橘田恵(きっためぐみ)監督の女子野球の経歴は?結婚や高校に大学も

スポンサーリンク

橘田恵(きっためぐみ)監督が、女子野球で注目されています。

橘田恵監督は、2017年5月29日に女子野球の監督に就任した方です。

「え? 女の人が監督なの?」と驚いた人も多いのではないでしょうか。

女性が監督になるのは、実は日本では初めてです。

女子野球だけではなく、「侍ジャパン」と呼ばれる日本の野球代表全体で、監督は今までずっと男性でした。

ネットでは「橘田恵監督の経歴が知りたい」「出身の高校や大学はどこ?」「結婚してるの?」と興味を持っている人が増えているようです。

そこでこの記事では、橘田恵監督について、現在公開されている情報をまとめてみます。

橘田恵(きっためぐみ)監督のプロフィール

さて、まずは橘田恵監督の基本的なプロフィールをみてみましょう。

橘田恵(きっためぐみ)監督のプロフィール
名前 橘田恵
名前の読み方 きっためぐみ
性別 男子
生年月日・年齢 1983年1月5日・34歳
出身高校 兵庫県立小野高等学校
出身大学 仙台大学
出身地 兵庫県

橘田恵監督は、1983年1月5日生まれの女性です。

出身は兵庫県で、年齢は、2017年現在34歳。

痩せていて整った顔立ちですが、ボーイッシュなショートカットと、男勝りな動作が印象的です。

「美人」よいうより「イケメン」といいたくなる容姿だと言えます。

女子野球の経歴は?

そんな橘田恵監督の経歴は、どのようなものかみていきましょう。

橘田恵監督は、小学校1年生から女子野球チームに在籍していました。

小学校高学年では、軟式の大会で2年連続全国優勝。

中学校では、ソフトボールをやりながら、軟式野球を継続しています。

女性は野球よりソフトボールの方が主流だからでしょうが、掛け持ちできる器用さもあったのですね。

高校で硬式野球にこだわる

高校は、兵庫県立小野高等学校に入学しています。

ソフトボールでは全日本代表チームの最終候補に選ばれていました。

しかし、こだわった部活は、「硬式野球部」。

男子が行う硬式野球をしたがったのです。

ただ、残念ながら、当時は女子は野球の公式大会に出場できない決まりがありました。

そのため、「練習だけ」を男子野球部と一緒に行っていたといいます。

スポンサーリンク

大学とその後の選手時代

大学とその後の選手時代

そこまでしてでも硬式野球をやりたがった橘田恵さんは、仙台大学に進学しました。

といっても、大学でも女子の野球部員はマイナーな存在。
選手になれるかは分かりませんでした。

しかし、橘田恵さんは努力を続け、ついに大学で仙台大学で初めての女性選手になります。
満を持して、公式戦に登場したのです。

選手としては「盗塁」が得意で、しっかりチームの得点に貢献したそうです。

頭脳を使ったプレイが得意だったようで、この気質は現在の監督にも向いているでしょうね。

ところが、2004年からは、仙台大学の野球部をまさかの引退。

何をしたのかと言えば、なんと、オーストラリアに行き、オーストラリア野球の選手になったのです。

「外国に行って上手くいくの?」と世間では言われたようです。

が、なんとオーストラリアでは大活躍。

「世界最高峰」と名高い全オーストラリア大会に全試合参加。

打率は驚異の6割。MVBに表彰。

とんでもない経歴ですね。

その後、橘田恵さんは、2006年に埼玉県花咲徳栄高等学校で、硬式野球部のコーチになりました。

「自分が高校の頃、満足に野球ができなかった」という悔しさがあるからこそ、女子野球に情熱があるようです。

一応、職業としては保健体育の教師になりました。

それでもクラブチームで選手も続け、大学野球のコーチや、様々な野球連盟の委員などにもなっていきます。

そして、2017年に女子日本代表の監督に。
指導力が期待されていますね。

結婚はしてる?

そんな橘田恵監督は、結婚しているのでしょうか?

年齢は2017年で34歳。
夫がいたり、子供がいてもおかしくないですよね。

ただ、ネットで調べても結婚に関する公式情報は一切出てきません。

SNSなどでも「結婚してないのかな?」と呟いている人がいる程度ですね。

wikiや侍ジャパンの情報サイトにも、結婚について書かれていませんから、どうやら独身のようですね。

とはいえ、彼氏はいるかも知れません。

野球の業界にいれば男性と知り合う機会はあるでしょうし、性格的にも度胸があるはずです。

本気で結婚したい相手がいれば、ぶつかっていくイメージがありますね。

橘田恵監督 まとめ

ということで、橘田恵監督についてでした。

あらためて、要点を整理します。

・橘田恵(きっためぐみ)は、1983年1月5日生まれの女子野球監督
・日本初の女子野球の女性監督として話題になっている
・野球での日本代表監督としても、女性監督は初めて

・出身高校は、兵庫県立小野高等学校
・出身大学は、仙台大学

・女子野球時代は、盗塁王として点数を稼ぎ、チームに貢献
・オーストラリア選手時代は、打率6割

・結婚や夫の情報はなし。結婚していないらしい。

ということですね。

女性だからこそ、女子野球選手の心理を理解している面は大きいでしょう。

これまで注目されていなかった日本の女子野球が、盛り上がっていくかも知れません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です