横川凱(かい) の身長や球種は?出身中学と家族の父や姉に母の噂も

スポンサーリンク

横川凱(かい)選手が、現在注目されています。

横川凱選手は、高校野球での大阪桐蔭の投手です。

精鋭揃いと言われる2017年の大阪桐蔭中でも、非常に活躍している方ですね。
実際に試合での活躍を見て「あの選手はなんという子!?」と思った方も増えているようです。

ネットでは「横川凱って身長高いけど何センチ?」「出身の中学はどこ?」「球種はどういうのが投げられる?」といった野球に関連した話題が増えています。

また「父や母はどんな人?」「姉がいるって?」という家族ネタまで興味を持つ方もいる模様。

そこでこの記事では、横川凱選手について調べてまとめてみました。

横川凱(かい)のwikiプロフィール

さて、まずは横川凱選手のプロフィールを見てみましょう。

横川凱選手は注目選手ではありますが、一般高校生なのでwikiがありません。

そこで、wikiのかわりになるように、基礎情報をここに掲載しておきますね。
横川凱(かい)のwikiプロフィール

名前 横川凱
名前の読み方 よこかわ かい
性別 男子
学年 2年(2017年現在)
ポジション 投手
身長 190センチ
体重 82キロ
出身 滋賀県米原市
所属高校 大阪桐蔭
出身中学 大東中学校
中学時代所属 湖北ボーイズ
投打 左投げ、左打ち
最高球速 144キロ
球種 ストレート、スライダー

現在2年生で、ちょうど活躍が期待される時期の横川凱選手。

「名前の読み方は?」と言われることもありますが、「横川凱」の読み方は「よこかわ かい」です。

では、もう少し詳しくプロフィール情報を見ていきます。

身長や球種は?

横川凱選手は、身長190センチという高校球児の中でも特に背の高い選手です。

球種はストレートとスライダー。

ストレートの方は、最高球速140キロ、通常130キロ台と、実は特別速いわけでもないのですが、キレがあるので体感では速く感じて打ちにくいと言われます。

このストレートのキレにも、190センチの身長が活かされているのです。
長身から投げ下ろすように投下されるので、上下の差が生まれてバッターから見ると、厳しい球になります。

一方、スライダーの方は、技術力と器用さも評価されています。

高速を維持した大きく曲がるスライダーも投げられるのですが、あえて速度を120キロ台まで落としてカットするようなスライダーも投げられます。

スポンサーリンク

出身中学は大東中学校で湖北ボーイズ所属

出身中学は大東中学校で湖北ボーイズ所属

そんな横川凱選手は、中学校は大東中学校が出身です。

小学校3年生から野球を継続してきた努力が活きて、中学3年生の夏にはNOMOジャパンでのアメリカ遠征も経験しています。

中学で所属していたのは、湖北ボーイズというチーム。
OBとしては、日本ハムにプロ入りした古澤勝吾選手がいます。

正直、さほど強いというほどでもなく、人数も1学年10数名のチームですが、中学時代から硬式での練習をしてきた経験は大きいでしょう。

家族の父や姉に母の噂

そんな横川凱選手には、どのような家族がいるのでしょうか?

野球球児もスポーツ選手ですから、メンタル面を支える家族関係は気になりますよね。

調べてみたところ、横川凱選手の家族構成は、以下のようになっています。

・父親
・母親
・姉

4人家族の2人目の子供として育っているのですね。

ご家族も横川凱選手の野球は応援してくれているといいます。

そもそも、横川凱選手の名前の「凱」は「凱旋」という熟語から取ってご両親が名付けたといいます。

「凱旋」とは「戦いに勝って帰る」という意味です。

生まれたときから、勝負の世界に入るために育てられたみたいですね。

ちなみに、お父様の身長は187センチ、母お母様が167センチ、お姉様が170センチと全員、平均より身長が高いのだといいます。

高身長で、勝負に生きる家族。素敵です。

横川凱 まとめ

というわけで、横川凱選手についてでした。

・身長は190センチ。背の高さを活かした投球をしている
・球種は「速くないが速く感じるストレート」と「器用なスライダー」
・中学時代は大東中学校で、湖北ボーイズというチーム所属。
・家族は全員、身長が高い
・ご両親は「戦いに勝って帰る【凱旋】」の意味で横川「凱」と名付けた

ということですね。

ちなみに、同じく大阪桐蔭に所属する根尾昂選手の記事はこちらです。

根尾昂(ねおあきら)の中学時代は?家族の兄は岐阜大学の医学部に?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です