未分類・雑学

UMAのモスマンの捕獲情報は本当?目撃画像から実在や正体を検証

UMAのモスマンをご存知でしょうか?

モスマンは、アメリカのウェストバージニア州で目撃されているUMAです。

モスマンという呼び名の由来は、「モス=蛾」と「マン=人間」。

「蛾や蝶のように、羽の生えた人間」というニュアンスです。

もっとも「マン=人間」とはいっても腕はありませんし、喋ることもありません。

「じゃあ単にデカイ鳥なんじゃないの?」という気もしてきますね(笑)。

とはいえ、逆にリアリティがあって、実在しそうに思えます。

目撃の画像・写真も多数あるようです。

実際のところ、本当に存在するのでしょうか?
正体は何なのでしょうか?

調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

UMAのモスマンとは?

UMAのモスマンとは

さて、まずはモスマンの基本的な概要を見てみましょう。

名称 モスマン
別名 バード
存在 未確認生物
分類 鳥人・飛行系UMA
目撃国 アメリカ合衆国
目撃地域 ウェストバージニア州ポイント・プレザント
食べ物 不明
サイズ 2メートル

モスマンは、アメリカのウェストバージニア州ポイント・プレザントの地域で目撃されているUMAです。

最初に話題になったのは、1966年で、すでに50年以上昔になっています。

サイズは2メートルほど。

鳴き声は「キーキー」という感じだと言われています。

多数の目撃報告があり、当初は「バード」と呼ばれていました。

つまり単に「鳥」と言われていたのですが、マスコミが面白おかしく「モスマン」と名付けて広まっていきました。

捕獲情報や目撃画像は本当?

そんなモスマンを「捕獲した」「目撃した」という噂があるようです。

本当なのでしょうか?

捕獲はデマ

まず、捕獲の情報は嘘です。

もちろん、1966年から50年間にわたって都市伝説になっているUMAですから、捕獲しようとした人はいました。

好奇心のある若者たちや、ドキュメンタリー番組の関係者です。

2017年6月に放送の「世界がビビる夜」でも、原田龍二が捕獲を試みる企画があるようですね。

ただ、実際に捕獲されて経緯はありません。

モスマンの写真画像は合成?

モスマンの写真画像には、本物らしいものもあります。

ただし、ハッキリと映っている画像は、偽物です。

モスマンの画像写真

CG合成や作り物だということがわかっています。

モスマンの写真

一方、「空中に黒い影が映り込んだ」といった信憑性のありそうな画像も存在しています。

モスマンの画像 モスマンの画像2 モスマンの画像3

しかし、た影の画像は、他の鳥や虫の可能性もあります。

「モスマンの証拠」というには根拠に乏しいですね。

実在や正体を検証

多くの目撃情報や画像はあるようですが、モスマンは実在するのでしょうか?

調べてみたところ、残念ながらいない可能性が高いようです。

モスマンは、以下のようなものが正体ではないかと言われています。

[aside normal”]

・ワシ
・コウモリ
・フクロウ
・ゴミ袋[/aside]

まず、モスマンがいない可能性が高いと考えられる理由は、存在した痕跡がないからです。

動物であれば、食べたモノや排泄物、羽などが落ちるはずです。

しかし、モスマンは痕跡を残していません。

また、実際にモスマンに遭遇した人に聞いてみると、「目の位置は近かった」「車と一緒に飛んでいた」など、鳥に近い姿だったと話しているのです。

つまり、最初の目撃者たちは「巨大な鳥」くらいのビジュアルだと認識していました。

「モス『マン』」という人間に近い姿は後から広まったイメージで、幻想だったのですね。

さらに、ヒストリーチャンネルの調査では、暗闇の中で鳥類をみると、「インパクトがあるので、実際よりも大きかった気がする」という現象を実験で証明しています。

「ワシ」「ゴミ袋」「フクロウ」などを見間違えた可能性が高いのですね。

UMAのモスマン まとめ

というわけで、UMAのモスマンについてでした。

・モスマンとは、巨大な鳥や蛾に似たUMA(未確認生物)
・2メートル以上のサイズで、目が赤いと言われる
・アメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザントで目撃された
・目撃の写真画像が多数公開されているが、単なる鳥かも知れない
・複数のドキュメンタリーで調査が行われてきた
・「夜に鳥を見たときに、錯覚で実際より大きく見えた」などの説が有力
・ゴミ袋が正体とも言われる

ということですね。

モスマンは「ポルターガイストの心霊現象に関係している」とか「呪いがある」などとも言われました。

悪いことがあったら、なんでもUMAのせいにされるタイミングがあるのでしょう。

スポンサーリンク