ラジオ体操のレゲエ動画で増渕朱公が話題!画像や海外の反応は?

スポンサーリンク

ラジオ体操のレゲエ動画が話題になっています。

ラジオ体操と言えば、ご存知の通りNHKで放送されている体操です。

小中学校の体育や部活の時間に、毎回行う習慣があった人も多いのではないでしょうか。

そんな淡々と真顔で体操するイメージが強い「ラジオ体操」。
なんと「レゲエ版」が作られてネットと注目されています。

「動画が見たい」「作者の増渕朱公って誰?」「海外の反応は?」など、興味を持っている人が増加中です。

そこでこの記事では、ラジオ体操レゲエ版について、調べてまとめてみました。

そもそもラジオ体操とは?

ラジオ体操とは

さて、ラジオ体操レゲエ版が騒がれています。が、そもそも「ラジオ体操」とは何なのでしょうか?

「考えてみると、ラジオ体操ってどういうものか知らないな」という人も多いですよね。

筆者の私も知らなかったのですが、ラジオ体操は、元々以下のような目的と経緯で放送されたそうです。

・国民に体力向上と健康促進のために作られた
・1922年頃から、アメリカやドイツでも放送された
・昔は伴奏がなかった
・現在の体操は、アメリカの保険会社が考えた動きに近い
・昭和天皇の即位を祝って放送がスタート

思った以上に古くから歴史のある体操なのですね。

「終戦頃からはじまったのかな?」というイメージを持っていたのですが、違いました。

第二次世界大戦が始まるよりも、さらに昔からあった体操なのですね。
そろそろ100年の歴史が経ちます。

(アメリカと戦争をする前だからこそ、アメリカから渡ってきた体操が元になっています。)

そもそもレゲエとは?

レゲエとは

一方、「ラジオ体操レゲエ版」が注目されているのですが、「レゲエ」とは何かご存知ですか?

調べてみたところ、以下のような基本情報が分かりました。

・レゲエはジャマイカ発祥のダンス
・元々はジャマイカの音楽全般が「レゲエ」だった

・今の「レゲエ」は1970年頃に世界的に広まった
・偶数拍のリズムが特徴
・ドラムやベース、キーボード、ギターホーンセクションなどを使う
・歌詞にメッセージ性が強いことが多い

なんだかピンと来ない説明かも知れません。

どうやら、そもそもは「ジャマイの音楽全般」が「レゲエ」と呼ばれていたようです。

にも関わらず、「偶数の拍のリズムがあるのがレゲエ」「こういう伴奏があるのがレゲエ」という一般的なイメージができてしまったわけです。

なので「音楽用語の定義」としての【レゲエ】と、一般的に使われる「レゲエ」にズレがあり、もはやよく分からない言葉になっている模様。

とはいえ、ダンスとしては、

・みんなで同じ動きをする
・同じ動きを繰り返す

という特徴があると言います。

この特徴が、ラジオ体操レゲエ版にマッチしたと言われています。

ラジオ体操のレゲエ動画が話題!

こうした歴史のある「ラジオ体操」と、「レゲエ」を結びつけて、現在ネットで話題の「ラジオ体操レゲエ版」ができたわけですね。

レゲエの「リズム」「みんなで同じ動きをする」「同じ動きを繰り返す」という特徴。

これはまさに、「ラジオ体操」そのものです。

さらに、ラジオ体操は日本人なら知っています。元が海外の体操ですから、国外でも受入れられやすいですよね。

そのラジオ体操のレゲエYouTube動画が、こちらです。

この動画だけでも6万再生されています。

拡散されたキッカケは女優やモデルをしている西山茉希さん。彼女がTwitterで呟いたからだそうです。

スポンサーリンク

作者は増渕朱公【画像】

作者は増渕朱公【画像】

ラジオ体操レゲエ版を考え、動画を投稿していった作者は、増渕朱公さんです。

(動画や画像の顔が、「狩野英孝に似てる」とネットで言われてました。笑)

増渕朱公さんは、映像制作会社で働きながら、ダンスをしている男性です。

大学時代にレゲエが好きになってから、「どうやったらレゲエが広まるか?」と考えた結果ラジオ体操に行き着いたといいます。

ラジオ体操のリズムなら、みんなすぐに踊れるため、レゲエの楽しさを知るにはピッタリのようです。

海外の反応は?

では、そんな「ラジオ体操レゲエ版の動画」の海外の反応はどうなのでしょうか?

まず、2017年現在、ラジオ体操は日本以外では全然知られていないようです。

元はドイツやアメリカでも行われていた体操ですが、それは90年以上昔。

残っているのは、日本だけです。

日本に来てラジオ体操を覚えた外国人は、

・「他の国でも流行ればいいのに」
・「健康になる。体が軽くなる」
・「覚えやすくて良かった」

と、結構好評なのですね。

レゲエ版の方は、ラジオ体操自体は知られていないので、海外では特別流行ってはいないようです。

ただ、2015年にスペインで「ラジオ体操レゲエ版」を披露したときの評判は上々。

400人が一緒に踊り、フェスの終了後も時々スペインで踊られているそうです。

踊っている人は「日本人が教えてくれた踊り」と思っているわけで「ラジオ体操」という意識はないかも知れませんが、親しみやすい動きなのは間違いないですね。

ラジオ体操のレゲエ動画 まとめ

以上、ラジオ体操のレゲエ動画についてでした。

要点をまとめると、

・ラジオ体操は、100年ほど前にアメリカやドイツで健康促進のために作られた体操
・昭和天皇即位を記念して広まった日本だけ、ラジオ体操が現在でも続いている
・レゲエとは、元々はジャマイカ発祥の音楽全般を指す言葉
・レゲエといえば、「独特のリズム」「みんなで同じ動き」「同じの繰り返し」が特徴
・映像制作会社勤務の増渕朱公さんが、レゲエとラジオ体操を結びつけて話題に
・海外では、ラジオ体操はもう知られていない
・ラジオ体操レゲエ版はスペインでも好評

ということですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です