芸能・エンタメ

島田洋七のがばい妻の意味|嫁がいい人で美人だけど名前や画像は?

「島田洋七のがばい妻」が注目されています。

最近、芸能人の夫婦ネタと言えば、仲が悪いとか、離婚といった内容が多いですよね。

「芸能人って離婚ばかりするのかな」と、感じてきた人も多いのではないでしょうか。

そもそも、日本人全体の離婚率が30%を越えています。

不仲の話題が増えるのも当然でしょう。

しかし「すばらしい」「仲がいい」と言われる夫婦もいます。

それが、島田洋七さんの「がばい妻」です。

テレビでも紹介され「美人らしい」「性格がいいみたい」「とんな人?名前や画像は?」と、興味を持つ人が増えているようですね。

そこでこの記事では、島田洋七さんのがばい妻について、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

島田洋七のがばい妻とは?

島田洋七のがばい妻がいい人

さて、上の画像に写っているのが、島田洋七さんの奥様・律子さんです。
(画質が荒いですが。)

「がばい妻」として、注目されている人物ですね。

では、「島田洋七さんのがばい妻」とは、どういう意味なのでしょうか?

「なんか話題になってるけど、詳しく知らない」という人もいるでしょう。
ここでちょっと概要を説明します。

結論からいえば「いい奥様」という意味で「がばい妻」と表現されて使われています。

どういうことか説明します。

まず、島田洋七さんと言えば、漫才コンビB&Bのベテランお笑い芸人ですね。

また、島田洋七さんは、400万部のベストセラーの自伝「がばいばあちゃん」の著者としてもでも有名です。

ご存知かも知れませんが、「がばいばあちゃん」は、苦労人で貧乏だったものの、アイデアやユーモアで楽しく生きていた、島田洋七さんのお祖母さんを題材にした小説です。

フィクションも混じっていると言われますが、概ね実話がベースらしいです。

そんな有名な「がばいばあちゃん」になぞらえて、今度は奥様が、「がばい妻」と呼ばれているわけです。

がばいとは?意味を解説

がばいとは?意味を解説

ところで、そもそも「がばい」とは何かをご存知でしょうか?

「がばいばあちゃんは有名だけど、【がばい】ってなんだ?」
「がばい妻」って、どういう意味になるの?」

と、思っている人も何気に多いはずです。

答えを言うと、「がばい」とは、佐賀県の方言で、「非常に」という意味です。

[btn class=”bg big”]がばい・・・佐賀県の方言で、「非常に」という意味[/btn]

そのため、翻訳すると以下のようになります。

[aside normal”]がばいを翻訳

・「がばいばあちゃん」・・・「非常にばあちゃん」
・「がばい妻」・・・「非常に妻」[/aside]

意味不明ですね。

ニュアンスとしては、「すごいばあちゃん」とか「すごくいい妻」みたいな意味で使われています。

これが誤用であることは、島田洋七さん自身理解されているそうです。

インパクト重視で名付けたようですね。

実際「がばいばあちゃん」というネーミングは流行ったので、成功でしょう。

ちなみに、「がばい」は佐賀県のの中でも、現実にはさほど使われない方言らしいです。

嫁が美人?名前や画像は?

島田洋七さんのお嫁さんのお名前は、律子さんというそうです。

画像は、以下のものが本人の画像です。

嫁が美人?名前や画像

テレビで「美人」として紹介されると、正直「こんなもんか」と思ってしまうかも知れません。

が、容姿だけではなく、生き方が美しいのでしょう。

島田洋七さんの「がばい妻」らしくずっと支えてくれた、元歯科医の、誠実な女性とのらしいですね。

「がばい妻」としてのエピソードは、以下のようなものがあります。

[aside normal”]

・島田洋七のアルバイト時代から、支えてくれた
・ブレイクしたときも、売れなくなったときも、そばにい続けてくれた
・現在は佐賀の田舎で野菜つくりなどを楽しむ
・近所の人に野菜を配るなど人に貢献する[/aside]

文章にすると短いですが、実際に何十年も支えてくれたのはスゴイことですよね。

自宅の画像

そんながばい妻の律子さんと、島田洋七さんは、佐賀の以下の画像のようなご自宅に住んでいるそうです。

自宅の画像

島田洋七さんの喉の病気などもあったので、落ち着く田舎にいるようです。

島田洋七のがばい妻 まとめ

島田洋七のがばい妻 まとめ

というわけで、島田洋七さんのがばい妻についてでした。

・島田洋七と言えば、がばいばあちゃんが有名
・妻もいい人で、「がばい妻」としてテレビで紹介されている
・名前は、律子で、元歯科医
・「がばい」とは「非常に」という意味
・「がばい妻」は「非常に妻」なので、言葉としてはは意味不明
・嫁は美人と言われる。画像よりも生き方が美人

ということですね。

スポンサーリンク