芸能・エンタメ

鈴木直道の嫁や子供について!学歴や実績もチェック

平成最後の選挙となる統一地方選挙のトップを切って11の都道府県の知事選挙がが3月21日に告示されました。

その中の北海道知事選の候補者に注目してみました。

北海道知事選は、前夕張市長の鈴木直道(すずきなおみち)さんと元衆議院議員の石川知裕候補と、一騎打ちの様相です。

この記事ではその候補者の1人、鈴木直道さんについて調べてみました。

学歴やこれまでの実績、そして嫁や子供についてなどもまとめました。

スポンサーリンク

鈴木直道さんてどんな人?

まずは鈴木直道さんがどんな人か、プロフィールから紹介していきます。

プロフィール

名前:鈴木 直道(すずき なおみち)
生年月日:1981年3月14日
年齢:38歳(2019年3月現在)
出身:埼玉県三郷市
前職:夕張市長
所属:無所属

経歴

鈴木さんは埼玉県春日部市生まれです。

高校生の時にご両親が離婚して父親がいなくなりました。

その後、鈴木さんは母親と姉で3人で暮らすようになりました。

母親がパートで働いていましたが、それだけでは家計が苦しく、大学に通っていた姉も、鈴木さんが高校卒業できるようにするために大学を中退して働きに出たと言うことです。

鈴木さんも大学進学を断念して就職することになります。

東京都職員採用試験に受け、都職員として入庁しました。

2008年1月から、2年2ヶ月の間夕張市に出向しました。

その後、約半年ぶりに夕張市に戻ったときに、ともに地域活動していた仲間から出馬要請をされました。

その頃、2007年に財政破綻をしている夕張市の市長は70%カットとされていました。

その上、当時交際中だった現在の奥様と結婚を控えて、埼玉に新居を構えたばかりでした。

法律上、その時勤めていた都職員を辞職しないと出馬は不可能でした。

鈴木さんはかなり悩んだということです。

ねこ太
ねこ太
そりゃそうだよー、給料の70%カットって月給25万円なんだって!都職員として働いていた時からマイナス200万だったらしいよ。

こんな、断る理由だらけの要請でしたが、自問自答の結果鈴木さんは安定を手放して挑戦することを決意するのです。

鈴木直道さんの学歴が気になる

そんなチャレンジ精神に溢れた鈴木さんですが、学歴も気になります。

苦学生だったようですが、高校も大学も卒業しています。

高校は埼玉県立三郷高等学校です。
その後、東京都庁に入庁しています。

母子家庭で育ったことから、経済的な理由で高校から大学へ進学するのを一旦断念しています。

東京都庁に勤めながら19歳の2000年に法政大学に入学し、4年間で卒業しています。

ねこ太
ねこ太
自分で学費を稼いでいたんだね!苦労人だったんだね〜!

大学では、ボクシング部に所属して、体力を作っていたようです。

大学に通いながら都庁で働き、ボクシングまでしていたので、とてもタフで頑張り屋さんだったのですね。

家族について教えて

続いては鈴木さんの家族について調べてみました。

嫁について

奥様は、都庁職員時代に知り合って交際に発展したそうです。

お名前等は公表されていませんでした。

婚約中に夕張市長選挙に立候補して、その後見事に市長に当選しました。

そして無事に2011年5月14日、夕張市役所に婚姻届を提出したのです。

「私の人生のテーマは大義ある逆境に挑戦することです。都職員を辞めて夕張市長になることは、家族から猛反対がありました。でも今は応援してくれてます。」

と鈴木さんが語っています。

この家族というのがお母さんとお姉さんなのか、現在の奥様なのかは定かではありませんが、恐らく奥様でしょう。

給料がマイナス200万になる転職…最初は反対したにしろ、最終的に受け入れた奥様は、やはりかなり心の広い器の大きい方なのではないかと予想できます。

ただし、奥様からは

「とにかくちゃんと家にお金を入れて下さい」

と言われてしまうということです。

うさ子
うさ子
そりゃそうだょねぇ〜!

鈴木さんには是非頑張っていただきたいですね。

子供について

続いてお子さんについてです。

鈴木さんは現在お子さんはいらっしゃらないようです。

奥様と、子供のように可愛がっている5歳の柴犬が鈴木さんの現在の家族です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は北海道知事選挙で注目の鈴木直道さんについて調べてきました。

この記事をまとめます。

  • 鈴木直道さんは、埼玉県三郷市出身 1981年生まれの38歳である。
  • 高校生の時に両親が離婚して父親がいなくなったため、高校卒業後大学進学を諦めと職員として入庁した。
  • 都職員として夕張市に出向した際の地域活動の仲間から出馬を要請された。
  • 安定の道職員の立場を捨てて、月給25万円の夕張市長になる事はかなり勇気がいったが挑戦を選んだ。
  • 現在の家族は奥様と、5歳の愛犬の柴犬である。
  • 奥様とは、都職員時代に出会って結婚に至った。

数々の苦難を乗り越えて、努力し挑戦し続ける姿がとても印象的でした。

大学進学も、市長選挙も、逆境に立ち向かう強い意志があったから成せたことだと思います。

今度の北海道知事選挙も、鈴木さんにとっては新たな挑戦の1つです。

見事当選する姿を見たいものですね。

選挙の日にちは2019年4月7日(日)です。

有権者の皆さん、こんな一生懸命な候補者のためにも、ぜひ投票に行きましょう!!

スポンサーリンク