未分類・雑学

Nyafooの使い方と感想まとめ|ノイズレスサーチとの違いも比較

Nyafooが話題になっています。

Nyafooは、2017年に生まれた新たな検索エンジンです。

「まとめさいとが検索に出なくて便利!」「すごい」という声がある一方で、「意外に使いにくい」「使い方がよく分からない」という人もいるようです。

また「ノイズレスサーチやクリーンサーチとは何が違うの?」と、類似サイトとの違いについて疑問に思った人もいるようです。

そこでこの記事では、Nyafooの概要と使い方、ネットの声をまとめてみました。
また、私が実際に使ってみた感想も、最後に書きました。

スポンサーリンク

そもそも新検索エンジン・Nyafooとは?

さて、Nyafooとは何なのでしょうか?

特徴をまとめると、以下のようになります。

[aside normal”]Nyafooの特徴

・まとめサイトや質問サイトが検索にヒットしない検索エンジン
・噂などの「三次情報が出ない」ことをコンセプトにしている
・ブログやSNS、動画サイトなども出てこない

・@nyafoo_japanさんが開発した
・開発した理由は「Googleが役に立たない場面が増えてきたため」とのこと
・@nyafoo_japanさんは、一般人らしい
・趣味として開発しているため、今は広告も表示されない

・無料の「オープンソース全文検索サーバー Fess」を使って開発した
・まだまだ開発途中[/aside]

「まとめサイトばかり検索にヒットして、邪魔だな」というイライラを解消できるのが、 Fessです。

開発者は、個人。

ご自身が感じた不便さを解消するために作ってみた、ということですね。

「検索エンジンを作れるなんてスゴイ」と思いがちですが、さすがに全てを独自に作ったわけではありません。

実は、「オープンソース全文検索サーバー Fess」という無料のソフトがあります。

普通は、通販サイト内の検索機能などに使うソフトです。

この無料ソフトFessで、@nyafoo_japanさんは、ネットの検索エンジンを作ってみたのです。

素晴らしい発想ですね。

今後、他にも様々な検索エンジンを作る人が現れるかも知れません。

ネットの口コミ

そんなNyafooですが、現在はどのような口コミがあるのでしょうか?

Twitterの声を一部引用してみます。

肯定的な声がる一方で、まだ使いにくいという声もあります。

まだまだ開発中なので、仕方のないことでしょう。

Nyafooの使い方

「どんなふうに使うの?」
「使い方の裏ワザとかあるの?」

と、思う人もいるでしょう。

では、Nyafooの使い方を紹介します。

検索はキーワードを入力するだけ

使い方は、至ってシンプルです。

検索はキーワードを入力

検索窓にキーワードを入力するだけです。

検索オプションもシンプル

また、オプションも設定できます。

検索オプションもシンプル

オプションの意味は、以下の通りです。

[aside normal”]

・表示件数・・・検索結果に表示する件数
・ソート・・・検索結果の並び替え。
・優先する言語・・・どの国の言葉を優先して表示させるか
・ラベル・・・表示させたいメディアの指定[/aside]

よく使うのは「ソート」と「ラベル」になりそうですね。

ちなみに「表示件数を増やしても、数件しか表示されなかった」という人もいるようですが、それは単純に、現在Nyafooが認識できているサイト数が少ないからです。

その他の検索の方法

検索するときは、以下のようなテクニックも使えます。

[aside normal”]

・AND検索・・・ANDで指定した言葉を、両方含むページが出る。例:犬AND猫

・OR検索・・・ORで指定した言葉を、どちらかを含むページが出る。例:「夕食ORディナー」

・ワイルドカード検索・・・調べたい言葉が曖昧なときに、?や*で指定した言葉の部分を代用できる。?は1文字分、*は複数文字分。例:「機動戦士ガン?ム」「機動戦士ガ*」[/aside]

