ドラマ・映画・漫画アニメ

マル役(僕たちがやりました)の名前は葉山奨之!画像をドラマと比較

「僕たちがやりました」がドラマ化!

と、発表されて、多くのファンが気になったのは、「マルやパイセンのキャストは誰になるんだろう?」ということでしょう。

ネットでも、「マル役は誰?」という疑問や「俳優、悪くなさそう」という期待の声、「マル役の山奨之って合わない」といった批判などが飛び交っています。

そこでこの記事では、ドラマ「僕たちがやりました」のマル役の葉山奨之さんの情報をまとめ、画像の比較してみました。

※パイセン役の記事は、こちらに書きました。
パイセン役の名前は今野浩喜!僕たちがやりましたでの登場画像は?

スポンサーリンク

僕たちがやりましたのマル役

僕たちがやりましたのマル役

「僕たちがやりました」と言えば、週刊ヤングマガジンに連載されている漫画です。

2017年に実写化が発表され、7月18日の21時から放送が予定されています。

「僕たちがやりました」は個性的なキャラクターが多く登場します。

その中の1人が、マルと呼ばれる丸山友貴です。

マルは、主人公の遊び仲間4人組の1人なのです。

見た目は、パット見かわいくも見える容姿をしています。

ところが、内面は腹黒く「クズ」と言われるキャラクターです。

物語を引っかき回す、重要キャラクターですね。

役者の名前は葉山奨之

では、「重要なクズ」のマルを演じるのは、誰なのでしょうか?

「変な芸人とかが演じたらやだな」と、キャスト発表前から心配していた人は多いようですね。

マル役として正式に発表された役者は、葉山奨之さんですた。

葉山奨之のプロフィール

葉山奨之のプロフィール
名前 葉山奨之
性別 男性
生年月日・年齢 1995年12月19日・21歳
職業 俳優
血液型 O型
身長 1777センチ
趣味 バスケットボール、音楽鑑賞

葉山奨之さんは、1995年12月19日生まれの役者です。

年齢もまだ21歳と若いので、マルを演じても無理がないでしょう。

身長は177センチと平均よりやや高め。

バスケットボールが趣味とあり、運動も得意でアクションもできます。

本職の役者で、本人の顔はかなりイケメンな感じですね。

漫画とドラマの画像を比較

では、葉山奨之さんが扮するマルと、漫画のマルを比較してみましょう。

漫画版のマルの画像

こちらが、漫画版のマル(丸山友貴)です。

漫画版のマルの画像

ドラマ版のマルの画像

こちらが、ドラマ版として発表された葉山奨之さんのマルです。

ドラマ版のマルの画像

髪型も表情も、原作に寄せているのがわかりますね。

ネットの意見・反響・感想

葉山奨之さんのマル役について、ネットではこのような意見があります。

「イケメンすぎて合ってない」という意見が結構多いですね。

かといって、ブサイクばかりだと見苦しい画面になって、初見さんの視聴率は落ちるのも事実。

仕方のない点なのかも知れません。

葉山奨之の演技は上手い?

そんな葉山奨之さんは、演技が上手いのでしょうか?

葉山奨之さんは、年齢こそ21歳と若手ですが、中学生でデビューしています。

そのため、すでに多くの作品の出演経験があります。

[aside normal”]出演数

映画・・・20本以上
ドラマ・・・30本ほど[/aside]

最近だと、「逃げるは恥だが役に立つ」の営業部の勤務・渡辺一馬役を演じています。

好みもあるでしょうが、演技面での実力はあると考えていいでしょう。

見た目がイケメン系なので「マルのイメージと違う」という人も、演技込みで見れば上手いと感じられるかもしれません。

僕たちがやりましたのマル役・葉山奨之 まとめ

というわけで、マル役の葉山奨之さんについてでした。

要点をまとめます。

・「僕たちがやりました」のマルは、笑顔で腹黒い不気味なキャラクター
・ドラマで演じるのは、1995年12月19日生まれの俳優・葉山奨之
・漫画とドラマの画像は、ある程度似ている
・ネットでは、演技力のある美形でいいという意見と、もっと怖い役者がいいという意見がある
・60作品以上の俳優経験はあり、演技の実力はある

ということですね。

ドラマの登場人物は、実際に動いてしゃべっているのを見ないと、合っているかの判断が難しいです。

まずは、放送を見ていきましょう。

ちなみに、「似てる!」と評判のパイセン役の記事は、こちらに書きました。

パイセン役の名前は今野浩喜!僕たちがやりましたでの登場画像は?

スポンサーリンク