仙頭正教(せんどうまさのり)のナンパ方法やテクニック!経歴も紹介

スポンサーリンク

仙頭正教(せんどうまさのり)さんをご存知でしょうか?

仙頭正教さんは、月刊雑誌『裏モノJAPAN』の編集をしている男性です。

破天荒な活動をされており、おかしなナンパテクニックを試したり、ずるくお小遣いを儲ける方法を検証したり、裏っぽいお店を紹介する企画を行っています。

中でも人気があり注目されているのが、クレイジーとも称されるナンパです。
コスプレをしてみたり、嘘をついてみたり、経歴を偽ったり……普通なら「ちょっとどうなの?」と思うナンパを何度も検証しているのです。

そんな仙頭正教さんが2017年5月にテレビ出演するにあたって、「ナンパテクニックってどんんな方法?」「本人の経歴が知りたい」と気になっている人がいるようですね。

そこでこの記事では、仙頭正教さんと彼のナンパテクニックについて書いていきます。

仙頭正教(せんどうまさのり)のwiki経歴

さて、仙頭正教さんはどのような男性なのでしょうか?

まずは経歴を見てみましょう。
仙頭正教さんにはwikiがないので、かわりになるようにざっと基礎情報をまとめますね。
仙頭正教(せんどうまさのり)のwiki経歴

名前 仙頭正教
名前の読み方 せんどうまさのり
性別 男性
生年月日 1978年
出身 高知県
勤務会社 株式会社鉄人社
出版した本 クレイジーナンパ大作戦20

仙頭正教さんは、1978年生まれの男性です。
出身は高知県で、名前の読み方は「せんどうまさのり」ですね。

経歴としては、元々は医療に関する真面目な出版社に勤務していました。

ただ、本人の気質と合わなかったようですね。

鉄人社の企画の編集に選ばれ、過去の仕事を辞めて転職。
月間『裏物JAPAN』の企画を行い、記事を執筆しています。

また、ご自身のブログを書き、そこに課金性でしか読めない記事も作って、マネタイズしているようです。

一般的には医学系の真面目な出版社にいた方がいいようなイメージがありますが、 仙頭正教さんはその会社を辞めています。

おかしくて怪しげな企画をしている方が、性に合っているのかも知れません。

スポンサーリンク

仙頭正教のナンパ方法やテクニックとは?

仙頭正教のナンパ方法やテクニック

では、そんな仙頭正教さんのナンパの方法は、どのようなものなのでしょうか?

使えるテクニックがあるなら、知りたいところですよね。

仙頭正教さんが実際に行ったのナンパには、以下のようなものがあります。

・高校球児のふりをして慰めてもらうナンパ
・東大生のふりをするナンパ
・清原のふりをするナンパ
・恋人募集の看板を立てるナンパ
・年賀状を出しまくるナンパ

などなど、意味不明なナンパが多いです。
順番に概要を説明しますね。

高校球児のふりをして慰めてもらうナンパ

高校球児のふりをして慰めてもらうナンパ

高校球児のふりをして慰めてもらうナンパとは、甲子園出場に失敗した高校生のふりをするナンパです。
学生服を着て頭を坊主にして、街で「試合で負けた。悔しい」みたいな顔をしていたようです。

すると、この高校球児ナンパは成功。女性と一夜を過ごせたそうです。

文字通りの企画内容ですが、実行したのが凄いですよね。
ものによっては動画撮影されているので、都市伝説ではなく、本当にやった証拠が公開されています。

その他の企画も文字通りです。

東大に受かったばかりの将来有望な青年のふりをしたり、薬で捕まった清原のふりをしたり、電車から見える巨大な看板に電話番号と「恋人募集」の文字を書いて、連絡がくるか試したり。

東大に受かったばかりの将来有望な青年

冗談みたいなナンパを実行しています。

仙頭正教の一般人も使えるナンパテクニック

「普通の人でも使えるテクニックはないのかな?」と思った人もいるかも知れません。

そんな時には、「年賀状を出しまくるナンパ」です。

もう連絡を取っていない相手200人に年賀状を出して連絡をとり、「久しぶり」からナンパをしてみるというものです。

「数撃ちゃ当たる」とはいったもので、年賀状ナンパは大成功だったそうですね。

ただし、年賀状を出せる相手は、知人や友人とも繋がりがある相手ばかりです。

仙頭正教さんは、その後気まずくなって会えなくなったり、地元を歩きにくくなたりはしたといいます。

実行にはご注意ください(笑。)

仙頭正教 まとめ

というわけで、仙頭正教さんについてでした。

ポイントをまとめると、

・仙頭正教は、1978年生まれの高知県生まれ
・医療系の出版社から転職し、月間『裏物JAPAN』で怪しい記事を書いている
・嘘やなりすましなど、おかしなナンパを実際に検証している
・年賀状を出しまくるナンパテクニックは、一般人も使える(?)

ということですね。

全体的に、話術が上手いとかではなく「とにかく思いついたら行動してみる」という方針のナンパ成功談が多いですね。

道徳的にまずい行動も多いですが、これだけ「クレイジー」な活動ができるのは凄いことです。
ファンが生まれるのも当然でしょう。

なんと、自殺を考えていた読者から「仙頭正教さんの記事が、あまりにも馬鹿らしいから、生きることにしました」という報告があったこともあるようです。

素晴らしいけど意味がよく分からないですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です