野村ゆうき(野球・埼玉花咲徳栄)の身長や体重は?出身中学や投打も

スポンサーリンク

野村ゆうき選手が、高校野球で活躍しています。

野村ゆうきさんは、私立花咲徳栄高等学校の野球部の選手です。

観客席から見ても分かる「背の高い選手がいるな」というインパクト。

そして、確実に球を捉えて、遠くへ飛ばすバッティング能力。

関東地区を代表する高校野球選手の一人だと言えるでしょう。

「野村ゆうきってデカイけど身長や体重は?」「出身中学はどこなの?」「投打はどうなの?」と、興味を持つ観戦者が増えているようですね。

そこでこの記事では、野村ゆうきさんについて書いてみました。

野村ゆうき(野球・埼玉花咲徳栄)

名前 野村佑希
性別 男子
生まれ年 2000年
身長 185センチ
体重 85キロ
投打 右投げ右打ち
出身小学校 伊勢崎市立境西剛志小学校
出身中学校 伊勢崎市立境西中学校
所属高校 私立花咲徳栄高等学校

野村佑希選手は、才能の持ち主が多いと言われる「スーパーミレニアム世代」の一人です。

2000年生まれの学年で、花咲徳栄高校の4番になっています。

身長や体重は?

野村ゆうき選手の身長や体重はどれくらいなのかも、気になる人が多いようです。

結論から言えば、野村ゆうき選手は身長は185センチ。
体重は85キロです。

スポーツ選手の中でも長身な方ですよね。

観客席から見ても分かるくらい、身長の高さがあり、「大きいけど、何センチなんだろう?」と思ったという方の声も多くあります。

また、85キロという体重は長身を考慮すれば、少し痩せているくらいかも知れません。

「長身だから強いの?」と安易に思ってしまう人もいるようですが、それは違います。

野村ゆうき選手は、パワーでバットをぶん回すタイプではないのです。

よく球を見て、角度やタイミングを測り、テクニックを駆使してバッティングをしています。

そのため、パフォーマンスに無駄がなく、打球を飛ばして結果を出せるのです。

スポンサーリンク

野村佑希の出身中学や小学校

そんな野村ゆうき選手ですが、出身中学はどこなのでしょうか?

中学時代から実績があるのかも、気になるポイントですよね。

野村ゆうき選手は、小学校が伊勢崎市立境西剛志小学校、出身中学は伊勢崎市立境西中学校です。

中学時代は、「太田市リトルシニア」というチームに所属していた経歴があります。

特別強いチームというわけでもないようです。

ただ、少人数精鋭の指導で、高校で活躍できる生徒の育成はしているようです。

何より、他の高校野球で活躍中の選手もそうですが、、中学生の頃から硬式のチームでプレイし、練習を積んでいるのは大きいですよね

投打は?

では、野村ゆうき選手の投打はどうなのでしょう?

野村ゆうき選手は、右投げ右打ちです。

投げに関してはピッチャーではないので特筆されませんが、内野手としてもいい守備を見せてくれることがあります。

前述の中学時代に所属していた太田市リトルシニアは、「守備からのリズム」というスローガンを掲げています。

野村ゆうき選手も、その守備の技術は教え込まれているようです。

そして、野村ゆうき選手のバッティングは定評の通りです。

低めの球に強く、内角が飛んできても打つことができるスキルを持っています。

バッティングの際に、「やや上側から叩きつける」ように打つのが特徴です。

といっても、ただ上から殴るだけではなく、球がバットに当たったタイミングから、バットを下に回り込ませて、すくうように飛ばすワザも使っています。

「神がかっている」とも言われる技術です。

だからこそ、2年生にして花咲徳栄の4番になってのでしょう。

野村佑希 まとめ

というわけで、野村ゆうき選手についてでした。

・野村ゆうきは、2000年生まれの高校野球選手。
・身長は185センチ。体重は85キロ
・出身小学校は、伊勢崎市立境西剛志小学校
・出身中学は、は伊勢崎市立境西中学校
・中学時代は太田市リトルシニアで練習していた
・投打は右投げ右打ち
・高いバッティング技術で花咲徳栄の4番に

ポイントをまとめると、以上のようになりますね。

長身という持って生まれた力と、訓練で鍛え上げた打撃スキルを使いこなす野村ゆうき選手。

4番ということで、「ここぞ」というタイミングのバッティングによって、高校野球を盛り上げてくれそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です