アリス紗良オットの年収や彼氏との結婚は?父親と母親や妹の噂

スポンサーリンク

人気のピアニスト、アリス=紗良・オットさん。

ドイツを中心に活動しており、ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを取ったり、アルバムがiTunesで世界1位になったり、文字通り世界的に評価されています。

テレビドキュメンタリーの出演をキッカケに、「アリス紗良オットってどんな人?」「年収はどれくらいなの?」と興味を持つ人も増加中。

また、「彼氏はいる?」「結婚は?」父親と母親はどんな人?」「妹もいるの?」と間関係面に興味を持つ人もいるようです。

そこでこの記事では、アリス紗良オットさんについて、調べてみました。

アリス紗良オットのプロフィール

アリス紗良オットのプロフィール
名前 アリス=紗良・オット
名前の読み方 ありす さら おっと
性別 女性
生年月日・年齢 1988年8月生まれ・28歳
出身 ドイツのミュンヘン
人種 ドイツと日本のハーフ
職業 ピアニスト

アリス紗良オットさんは、日本人とドイツ人のハーフです。

1988年8月生まれで、2017年現在の年齢は28歳。

ピアノをはじめたのは、3歳の頃にピアノの演奏会に行ったのがキッカケだそうです。

お母様が音大出身で、音楽は身近にある環境だったのですね。

しかし、お母様がピアニストにしようと教育したわけではないといいます。

むしろ、お母様は「どうせ続かない」「ピアニストの道は厳しい」と音楽の世界を知っているからこそ、最初はあまりピアノをさせたくなかったらしいのです。

それでも、幼いアリス紗良オットさんが毎日のように「ピアノがやりたい」とせがんだため、レッスンをしてみることとなりました。

結果、小学生の頃からドイツの音楽コンクールで優勝する腕前に上達。

その後、実力を磨いていき、18歳の頃にはピアニストとして知られるようになります。

有名になったのは、ルーフフェスティバルという演奏会。

ピアニストが病気になり、急遽代理のピアニストが必要になった際に、アリス紗良オットさんがかわりに弾いたのです。

荒削りであるものの、自分らしさを強くだした演奏で、一躍ファンがつく人気ピアニストになったのでした。

現在でも、アリス紗良オットさんは「技術的には未熟な部分がある」と批評されることがあります。

それでも、靴を脱いで裸足で演奏し、オリジナリティのある独自の音色を奏でる唯一性で評価されています。

家族の父親や母親に妹は

アリスの家族の父親や母親

そんなアリス紗良オットさんのご家族はどのような方がいるのでしょうか?

調べてみたところ、アリス紗良オットさんは、以下のような家族構成になっています。

母:梅山道子
父:ライナー・オット
妹:モナ・飛鳥・オット

母親が日本人の梅山道子さんで、父親がドイツ人のライナーさん。
また、3歳下の妹のモナ・飛鳥・オットさんもピアニストをしています。

では、アリス紗良オットさんがどのように生まれ、どのような家族の中で育ったのか、見ていきましょう。

母親と父親の出会いと結婚

まず、ご両親の出会いは、日本のドイツ語学校だったそうです。

梅山道子さんは、当時、大学でドイツ語を習っていました。

そのため、工科大にいたライナーさんと課外授業を通して仲良くなったのだといいます。

ただ、最初から意見が合っていたわけではありません。

むしろ「討論会で戦争に対する考え方が違った」というお互いのズレがキッカケになり、意見をぶつけあったいるうちに交際するような関係になったそうです。

そして、結婚して2人はドイツへ。

アリス紗良オットの母親と父親

梅山道子さんは、異国で人種差別を受けることもあったそうですが、ライナーさんはそれを守ってきたといいます。

この優しさと力強さが、アリス紗良オットさんを育てたのですね。

モナ・飛鳥・オット

モナ・飛鳥・オット

アリス紗良オットさんの妹のモナ・飛鳥・オットさんも有名人です。

お姉さんのアリスさんがピアノを弾いていたのに影響され、2歳の頃から演奏をはじめたそうです。

4歳で舞台に立ち、数々のコンクールで優勝しています。

グロートリアン・シュタインヴェーク国際コンクール第1位
EPTA欧州ピアノ教育者連盟国際コンクール第1位

など、世界的な評価を得ていますね。

現在は、ヴュルツブルク国立音楽大学のベルント・グレムザーさんに習いながら、ピアニストとして活動をしています。

アリス紗良オットの年収は?

アリス紗良オットの年収

さて、アリス紗良オットさんの年収はどれくらいなのでしょうか?

世界中で演奏されている方プロの演奏家です。
「さぞかし高収入なんだろう」「億万長者なのかな?」というイメージがありますよね。

ただ、調べてみたところ、さほど高収入というわけでもないようです。

アリス紗良オットさんがズバリ年収を公表していたりはしないのですが、ピアニストや音楽家の年収の相場は低いです。

日本人のクラシック音楽家の場合、演奏での収入が1000万円以上あるのは、日本全国でたったの30人程度。

「え、お金持ちそうな人いるけど?」と思うかも知れません。

ただ、音楽業界のお金持ちは、プロデューサーや音楽業界のマーケティング業、音楽教室の講師など、演奏以外で稼いでいる人なのです。

そちらと兼任すると高収入になるのですが、ただ弾いているだけでは会社員よりも収入は低いくらいです。

もちろん、アリス紗良オットさんは大人気のピアニスト。

大きな演奏会なら100万円以上もらえるでしょうから、それが年間数回あれば、十分な収入もあります。

演奏家には珍しく、1000万円を越えられそうです。

とはいえ、クラシックや配信やCDもさほど売れません。

それ以外の収入が少ないので、大金持ちとはいかないようです。

ドキュメンタリー番組でも小さめの部屋で、自分で家事をやったりと、庶民的な生活をされていますね。

アリス紗良オットの生活

スポンサーリンク

彼氏や結婚の噂

彼氏や結婚

さて、そんなアリス紗良オットさんの恋愛事情はどうなっているのでしょうか?

彼氏や結婚について調べてみました。

結論から言えば、結婚はしていません。
彼氏の明確な情報も公表されてはいない状態です。

ただ、現在28歳ですから、そろそろ結婚を考える年齢ではあります。

ルクセンブルクのピアニスト、フランチェスコ・トリスターノ・シュリメさんとは交流があるようで、彼氏疑惑が少しだけあるようです。

フランチェスコさんとアリスさんは、共同でCDを出しています。

そのCDタイトルは「スキャンダル」。

熱愛スキャンダルを思わせる名称で、彼氏であることを暗に語っているのでは、との指摘もされています。

今後、結婚報道などがあるのでしょうか。

アリス紗良オット まとめ

というわけで、アリス紗良オットさんについてでした。

・アリス紗良オットは、1988年8月生まれのピアニスト
・母親はピアノに反対していたが、どうしてもピアノをやりたがってプロになった
・母親は日本人の梅山道子。父親はドイツ人のライナー・オット
・両親は、ドイツ語の授業での戦争討論がキッカケで交際開始
・妹のモナ・飛鳥・オットもピアニスト
・ピアニストの年収はさほど高くもない
・結婚報道はないが、男性アーティストとのコラボで彼氏疑惑あり

ということですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です