池田有加が大食いだけど体重や年齢は?彼氏や摂食障害や過食の噂

スポンサーリンク

「池田有加さんという新たな大食い選手が登場する」と話題になっています。

「大食い対決」や「フードバトル」という言葉は、今でこそ一般的に定着しており、様々なテレビ局で放送されていますよね。

が、元々はテレビ東京での「大食い王決定戦」「テレビチャンピオン」がキッカケでブームになった言葉でした。

そんなブームの火付け役、元祖「大食い王決定戦~爆食女王 下剋上戦記~」が、テレビ東京で2017年5月に放送されます。

そこに現れる数々の女性フードファイターの中に、池田有加さんがいます。
事前情報によると、池田有加さんは今回が地上波テレビでのデビュー戦。

「池田有加ってどんな人?」「体重はどれくらい?」「年齢や彼氏が気になる」と、さっそく興味を持つ人が増えているようですね。

また、「大食い王決定戦ってやらせはないの?」「摂食障害や過食症みたいで、危ない気がする」「子供がマネするから危険」と心配している人もいる模様。

そこで今回は、池田有加さんについてと、彼女が参加する「大食い王決定戦」の影の部分について迫ってみます。

池田有加が大食いに参加!体重や年齢に彼氏は?

池田有加が大食いに参加!体重や年齢に彼氏

さて、「大食い王」に新たな女王の候補者として現れたのが、池田有加さんという女性です。

一体どのような方なのでしょうか?

まず、最初にズバリ残念なお知らせです。

池田有加さんは今回初出場のため、ほとんど事前情報は公表されていません。

最近はほとんどのフードファイターが、個人的にブログやSNSをやっていたり、過去の大会出場経験が載っているサイトがあるものです。

しかし、池田有加さんは情報発信をしていないのです。
どうやら、完全に一般人の新人のようですね。

そのため、体重、年齢、出身や彼氏の有無など、まとめブログ系で扱われる情報は、どこにも出ていない状態です。

この記事を執筆するために、Google検索やTwitter検索で見つかる他のブログも100箇所以上見ましたが、どこにも書いていませんでした。

池田有加さんについて、判明している情報は以下の事前の番組予告のフレーズだけです。

「カレー7.5キロ完食の超新星」

すこし検証してみましょう。

カレー7.5杯完食のスゴさ

カレー7.5杯完食のスゴさ

これがどのくらいスゴイ量なのか、意外にピント来ないかも知れませんね。

「そもそも、普通のカレーは何キロなの?」と思った人もいるかも知れません。

一般的なカレーは、200グラムとか多めでも500グラム程度です。

したがって、「4,5回おかわりして、1キロ」くらいが普通です。

稀に、大盛り料理店で「1キロのカレー」などが置いてますが、普通の人は完食できません。

ところが、池田有加さんは1キロの超大盛りカレーを、7杯以上食べられるわけです。

世間一般の女性が完食できる量が200グラムだとすると、まさかの37.5杯分。

学校の1クラス分の給食を、全部一人で食べるよりも多いかも知れません。

池田有加さんの異常さが分かりますね。

フードファイターの摂食障害や過食嘔吐の噂

ただ、そんな「異常さ」に関して、最近ではダークな噂も立ってきています。

「大食い王決定戦」「フードファイト」は、摂食障害や過食症の病気の人を映しているだけではないか、という指摘です。

【摂食障害】とは、ようするに「食べ物に関しておかしな行動をする」病気をひとまとめにした呼び方です。

・ご飯を全然食べなくなる人
・急に過剰に食べすぎる人
・大量に食べて、嘔吐してしまう人

など色々ながいるのですが、「大食い王」にはこうした摂食障害を持った人だらけではないかというのです。

実際に、2005年、2007年に「大食い王決定戦」出場していた坂本賢吾さんや、三宅智子さんもカミングアウトし、摂食障害だったことを自分で公表して引退しています。

また、大食い王に出場する選手の多くの手に「吐きだこ」がある事実も確認されています。

吐きだこ

「吐きだこ」とは自分で食べたモノを吐こうとして、手を口に突っ込む行為を繰り返すとできる手の跡です。

「5代目爆食女王」として紹介されるもえあずにも「吐きだこ」がある画像が確認されています。

大量に食べて、苦しくなって後で吐く「過食嘔吐」なのだとしたら、健全な娯楽とは言えません。

テレビ東京が大食い王を誕生させる意味

摂食障害が過食症の他にも、2002年に大食い対決をマネした小学生が窒息する事故が起きたりと、「大食い王」にまつわる暗い出来事は後を絶えません。

一応、健康に配慮した3カ条は番組に表示されるようになりましたが、「やっていることは変わらない」とも言われています。

テレビ東京が大食い王を誕生させる意味

それでもテレビ東京が大食いの女王を誕生させたがるのは、「第二のギャル曽根」のような存在を増やしたいからだと言われます。

「ルックルが良い女性タレントで、グルメリポートができて、大量に食べても太らない」

そんな使いやすいタレントを増やしたいのですね。

また、「大食い」ブームを作った元祖としてのプライドがテレビ東京にはあると言われます。

「面白い企画を立てて、ギャル曽根まで世に出した」というのが誇りなのでしょう。

ただ、そのギャル曽根さんも、「エネルギー吸収率が悪い病気ではないか」と指摘されています。

ギャル曽根さんの場合、摂食障害ではないらしいですが、

・食べても満腹感がない
・食べたらすぐトイレで排泄してしまう

という症状が確認されており、やはり厳密には健康ではないのでは、との指摘があるのです。

今回新女王を目指す池田有加さんが健康かどうかは不明ですが、「大食い対決」には見直すべき点があるのかも知れません。

池田有加と大食いの闇 まとめ

というわけで池田有加さんと、大食い対決の闇の部分についてでした。

・池田有加の詳細情報は公表されていない
・カレー37人分近くを食べられる人らしい
・「大食い王」は摂食障害の人の番組では?との指摘が増えている
・実際、過食嘔吐や栄養吸収の異常の人が確認されている
・それでもテレビ東京は新グルメタレントの発掘をしている
・「元祖大食い番組」のプライドもあり、テレビ局側は大食い王を続けたいらしい

ということですね。

影の面も見えてきましたが、美味しくご飯を食べる番組自体は素晴らしいものです。

健康に楽しめる範囲で、食に関しての番組は継続して欲しいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です