こうした方法は、GoogleやYahoo!でも使えるのですが、知らない人もいるかも知れませんね。

類似の検索サイトを比較

「まとめサイトが表示されない検索エンジン」は、他にもあります。

具体的には、「ノイズレスサーチ」や「クリーンサーチ」ですね。

ネットで調べ物をよくする人は、使ったことがあるのではないでしょうか。

筆者の私も、こうした記事を書いたりしているので、時々使っています。

Nyafooと類似サイトの違いを、比較してみます。

ノイズレスサーチとの違い

利用者が多いのが、ノイズレスサーチです。

ノイズレスサーチも、「パソ活ラボ」さんという個人の方が作成しました。

「普通のGoogle検索が使いにくい」という動機で作ったとうのは、Nyafooと同じです。

が、一番の違いは、ノイズレスサーチはGoogleの検索エンジンを使っているということです。

[aside normal”]ノイズレスサーチとNyafooの違い

・Nyafooは、独自の検索エンジン
・ノイズレスサーチは、Google検索エンジンをカスタマイズしたツール[/aside]

ノイズレスサーチは、Googleの検索結果の中から、まとめサイトや質問サイトなどを「除外」する方式で作成されています。

Googleの完成度の高いエンジンから、不要な一部のサイトを消しています。

一方で、Nyafooは、検索エンジン自体がオリジナルです。

サイトを厳選する形式で作られておりますが、検索エンジンそのものの完成度はGoogleには及びません。

どちらにも、メリットとデメリットがあります。

使い分けた方がいいでしょう。

クリーンサーチとの違い

クリーンサーチというサイトもあります。

クリーンサーチは、バーンワークス株式会社の加藤 善規代表が作成しました。

こちらも、個人的に使うために作ったツールを、一般公開したという形式のようです。

クリーンサーチの、ノイズレスサーチやNyafooとの違いは、以下の通りです。

[aside normal”]

・Nyafooは、独自の検索エンジン
・クリーンサーチは、Google検索エンジンをカスタマイズしたツール

・ノイズレスサーチは、検索後の絞込機能が少ない
・ノイズレスサーチは、検索除外しているサイトが多い
・クリーンサーチは、検索後の絞込機能が多い
・クリーンサーチは、ノイズレスサーチに比べると検索除外しているサイトが少ない[/aside]

クリーンサーチも、あくまでGoogleの検索エンジンを土台にして、カスタマイズしています。

ですので、検索エンジン自体がオリジナルのNyafooとは、全然違いますね。

ちなみに、ノイズレスサーチよりは検索除外が少ないのが、クリーンサーチです。

したがって、検索除外されているサイト数を比較すると、

[btn class=”bg big”]除外サイトの数:Nyafoo>ノイズレスサーチ>クリーンサーチ[/btn]

となります。

クリーンサーチが、一番普通のGoogleに近くて、NyafooはGoogleとは全然違うということです。

使った感想

では、私自身がNyafooを使ってみた感想を書いてみます。

正直、自分にとっては現状のNyafooはさほど便利には感じませんでした。

理由は、ヒットするサイトがあまりにも少ないからです。

マニアックな言葉を調べると、1件も表示されないこともあります。

また、辞書などばかり表示されるのです。

三次情報は出さないという理念は分かるのですが、第一情報は他のサイトにもあるはずなので、もう少し多様な検索結果になった方が、自分にとっては便利だと思いました。

その意味ではノイズレスサーチが使いやすく感じます。

ノイズレスサーチは、まとめサイトやキュレーションサイトを除外しつつ、一般人のブログなどは表示されます。

ノイズレスサーチも完璧ではないのですが、使いやすいと思っています。

Nyafoo まとめ

というわけで、Nyafooについてでした。

まとめると、

[aside normal”]

・Nyafooは、まとめサイトや質問サイトなどが、検索にヒットしない検索エンジン
・個人の@nyafoo_japanさんが作った
・ネットでは「便利!」「いいアイデア!」という声が多数
・しかし「似たようなツールは他にもある」「使いにくい」という意見もある

・使い方は、検索窓にキーワードを入力するだけ
・検索条件の設定も可能
・ノイズレスサーチとの違いは、検索エンジン自体がオリジナルということ
・クリーンサーチとの違いは、検索エンジン自体がオリジナルということ
・除外サイトの多さはNyafoo>ノイズレスサーチ>クリーンサーチ[/aside]

・個人的な使った感想は、ヒットするサイト数が少なくてちょっと使いにくいという印象

ということです。

何度も書きますが、Nyafooはまだ開発中。

今後、使いやすくなっていくかも知れません。

開発者の@nyafoo_japanさんは、サーバー負荷がかかった際も素早く対応されていました。
いいツールに進化していきそうです。

スポンサーリンク