健康・ダイエット

おむすびダイエットの具や方法は?糖質だけど痩せる効果って本当?

好き勝手食べて痩せたい
と、思う人は多いでしょう。

現在流行っている「おむすびダイエット」も、2010年頃からじわじわ浸透している「食べていいダイエット」の1つ。

多くの人が「おむすびなら、安いし、けっこう美味しい」「ダイエットになるならいいかも」と、期待し、実践しているようです。

が、しかし。

調べてみたところ、「おむすびダイエット」は案外厳しいダイエットのようでした。
世間では「体質改善できる」というも広まってしまっている模様。

一体どういうことなのか?

この記事では「おむすびダイエット」の基本を説明しつつ、オススメの具や、痩せる効果の真実についてまとめてみました。

スポンサーリンク

おむすびダイエットとは?

おむすびダイエットとは

さて、「おむすびダイエット」とは、一体何なのでしょうか?

おむすびダイエットは、文字通りおむすびを食べるダイエットです。

[aside normal”]

・お金をかけずに、安くできる
・食べながら痩せられる
・短期間でできる[/aside]

といったメリットで紹介され、小さなブームを作っています。

音楽業界で有名なつんくさんや、EXILEメンバーの実践報告で、有名になっています。

2017年もTBSの「林先生が驚く初耳学」などで紹介されて、知名度を上げています。

効果は本当だけどキツイ

「おむすびダイエットは効果があるのか?」

気になったので、様々なネットのサイトを50サイト以上読んで、メリット・デメリットを調べてみました。

筆者によって、若干言っていることは違うのですが、私なりに結論は出ました。

おむすびダイエットは、痩せる効果はあります
が、かなりキツイです。

というのも、「おむすびダイエット」のルールは、以下のようなものです。

[aside normal”]

・1日3食を、冷えたおむすびにする
・サラダや味噌汁を一緒に食べる
・飲み物は、水かお茶
・肉・魚や油は禁止
・おむすび以外の炭水化物は禁止
・お菓子も禁止[/aside]

上記のルールを見れば分かると思います。

肉も油もお菓子も禁止したら、そりゃ痩せるよね!」って話です。

おむすびは、炭水化物ではありますが、カロリーで言えば1つ200キロカロリー程度。

5個食べても1000キロカロリーですから、案外低カロリーです。

で、一緒に食べていいのは味噌汁やサラダだけです。それ以上カロリーが上がるわけがありません。

この厳しい食生活をすれば、効果はあるでしょう。

糖質制限にも一応なる

「いや、カロリーより糖質の制限が大事って聞いたけど?」「おむすびはダメでしょ」という人もいるかも知れません。

糖質ダイエットは、数年前から流行ってますものね。

おむすびは糖質のカタマリです。
「糖質カット」「糖質制限」を気にしている人は、ダメだと感じるでしょう。

ただ、実は最近は「やっぱカロリーも計算しないと、糖質だけ削っても痩せなかった」という医学的データも増えてきました。

一時期「糖質だけ気にすればOK」って説も出ましたが、それほど単純ではなかったみたいです。

なので、「おむすびダイエット」に効果があってもおかしくはありません。

また、おむすび自体は確かに糖質ですが、「おむすびダイエット」の場合はお菓子もジュースも禁止です。

結果的には、トータルでは糖質も少なめになる方法なのです。

つまり何が言いたいかというと、

[aside normal”]

・おむすびは糖質だけど、カロリーが減っているから痩せる
・しかも「おむすびダイエット」はおかずやお菓子が禁止。糖質も意外にとらない[/aside]

という2つの理由により、カロリーダイエットとして見ても、糖質ダイエットとしても、痩せられるのです。

良くも悪くも、それだけです。

「おむすびで体質改善できる」などの噂は、嘘にらしいです。

レジスタントスターチの体質改善は嘘

「おむすびで体質改善ができる」という噂もあります。

「冷えたおむすびは身体に吸収されにくいので、太りにくい」とか、「レジスタントスターチという太りにくい栄養素になる」とも言われています。

しかし、これはほぼ

たしかに、冷えたおむすびは、温かいご飯や肉に比べると吸収されにくいとされます。

が、これは100グラムにつき、1グラムとか2グラムとか、微量の話。

体型・体重に大きく影響する数字ではない事実が、科学的に分かっています。

こんなものでは、体質改善もしません。

「腸のはたらきを和らげる」「3週間で痩せる身体になる」と言っている人もいますが、具体的な数字や医学的なデータに乏しいですね。

ようは「おむすびダイエット」は、単に「肉やお菓子を禁止して、おむすびだけ食べてるんだから、痩せて当然」というダイエット方法なのです。

でも実践したい!おにぎりの具や方法は?

ここまで読んで「なんだ、おむすびダイエットってそんなもんか」とガッカリしたかも知れません。

ただ、何もしないよりは痩せるのは事実。

「おむすびが好き」という人は、少しの期間試してみてもいいでしょう。

おむすびダイエットに使える具は、以下のようなものがあります。

[aside normal”]

・梅干し
・おかか
・昆布
・高菜
・枝豆
・ごま塩[/aside]

「え、使える具ってこれだけ?」と思ったかも知れません。

別に、具に規則はないので、閃いた人は、他の具でもOKです。

ただし、「肉・油・魚」が禁止なのが「おむすびダイエット」。

鮭やたらこ、筋子やツナに天むすなどの人気の具は、アウトです。

「具は自由」と言っている人もいるのですが、具でカロリーが増えるとダイエット効果は当然下がります。

こんな生活を3週間するのは、キツイ気がしますね。

おむすびダイエット まとめ

ということで、おむすびダイエットについてでした。

ポイントをまとめてみます。

・おむすびダイエットとは、3食をおむすびにするダイエット方法
・3食をおむすびにして3週間過ごす。肉なども禁止。サラダや味噌汁は食べる。
・肉や油禁止なので、具は梅干しやおかかや昆布など。
・お米は糖質。ただ、おむすびだけの食事なら、低カロリーなので痩せる
・「痩せる体質になる」「冷たいおむすびが効果的」というのは、ガセネタに近い
・おむすびが大好きな人にはオススメ。一般的には、キツイ。

ということですね。

ガッカリした人も多いかも知れません。

おむすびばかり食べるくらいなら、カロリーや糖質を計算をしながら、肉や魚を食べる方法の方が、楽しめそうです。

スポンサーリンク