プレ金とは?2017年プレミアムフライデーの日程はいつ?導入企業も

スポンサーリンク

あなたはプレ金を知っているでしょうか?

プレ金は、プレミアム・フライデー(金曜日)の略です。

月末の金曜日の仕事を早く切り上げようという運動で、2017年の2月から一部の企業から導入されはじめています。

とはいえ、世間にまだまだ浸透していないのも事実。

ネットでは「そもそもプレ金って何?」「日程はいつなの?」「導入企業はどこ?」と、疑問に思っている方が多いようですね。

そこでこの記事では、プレ金について調べてまとめてみました。

プレ金とは?

プレ金とは?

さて、プレ金とは、そもそも何なのでしょうか?

プレ金の要点を簡単にまとめると、以下のようになります。

・プレミアム・フライデー(金曜日)の略称で「プレ金」
・何をする運動? →月末の金曜日は早く仕事を切り上げる
・何のため? →経済活動活性化、自由な働き方への改革
・どこが主導? →日本政府、経済界

プレミアムフライデーなのは、読んで字のごとくでしょう。

ようは「月末金曜日は早く仕事が終わります」というもの。

仕事が終わって飲みに行ったり、趣味に時間を使う人が増えれば、遊びにお金を回すようになります。
そうすると、結果的には経済活動が活性化するということですね。

また、残業が続くような働き方を変えていく改革の1つにもなるように、という目的意識があります。

主導しているのが日本政府ですから、全国的な運動です。
とはいえ、大企業から導入されていく傾向にあるので、実質東京を中心にはじまっているようです。

現在すでに、月末金曜日は15時に退社できる会社が生まれたりしています。
経済効果は1236億円とも推定されており、ばかにできない規模ですね。

スポンサーリンク

2017年プレミアムフライデーの日程はいつ?

2017年プレミアムフライデーの日程

では、2017年のプレ金ことプレミアムフライデーの日程はいつなのでしょうか?

月末の金曜日が該当ですから、2017年は以下のようになります。

・2月24日
・3月31日
・4月28日
・5月26日
・6月30日
・7月28日
・8月25日
・9月29日
・10月27日
・11月24日
・12月29日

初回の2月24日は盛り上があり、導入企業の社員は遊びにいった方も多かったようです。

2回目の3月31日は、残念ながら年度末。
多忙でプレ金にはできなかった企業が多いようです。

4月もゴールデンウィーク前のため、逆にプレ金は導入できない会社が多い模様。

こうしてみると、なかなかプレ金はタイミングが合いにくい仕組みかも知れません。

とはいえ、5月以降の土日は一定の成果も出るでしょう。

プレ金といってもすべての企業が導入できるわけはないのですが、プレ金のタイミングでサービスを行う飲食店ができたりもしています

小さなお祭りとしての効果はあるかも知れませんね。

プレ金(プレミアムフライデー)導入企業は?

そんなプレ金の実際の導入企業はどういった会社なのでしょうか?

2017年4月現在、正式にプレ金を実施し始めた会社は6008社以上存在しています。

申請や発表をしていない会社がある可能性もあるので、実際はさらに多いでしょう。

机上の空論ではなく、実際の行動にはなっているようです。

もちろん、日本には、400万社を超える企業があります。
その中での6000社なのでごく一部ではありますね。

とはいえ、社員数の多い以下のような企業もプレ金をはじめています。

・株式会社 ジェーシービー
・株式会社 メルカリ
・ヤフー 株式会社
・楽天グループ
・ソフトバンク
・サッポロビール 株式会社
・キリンビール 株式会社
・アサヒビール 株式会社
・サントリー酒類 株式会社
・三菱自動車工業 株式会社
・北北海道ダイハツ販売 株式会社
・TBSテレビ
・株式会社 文化放送

こちらに挙げた企業は、もちろんごく一部の導入企業です。

全部の導入企業が何せ6000社もあるので、挙げているとキリがない状態ですね。

ここに掲載したものは、有名な企業ですが、実際には知名度のない中小企業でも導入しているところが増えています。

成功する改革となるか、見ものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です