ドラマ・映画・漫画アニメ

向井理の祖母芦村朋子は中国人?出身経歴と画像やwikiをまとめ

「向井理の祖母の芦村朋子ってどんな人?」と気になっている人が多いようです。

理由は、2017年6月24日公開の映画「いつまた、君と~何日君再来~」の内容のモデルになった女性だからです。

映画のサブタイトルは「何日君再来」。

中国語っぽい副題なので、「芦村朋子は中国人なの?」「出身などのwikiの情報が読みたい」と思って調べている人も増えているようです。

そこでこの記事では、芦村朋子さんについて調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

「いつまた、君と~何日君再来」とは?

「いつまた、君と~何日君再来」とは

さて、それでは向井理の祖母・芦村朋子さんが注目されているのは、「いつまた、君と~何日君再来~」の内容のモデルになった実在する女性だからです。

では、そもそも「いつまた、君と~何日君再来」とはどういった映画なのか改めて整理してみましょう。

「いつまた、君と~何日君再来」は、俳優の向井理さんが企画した映画です。

向井理さんと言えば、『ハチミツとクローバー』『ゲゲゲの女房』などの出演で知られる有名俳優。

その向井理さんが自ら映画を企画ということで、その時点で話題になりました。

ネットでは「俳優の変な妄想が映画になってもつまらないんじゃない?」「脚本家じゃないのに、大丈夫?」なんて指摘も受けました。

が、「いつまた、君と~何日君再来」の中身は、向井理さんの妄想ではありません。

以下のような中身の「実話」だったのです。

[aside normal”]

・向井理には、芦村朋子という祖母がいた
・芦村朋子は、戦争中を含む厳しい時代を手記に残していた
・手記には中国での生活や、開戦と敗戦、戦後の苦労、商売の失敗や夫の他界が書かれていた
・その手記を、向井理は大学時代に読んだ
・家族と一緒に、芦村朋子の手記を自費出版しプレゼントした[/aside]

ドキュメンタリーになりそうなエピソードを、映画として構成して放映することにしたのですね。

制作にかかった時間は、なんと7年。

監督を「神様のカルテ」「白夜行」などの深川栄洋監督が務め、期待されています。

芦村朋子のwikiや経歴プロフィールは?

では、そんな「いつまた、君と~何日君再来」の重要人物の芦村朋子さんは、どのような女性なのでしょうか?

「wikiが読みたい」という人も多いようなのですが、残念ながら芦村朋子さんにはwikiがありません。

あくまで一般人だからです。

現時点で分かっているプロフィール情報をまとめると、以下のようになります。

向井理の祖母・芦村朋子のwikiやプロフィールと経歴
名前 芦村朋子
名前の読み方 あしむらともこ
性別 女性
出身 愛媛県
子供 3人

生年月日などプロフィールになりそうな情報は、正直あまり公表されていないようです。

ただ、以下のような経歴があることは、映画のイントロダクションから判明しています。

夫婦の苦労の歴史ですね。

[aside normal”]

・1940年頃、夫になる男性の吾郎と初めてデートした
・喫茶店では、歌手テレサ・テンの楽曲「何日君再来」がかかっていた
・吾郎は軍務で中国に行くので、朋子も中国へついていく

・1942年頃まで、南京や上海で生活していくが日本は敗戦
・土地や貯金もなくし、苦労する
・愛媛の朋子の家族と吾郎の人間関係もうまくいかなかった

・1947年頃から、朋子と吾郎は、中古車で運送業をはじめてが、失敗
・吾郎はタイル会社に勤めるが、入院や社員のお金の持ち逃げなどでまた職を無くす
・ところてん屋、かき氷屋、おでん屋などで生計を立てていく
・苦労しながら3人の子供が産まれる

・また仕事がなくなり、タイルの販売や製油所などで働く
・台風でまた仕事がなくなる
・それでも朋子と朋子は結婚してよかったと思う
・吾郎、47歳の若さで亡くなる
・朋子は実家の愛媛に戻る[/aside]

壮絶な生活ですね。

主に「仕事がない」と苦労している繰り返しです。

戦前は終身雇用などなかった時代。

終身雇用が崩壊した21世紀の日本と、実は近い部分があるのかも知れません。

出身やは中国人?画像や本の出版について

出身やは中国人?画像や本

さて、そんな向井理の祖母・芦村朋子さんは「中国人なの?」とネットで言われています。

が、経歴を見れば分かる通り、芦村朋子さんは日本人です。

[aside normal”]

・夫の軍務で中国で生活していた
・中国人歌手テレサ・テンの楽曲「何日君再来」が思い出の曲[/aside]

というふうに、中国に接点がありますが、生まれは愛媛県です。

芦村朋子さん本人の画像は公表されていないようですが、映画では尾野真千子さんと、野際陽子さんが演じました。

ちなみに、「手記は本として出版されないの?」と興味を持っている人もいるようですが、現状出版予定はないようです。

向井理さんが自費出版した、芦村朋子さんの手記自体は、あくまで個人的な内容。

読み物として完成度が高いわけでもないでしょう。

映画として実話を作品にできたので、手記が本になることは今後もないのではないでしょうか。

向井理の祖母・芦村朋子 まとめ

というわけで、向井理の祖母・芦村朋子さんについてでした。

・向井理の祖母・芦村朋子は、映画「いつまた、君と~何日君再来~」の内容のモデル
・芦村朋子の手記を、向井理が自費出版しプレゼントした実話を映画にした
・芦村朋子は、日本人。愛媛県出身。
・夫の軍務で中国へ行ったり、中国人歌手テレサ・テンの楽曲「何日君再来」が好き
・戦前から戦後の苦労をしてきた女性
・手記は出版予定はない模様

ということですね。

仕事がないと苦労しながら、幸せを見つけていく姿勢は、現代人にも共感される点が多いでしょう。

多くの人を勇気づける映画になりそうです。

スポンサーリンク