芸能・エンタメ

竜王戦2017開催日時と場所は?大盤解説会はどこで観戦参加できる?

「竜王戦2017」が、かつてないほどに盛り上がっております。

もちろん、一番の理由は、藤井聡太四段のブームです。

天才と言われ、中学生で最多連勝記録を打ち立て、多くの人の注目を集めました。

また、三浦九段への不正ソフト疑惑騒動(無罪となりました)があり、渡辺明竜王が「悪役」のように見られているのも、大きいですね。

「誰が渡辺という魔王を倒すのか!」といった見方もされています。

この記事では、そんな注目度の高い竜王戦の開催日時や場所、参加や大盤解説会について、まとめてみました。

スポンサーリンク

竜王戦2017の注目度が異常

竜王戦2017の注目度

さて、将棋界史上でも、稀に見るほど盛り上がっている、竜王戦2017年。

例年なら、一般人は「将棋の大会とか興味ないし」といいます。

ろくにニュースにもならないですよね。

ところが、2017年は藤井聡太四段の活躍もありました。毎日のように将棋が報道されましたね。

結果、興味を持つ人が急増。

さらに、実際はどうあれ渡辺明竜王がヒール役ポジションになっているため、

「渡辺竜王を藤井四段が倒したら熱い」
「羽生三冠に魔王を倒して欲しい」

など、人間ドラマとしての盛り上がりも見せています。

だからこそ、普段将棋も見ない人も興味を持っていますね。

「将棋の対局って、観戦できるの?」という、初心者の声も聞こえてきます。

そこで、竜王戦の情報について、このページで整理しておくとします。

竜王戦7番勝負とは?

竜王戦7番勝負

竜王戦の竜王を決める対決は「7番勝負」です。

7番勝負にたどり着くまでの流れを、整理しておきましょう。

現在、藤井四段が参加しているのは、「竜王戦決勝トーナメント」です。

この決勝トーナメントを勝ち抜いた勝者が「挑戦者」となります。

「挑戦者」は前回の「竜王」と対局する権利を得ます。

もし挑戦者が勝てば、次の「竜王」になるわけです。

挑戦者と竜王の対局は、1回ではなく、7回行われます。

なので、「7番勝負」と呼ばれます。

「決勝対決」のように注目されるのが、7番勝負というわけです。

竜王戦7番勝負の開催日時と場所

7番勝負の場所は、1戦ごとに変わります。

まとめて7回対局するわけではなく、10月から12月末までに定期的に行われます。

現在発表されている場所は以下の通りです。

・第1局10月20、21日(金、土)「セルリアンタワー能楽堂」

・第2局 10月28、29日(土、日)「大船渡市民文化会館」

・第3局 11月4、5日(土、日)「臨江閣」

・第4局 11月23、24日(木、金)「嵐渓荘」

・第5局 12月4、5日(月、火)「指宿白水館」

・第6局 12月11、12日(月・火)「ほほえみの宿 滝の湯」

・第7局 12月20、21日(水、木)「常磐ホテル」

※変更の可能性あり

ただし、この現地に行っても、間近で観戦できるわけではないので、注意しましょう。

観戦参加はできる?

観戦参加

ご存知の方も多いでしょうが、一応書いておきます。

開催地へ行っても、直接対局を部屋で見ることはできません。

初心者は勘違いしないように注意しましょう。

竜王戦に限らず、ほぼすべての対局において、実際に対局している部屋に入ることはできないのです。

とはいえ、現地で行われる「大盤解説会」を見ることはできます。

大盤解説会とは、文字通り大きな将棋盤を出して、解説者が対局の状態などにコメントする会です。

テレビなどの解説に似たようなものですね。

竜王戦でも、大盤解説会は行われます。

大盤解説会なら、参加できるでしょう。

また、対局中は見られませんが、大抵の場合、終局後に対局者が挨拶に出て来てくれます。

トラブルでもない限りは、終局後の勝者と敗者を見ることはできます。

大盤解説会の場所はどこ?

大盤解説会の場所が知りたい方は、日本将棋連盟のホームページをチェックしましょう。

以下のように「大盤解説会 竜王戦」でサイト内検索をすると、直近の情報が表示されます。

日本将棋連盟のホームページで大盤解説会を検索

2017年7月1日現在だと、「決勝トーナメント 2回戦 佐々木勇気五段x藤井聡太四段」の情報が出てきますね。

[aside normal”]

・場所:東京・大手町:よみうり大手町小ホール
・日付:2017年7月2日
・時間:17:30~最大22:30
・解説者:解説=阿久津主税八段
・聞き手:宮宗紫野女流初段
・参加費:一般1000円、小中学生500円[/aside]

といった情報が出てきます。

※この情報はあくまで一例です。予定変更になることもあるので、必ず日本将棋連盟の公式情報を確認してください。

竜王戦の7番勝負の前にも、この方法でチェックするといいでしょう。

他にも、気になる対局があれば、大盤解説会の開催を確認できます。

ちなみに、参加費が安いせいで、藤井聡太四段の解説などは満席になる可能性もあります。

参加希望の場合は、チケットびあの前売り券の利用をオススメします。

竜王戦2017 まとめ

というわけで、竜王戦2017についてでした。

・藤井聡太のブームで、竜王戦2017が異常に注目されている
・竜王戦の決勝トーナメントは、6月末(すでに対局済み)から随時行われる
・竜王戦の7番勝負の開催日時は、10月20日から
・開催の場所は、日本将棋連盟のホームページから確認できる
・竜王戦の直接の観戦参加はできない
・大盤解説会は参加できる。日程が近くなったら、HPで告知される
・対局終了後の対局者の挨拶は、ほとんどの場合、大盤解説会で聞ける

ということですね。

最近将棋に興味を持った人も多いと思いますが、大盤解説会などはマナーを守って参加しましょう。

◎将棋の関連記事

藤井聡太に負けた対戦相手一覧!連勝ストップを狙う次の相手は誰?

渡辺明竜王と藤井聡太の対局はいつ?どっちが強いか勝敗予想は?

渡辺明竜王の国籍は在日韓国人?悪人と批判され嫌われる理由

藤井聡太はアスペルガーの典型的な発達障害?自閉症否定の根拠3つ

藤井聡太の年収予想は5000万?竜王戦の賞金収入やギャラが異常

スポンサーリンク