健康・ダイエット

金芽米の白米や玄米との違いを比較!アトピーや痩せる効果は?

金芽米が話題になっています。

金芽米とは、普通の白米とは違うお米の一種です。

「また何か新しい商品で、ブームでも作ろうとしてる会社でもあるの?」と思ってしまいがちですが、金芽米は実際に全く新しい製法のお米のようです。

では、一体どのようなお米なのか?

「金芽米の、白米や玄米との違いは何?」「アトピーにもいいって本当?」「痩せるダイエット効果もあるの?」と興味を持っている人も多いようですね。

そこで今回は、金芽米の他のお米との違いを比較し、効果や効能についてもまとめてみます。

スポンサーリンク

金芽米とは?

金芽米とは

さて、そもそも金芽米とは何なのでしょうか?

金芽米とは、胚芽の食べにくい部分を取り除きつつも、胚芽の下の部分だけ付けたままにしたお米です。

この下の部分だけ付いた胚芽を「金芽」と呼びます。だから、金芽米と呼ばれるのですね。

また、亜糊粉層という部分が付いているのも特徴です。

亜糊粉層は、うま味や甘味のでる部分です。
しかし、普通の白米では精米する時に取れてしまっていました。
その点、金芽米は、亜糊粉層を残した状態で食べられるのです。

つまり、金芽米とは金芽がついているおかげで栄養価が高く、亜糊粉層があるので甘味やうまみもある、素晴らしいお米ということです。

金芽米の白米や玄米との違いを比較!

「金芽米がなんかすごそうなのは分かったけど、白米や玄米とはどう違うの?」と思うかも知れません。

他のお米との違いを整理してみましょう。

栄養と美味しさを分類すると、以下のようになります。

[aside normal”]栄養と美味しさ

栄養・・・玄米>胚芽米>金芽米>白米
おいしさ・・・金芽米>白米>胚芽米>玄米[/aside]

金芽米も完璧ということではなく、単純な栄養だけなら玄米や胚芽米の方が上です。

ただ、美味しさのレベルが最も高いのが金芽米なのですね。
白米以上に美味しいわけですから、健康に関係なくグルメな人にめオススメだと言えます。

では、それぞれの違いを、もう少し詳しくみていきましょう。

白米とは?

そもそも白米とは、ヌカも胚芽も取り除いて、食べやすくしたお米です。

このようにヌカと胚芽を取ってしまう作業を「精米」といいます。

精米されたお米が、白米というわけですね。

精米すると美味しく食べられるようになるのですが、実はヌカや胚芽は栄養が多い部分です。

ですから、白米は美味しさのために栄養価を減らしてしまった食べ方でもあります。

玄米と他の米の違い

一方、玄米とは、精米はせずに、もみがらを外しただけでのお米です。

もちろん、ヌカがついたまま。
そのため、ビタミンやミネラルなどの栄養はたっぷりついています。

しかし、デメリットとして食感は硬くてボソボソです。

最近は美味しく食べる炊き方や調理法も増えていますが、基本的に美味しいものとは言われません。
栄養を重視した食べ方なのは、間違いありません。

胚芽米と他の米の違い

胚芽米は、玄米と白米の中間のお米です。

玄米の胚芽を8割残したもので、玄米よりも食べやすいです。

また、味も白米に近く、炊き方も白米と同じになっています。

いいとこ取りした金芽米

こうして比較すると分かるように、金芽米は胚芽の一部をつけて、亜糊粉層も残しつつ、食べにくい部分を取ったお米なのですね。

いいところだけを取っていると言えます。

アトピーにも効果が?

そんな金芽米は、アトピーにも効果があると言われています。

理由は、LPSという成分が含まれているためです。

LPSは糖脂質「リポ・ポリ・サッカライド」の略で、取り続ければ2~3ヶ月でアトピー症状が改善されると期待されています。

そもそも、アトピーなどのアレルギーは、人の身体の免疫が暴走したようなものなのですが、LPSが体内に入ると暴走が治まり、ちょうどよいバランスになるのです。

ただ、金芽米だけでアトピーが完全に治るかは分からないのですが、実際に効果があったという声はあります。

痩せるダイエット効果は?

金芽米は「痩せる」とか「ダイエットにもいい」と言われますが、本当なのでしょうか?

結論から言えば、多少はダイエットに使えるようですね。

というのも、1粒のカロリー自体は実はさほど変わらないのです。

「じゃあ意味ないじゃないか」と思ってしまいそうですが、金芽米は、ボリュームたっぷりに炊ける特徴があります。

水を吸うので、白米より14%くらい膨らんで炊き上がるのです。

ということは、同じくらいお茶碗に入れても、実は白米より14%少ないカロリーになります。

結果的に、痩せる効果もあることはありますね。

金芽米 まとめ

というわけで、金芽米についてでした。

・金芽米とは、金芽(胚芽の一部)と亜糊粉層を残した米。
・栄養価の高さと美味しさの両立をしている
・玄米や胚芽米の方が栄養価は高いが、美味しさが違う
・LPSという成分があり、アトピーへの効果が期待される
・白米より14%膨らんで炊けるので、カロリーが減り、痩せる効果もある

ということですね。

スポンサーリンク