破したベストセラーが原作となっているんですが、その作者は田村耕太郎(たむらこうたろう)さんという方で異例の経歴の持ち主なんです!

田村さんの他の人気本や気になる評判についてや、結婚した嫁や子どもについてもご紹介します。

ドラマが始まる前に是非田村さんの事を知っておきたい、という方は是非ご覧くださいね♪

スポンサーリンク

田村耕太郎とは?

まずは田村耕太郎さんについて紹介しますね。

・本名 田村耕太郎(たむらこうたろう)

・生年月日 1963年7月23日

・出身地 鳥取県鳥取市職人町

・出身校 早稲田大学商学部/慶應義塾大学大学院経営管理研究科/イェール大学大学院/デューク大学法律大学院/東京大学EMP修了

田村さんは現在55歳で、大学卒業後は新日本海新聞社へ入社しました。その後も数々の大学で学ぶなど、知識の豊富さが印象的です。

実は元政治家で、2002年に4回目の選挙で初当選後、参議院議員を2期務め自由民主党平成研究会に所属していました。

現在は国立シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院兼任教授の傍ら執筆活動も行っています。

田村さんの作品は主にビジネス分野の自己啓発本のようなものが多く、その中でも人気の作品をいくつか紹介しますね。

田村耕太郎の人気本と評価を紹介!

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

この本ではアメリカ、シンガポール、インドへの留学のススメや学習すること、ビジネスで結果を出すことの重要性について語られています。

ソマリアの戦争孤児が「夢をつかむために海を渡ってやってきた」と言い、毎日図書館閉館まで勉強していた、などという思わず熱くなる内容がたくさん書かれています。

語り口調は熱く、まるで松岡修造さんのようだと感じる人。この本を読んだら勉強をしたくなったという人が続出しました。

うさ子
うさ子
熱い言葉いいね!心に響くから身になりやすいね。

それほどまでに読者に思わせることができるのは、並々ならぬ勉強の数々が実績として田村さんに残っているからでしょうね。

子どもに読ませたい、という親の意見も多くみられるので、是非お子さんに勧めてみてはいかがですか?

君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?

これから差し迫るであろう本当の意味でのグローバル化に対して私たちはどう対応すべきか?そのヒントがこの本には書かれています。

決して簡単ではありませんが、頑張って対応していかなければ死や衰退が待っているんです。その「準備」の重要さが記されています。

英語が出来るや健康である、というのはただのスタートラインにしかすぎません。そこからどう頑張るかの勝負ということなんです。

うさ子
うさ子
スタート地点のラインが高すぎない??さすが元エリートビジネスマンだ・・・。

これからの時代、グローバル化は進む一方ですよね。そのための準備をこの本を読んでやってみませんか?

野蛮人の読書術

この本は読書の方法について説き、それをいかに生かすかという出世術について書かれています。

世界のエリートはなぜ大量の本を読破できるのか?その答えがこの本には書いてあり、多くの著名人の読書方法を紹介しています。

うさ子
うさ子
著名人がどんな風に読書をしているのか知りたい!
ねこ太
ねこ太
人によって様々な読書術があるなんて興味がわくね。

読書が苦手な方や難しい本に躓いてしまった方は、是非この本を読んでみて下さい!

読書の楽しさや、いかに読書が大切かということを教えてくれます。成功している人は読書家が多いので、納得できますよね。

評判

賛否両論もちろんありますが、ためになったと思う方の方が多いようです。田村さんの暑苦しい口調が読みやすく、心に響きやすいというところも大きな評価ですよね。

自分だけでは解決することのできないビジネスの疑問について、分かりやすく明確に教えてくれているので、自分の子供にも読ませたいと思う人も。

これから生きるにあたって、この本の存在を知っておいた方が良いと思うほど、好評価ですよ!

田村耕太郎の嫁や子どもについて

教授に作家にと大変忙しい田村さんですが、実は1996年に新日本海新聞社社長・吉岡利己の娘と結婚しているんです!

吉田伊都子さんという方で、自分の務めている会社のご令嬢と結婚するとは、さすがエリートですよね。

政界へ進出したのも社長に影響されたからではないかともいわれています。自分の上司ともなると、影響されるのは仕方がないですよね。

現在小学生になる娘をシンガポールで育てていますが、教育方法もかなり厳しく常に娘の将来について考えているようです。

うさ子
うさ子
羨ましいような・・・でも大変そうだなと思うよね。楽しく勉強できてたらいいけど・・・。

これだけのビジネス本を書くほどの知識があれば、娘にも教えたくなりますよね。将来有望な予感しかしませんね・・・(笑)

まとめ

エリートビジネスマンから政界へ、そして大学教授へと転身を遂げた田村耕太郎さん。その本は知りたかった情報が多く、やる気を出させてくれると評判となっています。

ビジネス本ですがとても読みやすいので、気になる方は是非読んでみて下さいね!

スポンサーリンク