オルダ水中洞窟の場所や地図は?生物の存在と事故や遭難も

スポンサーリンク

オルダ水中洞窟をご存知でしょうか?

オルダ水中洞窟は、ロシアに存在する洞窟で、「世界一美しい」とも言われる洞窟です。

5キロもの巨大な洞窟で、中は透明度の高い水で神秘的に満たされています。

ダイバーが深さ200メートルもの水中に潜っていくと、重力の感覚すらなくなり、上も下もない異空間にいるような感覚になると言います。

テレビで特集されたのを期に、「オルダ水中洞窟の場所は?」「行ってみたけど地図はある?」「生物はいるの?」「事故とか遭難しない?」と気になっている人が増えているようです。

そこでこの記事では、オルダ水中洞窟について調べてみました。

オルダ水中洞窟の場所や地図は?

オルダ水中洞窟の場所や地図

「3億年前からの自然の変化の積み重ねでできた、奇跡の場所」

そんなふうに紹介されると、オルダ水中洞窟に行ってみたくなり、場所が気になった人も多いでしょう。

オルダ水中洞窟の場所は、ロシアの西の方にあります。
ウラル地域のウラル山脈のふもとにあり、地図で言えば以下の場所が該当します。

ただし、地図があるからと行って素人が気軽に行ける場所ではありません。

事故や遭難が多く、ダイビングの上級者でも、オルダ水中洞窟に入る前には特別な訓練をするそうです。

・水中で岩にロープを結ぶ
・目隠しでも水中を移動できるようになる
・空気残量を考慮して行動して帰る

など、様々な課題をクリアして、正式なライセンスを取得する必要があるので、練習なしに行っても近づくことができません。

オルダ水中洞窟の生物

オルダ水中洞窟の生物

「オルダ水中洞窟には、生物はいるの?」と疑問に思っている人もいるようですね。

ズバリ答えをいうと、オルダ水中洞窟には、生物がいません。

「石と水だけの空間」などと言われることもあるくらいの静謐な場所だといいます。

なぜ生物がいないのかと言うと、以下のような理由があります。

・光が届かないので、植物が育たない
・植物がないので、植物を食べる無視も育たない
・気温も水温も低く、生命が育つ環境に適さない

世界の洞窟には、生き物がいる場所も存在はします。
コウモリや虫、カニや植物が生息するようなスポットも多いですよね。

ただそれは、太陽光が届く場所や温かい場所です。

オルダ水中洞窟の地域は、気温がマイナス40度にまでなりますし、水の深さは200メートルにも達します。

普通の生物が存在できる洞窟ではないのです。

そんな「命のない場所」に人間は人工的な装備を駆使して、入って行きます。

「危なくないの?」と気になるところですよね。

洞窟での事故や遭難は?

洞窟でのカメラマンの事故

そんな美しいオルダ水中洞窟ですが、事故が起きることはないのでしょうか?

結論から言えば、オルダ水中洞窟で遭難者が続出しています。

・ドクロマーク
・注意書きや警告文
・進入禁止の看板

といったものが、洞窟内には貼られています。

洞窟でのカメラマンの事故と警告文

・止まれ!
・この洞窟で300人が亡くなっている

という注意文が、実際に立っているそうです。

素人が気軽に入ることができる場所ではありません。

オルダ水中洞窟に限らず、絶景と言われる水中洞窟は、非常に事故も起きやすい場所です。

例えば、日本では「神の泉」と言われる忍野八海で取材していたカメラマンが、1987年に亡くなっています。

洞窟は暗く、狭い場所や、身体が引っかかりやすい岩がある所もありますから、迷ったり浮上できなくなっても、助けは呼べません。

とくに、オルダ水中洞窟はロシアにあるため、外の気温がマイナス40という極寒の世界。

現在公開されている映像を撮影したカメラマンも、潜水歴25年のベテランで、しかもフロリダでオルダ水中洞窟用の訓練を受けてから、潜水に挑んだといいます。

オルダ水中洞窟 まとめ

以上、オルダ水中洞窟についてでした。

ポイントをまとめると、

・オルダ水中洞窟の場所は、ロシアの西のウラル山脈のふもと(地図参照)
・寒く、光もないため、内部に生物は存在しない
・遭難は多発。事故で300人が亡くなっている危険地帯

ということですね。

白い石膏や神秘の世界は魅力的ですが、本来は「生命が存在できない環境」です。

装備とトレーニングを徹底して行かなければ、帰ることはできなくなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です