かまどさん(土鍋)の炊き方や口コミ・感想は?味の比較と失敗例

スポンサーリンク

土鍋の「かまどさん」が注目されています。

長谷製陶株式会社が、発売して以来、土鍋にしては驚異の75万台売れているのです。

人気の理由は、火加減を調節しなくても、美味しいご飯が炊けること。一般的にな日本の過程では、ご飯を炊く時は炊飯器を使うもの。土鍋は一部の料理マニアが使うイメージです。

ところが、一度かまどさんを使うと「もう炊飯器を使うきにはなれない」と利用者は言います。

毎日のご飯の習慣を変えてしまうのだから、驚くべきことです。

そこで今回は、かまどさんについてまとめてみました。炊き方や口コミ、感想はもちろん、味や失敗例についても調べてみる次第です。

かまどさん(土鍋)とは?

かまどさん(土鍋)の炊き方や口コミ・感想は?味の比較と失敗例も

さて、そもそもかまどさんとは、どういう製品なのでしょうか。

かまどさんは、180年以上の歴史を持つ会社が販売している土鍋です。伊賀焼で有名な、窯元・長谷園が作っています。

・琵琶湖層という400万年前の土を使っている
・熟練の職人が丁寧に削り、火に当たる面のサイズを工夫して作る
・手作業でうわぐすりを塗る

といった、まさに伝統の方法で作られたような、本格的な土鍋なのです。

こう書くと、一般人には使われなさそうな土鍋のようですよね。

しかし、これが現在、主婦の間で大人気。ふきこぼれしない、火の調節をしなくてもいい、美味しいご飯が炊けると口コミで評判になっています。

スポンサーリンク

かまどさんの炊き方

では、かまどさんを使ったご飯の炊き方は、どのような方法なのでしょうか?

炊き方に関しては、以下のYouTubeの動画で公式解説されています。

↑4分57秒の動画です。
再生してみると、分かりやすく理解できると思います。

かまどさんの口コミ・感想は?

さて、そんなかまどさんの口コミや感想はどうなのでしょうか?

基本的には肯定的な口コミが多いです。

・粘つかない。ふっくっら炊き上がる。
・火の調節がいらないので料理下手でも使えた
・おこげも作れる
・短時間で炊ける。(※白米三合なら中強火で約13分・蒸らし20分)
・ふきこぼれが起きない

という感想がありますね。

一方で、否定的な口コミもあります。

・炊飯器よりはやはり手間がかかる
・本格的な釜に比べると美味しくない
・重たく、壊れやすい
・タイマーが使えないのが不便

これは、ある意味当然の感想でしょう。かまどさんは、「炊飯器よりも美味しいご飯を、普通のガスコンロで炊ける」のが特徴です。

だからこそ、炊飯器と比較すると、どうしても手間はかかります。また、逆に伝統的で本格的なかまどを使ったご飯と比較するものよくありません。あくまで「普通のご自宅でできる」製品です。料理人のような環境には負ける部分もあるでしょう。

こうした長所と短所を理解して使っている人は、かなり絶賛していますね。

失敗例は?

かまどさん(土鍋)の炊き方や口コミ・感想は?味の比較と失敗例も

かまどさんの利用で失敗することはないのかも気になりますよね。

利用者の失敗で多いのは「時間を間違えること」が多いです。というのも、電気炊飯器は、時間予約ができます。放置していても良いタイミングで炊き上げるわけです。

一方、かまどさんはコンロを使います。なので時間を測り間違えたり、うっかり火を止め忘れるといけません。固くなったり、コゲてしまいます。

とはいえ、昔のかまどのようにシビアな調節はいらない製品です。タイマーなどだけ使っておけば、派手に失敗することはないでしょう。

味の比較

そんな炊飯器よりは一手間かかるかまどさんですが、味の違いは分かるのかも知りたい所ですよね。

利用者は

・炊飯器より、ふっくらしているのが分かる
・ご飯につやがある
・甘くておいしいごはんになる
・冷めてもおいしく感じる

と、明らかな味の違いを感じているようですね。

まとめ

ということで、かまどさんについてでした。

ポイントをまとめると、

・かまどさんとは、簡単にご飯を美味しく炊ける土鍋
・炊き方は簡単で料理下手でもできる
・「一度使うと炊飯器には戻れない」という口コミ多数
・「思った以上に使いやすい」という感想が多数
・時間調節できない人の失敗例はある
・味は素人でも明らかにおいしく感じる

という感じですね。

すべて完璧というわけではないですが、この点を踏まえて使ってみると、毎日のご飯が豊かになるでしょう。

かまどさんを作っているのは、歴史の教科書にも載っている千利休の茶碗などを作っていた長谷園です。その伝統の技術が庶民にも使いやすい製品になっているのは、すばらしいことですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です