未分類・雑学

ソーメン二郎のプロフィールwiki!製麺所の実家や家族の姉も紹介

ソーメン二郎さんを、ご存知でしょうか?

ソーメン二郎さんは、そうめんの研究家です。

テレビ出演の回数も増え、興味を持つ人が増えています。

「ソーメン二郎のプロフィールが知りたい」「wikiはないの?」「実家の製麺所ってどこ?」「家族はどんな人?」など、様々な疑問の声がネットにも書き込まれています。

そこでこの記事では、ソーメン二郎さんのプロフィールや実家の家族について、まとめてみます。

スポンサーリンク

ソーメン二郎のプロフィールwiki

まずは、ソーメン二郎さんのプロフィールです。

ソーメン二郎さんは、まだちょっとマイナーな存在で、wikiもありません。

wikiに書かれるような情報を、ここに整理しておきますね。

ソーメン二郎のプロフィールwiki
名前 ソーメン二郎
性別 男性
職業 そうめん研究家
実家 亀屋植田製麺所製麺所
出身 奈良県桜井市

ソーメン二郎さんは、奈良県桜井市生まれの男性です。

「そうめん二郎」といった表記もあるようですが、同じ人物です。

本名や年齢は好評されていません。

そうめんの製造をしている家系に生まれたのがキッカケで、そうめんに詳しくなったそうです。

普通なら、そうめん製造業を継ぐところでしょうが、ソーメン二郎さんは違いました。

日本全国のそうめんを食べ、評論する研究家になっています。

ブログも人気があり、テレビ出演の機会も増えているようですね。

実家は亀屋植田製麺所製麺所

実家は亀屋植田製麺所製麺所

では、そんなソーメン二郎さんのご実家はどこなのでしょうか?

「そうめん製造業」と聞くと、どこの会社かが気になるところですよね。

調べてみたところ、「亀屋植田製麺所製麺所」であることが判明しました。

亀屋植田製麺所製麺所は、以下の住所にある製麺所です。

亀屋植田製麺所 〒633-0051 奈良県桜井市河西327

実際の建物の画像はこちらです。

実家は亀屋植田製麺所製麺所2

奈良らしい瓦屋根の建物で、製麺所というよりは一般家庭のような印象ですね。

「しょぼい」という感じがするかも知れません。

が、これでも「日本三大そうめん産地」の1つです。

しかも、この奈良県が、そうめんの歴史としては日本最古の土地だといいます。

1200年前の遣唐使の時代に伝わった伝統が残っているのだろうです。

歴史の教科書に載るような伝統があるのですね。

家族の姉

では、ソーメン二郎さんのご家族は、どのような方なのでしょうか?

芸能人ではないため、公表されてはいない情報も多いのですが、お姉様がいるようです。

以下の画像のメガネの女性が、ソーメン二郎さんのお姉様。

家族の姉

隣に映っているのは、お姉様の旦那様とのことです。

ご両親もそうめんを作っており、家族全体がそうめん製造をされているようです。

そうめんの雑学・トリビア

ソーメン二郎さんの話を読んでも「そうめんを研究っていっても、役に立つことあるの?」と思う人もいるでしょう。

そこで、ソーメン二郎さんが紹介していた、そうめんのトリビアや雑学を紹介してみます。

湯で時間は短め

そうめんは、短い時間で茹でた方が美味しくなるそうです。

具体的には、90秒前後。

多くのそうめんパッケージには、数分とかかれているのですが、実際に長く茹でると、伸びて太くなってしまうそうです。

梅干しと一緒に茹でる

そうめんを茹でるときは、梅干しを一緒に入れるといいそうです。

沸騰したお湯に、梅とそうめんを入れて茹でるというやり方だといいます。

梅干しを入れて茹でると、ちょうどよく酸ば混じって、麺が引き締まるそうですね。

味のためではないというのが、意外です。

ソーメン二郎 まとめ

というわけで、ソーメン二郎についてでした。

・ソーメン二郎は、麺製造業の実家に生まれた、そうめん研究家
・実家は亀屋植田製麺所製麺所
・姉をはじめとする家族が、製麺所を営んでいる
・茹で方やそうめんの伝統などを研究して、発信している

ということですね。

スポンサーリンク