駆け込み婚の離婚率は?後悔や失敗と芸能人の事例もまとめ

スポンサーリンク

「駆け込み婚」という言葉をご存知でしょうか?

最近広まっている「駆け込むように結婚する」という意味の言葉ですね。

「変な流行語ばかり作るなよ!」という人もいるかも知れません。

が、言葉は必要性があるから、生まれるものです。

駆け込み婚で困っている人数が、それだけ多いという証明でもあるでしょう。

この記事では、駆け込み婚の離婚率や失敗・後悔、芸能人の事例についてまとめてみました。

駆け込み婚とは?意味をわかりやすく解説

駆け込み婚とは?意味をわかりやすく解説

さて、そもそも話題になっている「駆け込み婚」とは何なのか確認しましょう。

駆け込み婚は、2つの意味で使われることがある単語です。

年齢で焦って結婚

1つは、年齢を気にして、駆け込み乗車のように結婚をすることです。

「29歳」といった節目の時期になり「ヤバイ」と焦って結婚を選択する行動ですね。

男女によって年齢であせる時期は違います。

男性・・・38歳頃に、駆け込み婚したくなる
女性・・・28歳頃に、駆け込み婚したくなる

およそ10年の差がありますね。

女性の方が、容姿を気にしたり、出産リスクの関係で若い時の結婚を求めるからでしょう。

ともあれ、歳をとって焦りがでるのは、男女ともに共通しています。

年末年始の結婚

「駆け込み婚」という単語には、もう一つ意味があります。

「年末年始に結婚すること」も駆け込み婚と言われることがあるのです。

「芸能人が、2016年の年末に駆け込み婚」のような用法ですね。

時期を焦っているわけですが、「今年中には結婚したい」といった季節的な焦りですね。

このように、紛らわしい2つの用法がありますね。

さて、この記事では、多くの人の悩みである、1つ目の意味の方の「年齢を気にした駆け込み婚」について書いていきます。

駆け込み婚の離婚率は?

駆け込み婚の離婚率

「私も29歳だし、結婚しなきゃ」

といった焦りで、慌てて結婚する駆け込み婚。

離婚率は、どれくらいの割合になるのでしょうか?

正確な統計はとれていないのですが、少なくとも40%以上は、離婚していると考えられます。

そもそも、現在の日本人は、普通の結婚でも30%の確率で離婚します。

3人に1人は、別れているのですよね。

そして、

・若すぎる人の結婚
・性格の不一致
・金銭的に厳しい中での無理な結婚

といった条件があると、離婚率は60%以上になります。

駆け込み婚にも色々なケースがあるですが、性格の不一致でも無理に結婚するパターンは増えてしまいがちです。

結果、少なくとも40%以上は離婚していると考えられます。

ちなみに、欧米圏では、普通の結婚でも50%以上離婚しています。

意外に、日本はまだ離婚率が低い国です。

後悔や失敗が多数

そんな駆け込み婚の後悔や失敗は、どのよううなときに生まれるのでしょうか?

スポンサーリンク

苦しみのジレンマの後悔

後悔するパターンで多いのは、「この人と一緒にいたくない」と思いながら、別れるのもキツくなるパターンです。

多くの人が、ネットでも駆け込み婚の後悔をブログ等で書き綴っています。

駆け込み婚は相手の性格を知らないまま結婚するので、

・この人とは合わないなあ
・でも、結婚を祝ってくれた人にも申し訳ないし、すぐ離婚はできない
・でもでも、何年も経ったら、再婚が難しい歳になってしまう。どうしよう

と、苦しむ人が多いようです。

失敗しやすい条件

駆け込み婚で失敗しやすい条件は、以下のようなものです。

・相手のことを知らずに結婚してしまう
・相手にうっとりして熱がある状態で結婚する
・結婚生活を続けていこう、という覚悟がないまま結婚する

相手と生活するというのは、ダメな部分や弱い部分もたくさん見えるものです。

にもかかわらず、相手を知らず、浮かれた状態で「年齢もヤバイし、結婚だ」と決めるのはやはり早慶ですね。

もちろん、即決で続いている夫婦もいます。

ただ、続く場合は「続けていこう」という覚悟がお互いにある場合。

駆け込み婚の場合は、結婚しゴールが目的化しており、「続ける」という意識がないのです。

注意したいものですね。

芸能人の事例

芸能人の事例も見てみましょう。

鈴木砂羽と吉川純広

鈴木砂羽と吉川純広

女優の鈴木砂羽さんが、俳優の吉川純広さんと結婚しましたが、これは駆け込み婚っぽいですね。

鈴木砂羽さんが結婚したのは、38歳の頃です。

当時、相手の吉川純広さんは28歳でした。

とちらも年齢の節目で、「今結婚しとかなきゃ」と思ったのではないでしょうか。

4年ほどで、離婚しています。

奥菜恵と一般男性

奥菜恵と一般男性

奥菜恵さんも駆け込み婚に含まれそうです。

奥菜恵さんは、2009年、29歳の頃に一般人の会社員男性と結婚しました。

女の子も生まれていたのですがが、離婚。

ただ、2016年に俳優の木村了と結婚しなおしています。

再婚したのは36歳。

「駆け込み婚しちゃった」と失敗に気づいたら、人生を選びなおすことも不可能ではないということですね。

駆け込み婚と離婚 まとめ

というわけで、駆け込み婚についてでした。

・駆け込み婚とは、年齢を気にして、駆け込み乗車のように結婚すること
・離婚率は、40%以上と考えられる
・そもそも日本では30%の夫婦が離婚する。アメリカでは50%以上が離婚する
・「相手を知らずに、覚悟もなく結婚する」と失敗しやすい
・「この相手で良かったのだろうか」と思ったまま生活し、さらに高齢になってしまう後悔が多数
・芸能人の事例で言えば、鈴木砂羽と吉川純広や奥菜恵など

ということですね。

目的と手段を混同すると良くないのは、結婚に限った話ではありません。

受験でも転職でも、駆け込むようにやってしまうと失敗の元です。

「続けていけそうか?」を自問してから、決断したいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です