ドラマ・映画・漫画アニメ

8年越しの花嫁は実話?病名やモデルの尚志と麻衣本人の現在を調査

「8年越しの花嫁って、実話なの?」と気になっている人が増えているようですね。

『8年越しの花嫁』は、2017年12月に放映された映画です。

元になった『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』は、本が出版され、漫画化もされています。

映画の注目度もじわじわ増しており「8年越しの花嫁って、どこまで本当?」「モデルの尚志と麻衣本人は、現在どうしてるの?」「病名は?」と気になっている人が多いようです。

そこでこの記事では、『8年越しの花嫁』の実話の部分や、現在の本人たちについてまとめてみます。

※映画を視聴したい方はこちらからどうぞ→U-NEXTで配信中(初回登録でもらえる600ポイントを使えば実質無料で視聴できます)

スポンサーリンク

8年越しの花嫁は実話

8年越しの花嫁は実話

「『8年越しの花嫁』はどこまで実話?」と思っている人が多いようです。

先に答えを言うと、以下のような部分は、だいたい実話です。

[aside normal”]

・2006年の末、西澤尚志さんと中原麻衣さんは、翌年の春に結婚を控えていた
・ところが、中原麻衣さんが突然病気を訴えた
・麻衣さんは「なぜか記憶がなくなる」と語る
・そして、狂ったように叫びはじめる
・最初は精神病院に運ばれたが、心停止になり、救急搬送

・予定していた結婚式を断念する
・意識不明の中原麻衣をさんを、西澤尚志さんは看病し続ける
・麻衣さんの手術を行うことになる
・手術後も、一年半以上意識は戻らないまま
・ある日、目が開くようになったが、会話はできなかった
・最初の入院から三年後、麻衣さんの表情変化ができはじめる
・四年後、回復して意思疎通ができるようになる
・それから長いリハビリを経て、結婚予定だった日から8年後、結婚式をあげなおした[/aside]

意思疎通もできなくなった方が、これほど回復することが現実にあるんですね。

ノベライズ化もされているので、読んでみてはいかがでしょうか。

現実のモデルは西澤尚志・中原麻衣

現実のモデルは西澤尚志・中原麻衣

作中の人物は中原さんですが、実際の人物はどのような名前なのでしょうか?

結論から言うと、西澤尚志さん、中原麻衣さんは本名そのままのようですね。

元々、ノンフィクション書籍、ドキュメンタリーになったくらいですから、映画と同じになっています。

実際に病気になる前に撮られたプリクラはこちらです。

年齢や場所もそのまま公表されています。

ちなみに、中原麻衣さんという声優がいらっしゃいますが、ただ同姓同名なだけで、無関係です。

『8年越しの花嫁』は声優ではありません。

実際の病名は抗NMDA受容体脳炎

実際の病名は抗NMDA受容体脳炎

さて、中原麻衣さんの病気は、何なのでしょうか?

映画や小説にはよく「重たい病気」が出てきます。

「重い病気ってなんだよ」と思いながら見るような作品もありますよね。

ですが、『8年越しの花嫁』は実話です。

現実の病気は何だったのかが気になるところですよね。

『8年越しの花嫁』での病名は、抗NMDA受容体脳炎です。

抗NMDA受容体脳炎とは

抗NMDA受容体脳炎とは、脳の神経伝達物質によって起きる脳炎です。

中原麻衣さんの場合は、 卵巣にできた奇形腫という腫瘍が根本的な原因です。

その腫瘍を排除しようと身体が抗体を作るのですが、その自分の身体の抗体のせいで、で逆に脳に障害が起きてしまう病気です。

日本では、年間で1000人以上が発症する病気で、10万人に1人くらいの確率で起きています。

現在の本人は?

難病にかかった中原麻衣さん。現在のモデルになった本人たちはどうしているのでしょうか?

「後遺症とか残ってないのかな?」と心配になりますよね。

が、素晴らしいことに、中原麻衣さんは元気に生活しています。

現在の本人

[aside normal”]

・自由に経って歩けるようになる
・運転や外出も普通にできる
・尚志さんとの間に子供ができた[/aside]

と、順調に幸せな夫婦生活をしています。

子宮の病気ということで、お子さんを作るのは難しそうでしたが、無事出産もできたようですね。

8年越しの花嫁の実話モデル まとめ

というわけで、8年越しの花嫁の実話モデルについてでした。

・映画「8年越しの花嫁」は、中原尚志・麻衣による実話を元にした作品
・現実のモデルになった人物は、西澤尚志と中原麻衣
・実際の病名は、抗NMDA受容体脳炎
・子宮の腫瘍ができ、身体が作った抗体が逆に悪影響する病気
・現在、モデルになった中原麻衣本人は、元気に歩けるようになり、子供もできた

ということですね。

難病になると希望を失ってしまう人が多いでしょう。

が、こうした回復事例もあるのですね。

実際、抗NMDA受容体脳炎は7割以上の人が回復するそうです。

3割の方が回復しないということでもあるので、厳しい現実もありますが、希望を持ち続けると好転するケースもあるということですね。

※映画を視聴したい方はこちらからどうぞ→U-NEXTで配信中(初回登録でもらえる600ポイントを使えば実質無料で視聴できます)

スポンサーリンク