将棋めし(漫画)を無料試し読み!藤井四段が通う千駄ヶ谷のお店情報も

スポンサーリンク

「将棋めし」が話題になっていますね。

「将棋めし」は、松本渚著・広瀬章人八段監修の漫画です。

将棋を題材にした漫画は、「3月のライオン」など過去にもありました。

が、「将棋めし」の一番の特徴は、「食べ物が中心になっている」という独特さです。

そんな「将棋めし」について、この記事では紹介します。

「無料試し読み」のリンクや、藤井聡太四段が通う千駄ヶ谷のお店の情報も、まとめていきます。

将棋めしの内容・あらすじ

将棋めしの内容あらすじ

さて、「将棋めし」のあらすじを紹介しましょう。

といっても、一話完結のコメディなので、作品全体での大きなストーリーやドラマはありません。

(今のところは。)

主人公や概要をまとめると、以下のようになります。

・主人公は、プロの女性棋士の峠なゆた六段
・峠なゆたは、対局の休憩中の「食事」を一種の勝負のように考えている
・峠なゆたの、脳内での食の一喜一憂を、ユーモラスに描く
・食事のあと、食事の内容が、対局の内容にも反映されて勝負が決まる

これを繰り返す感じの漫画ですね。

私自身が「おもしろいな」と感じたのは、対局の流れと、食事の内容がつながるところですね。

棋士の食事をあーだこーだいうだけのネタなら、素人でも描けそうな内容です。

が、食べたモノから対局のアイデアが出たりするところは、「さすが棋士監修で、プロの漫画家か描いているだけあるな」と関心してしまいました。

スポンサーリンク

将棋めしのネットでの評価・感想

そんな「将棋めし」は、ネットでは以下のような感想が出ています。

「将棋は分からないけど、漫画はおもしろかった」という声も多くありますね。

その上で、漫画の巻末では「対局の解説」も入るので、将棋好きが対局内容を楽しむことができます。

将棋めし(漫画)を無料試し読み!

さて、「将棋めしの試し読みをしてみたい」という人も多いでしょう。

調べてみたところ、以下のリンク先で、無料試し読みがありました。

→「将棋めし」を無料で試し読みする
※サイトで「将棋めし」と検索してください

「将棋めし」は、2017年1月に発売されたのですが、じわじわ人気が出ており売り切れる店舗もあります。

ネットで試し読みできるのはいいですね。

「ご飯もの漫画」が好きな人も、「将棋系漫画」が好きな人も好んでいます。

また、藤井聡太四段のブームもあって、増販がかかっています。

藤井四段のご飯も話題!千駄ヶ谷のお店の情報

藤井四段のご飯も話題!千駄ヶ谷のお店の情報

さて、「将棋めし」に登場するお店は、現実に実在する場所も多いです。

ご存知の通り、現実の棋士の対局でも、ご飯は話題になりますよね。

藤井聡太四段の連勝記録中の報道でも、「そばを食べた」など、食事についても細かくニュースになっていました。

「将棋めし」のお店で、実際に藤井聡太四段も行っているお店を調べてみました。

有名なお店は、将棋の聖地と呼ばれる、将棋会館の近くにあります。

住所で言えば、千駄ヶ谷です。

以下のようなお店が有名です。

棋士がよく行く千駄ヶ谷のお店

・「ふじもと」・・・うなぎの名店
(千駄ヶ谷3丁目15−12)

・「みろく庵」・・・昼はそば屋、夜は居酒屋
(千駄ヶ谷4丁目19−14 第21ホリビル)

佐々木五段が、藤井聡太四段の連勝を止めたときも、「みろく庵」に行っていました。

昼は「肉豆腐定食+餅を追加」で、夜は「ミニとんかつ定食」を食べていたので、このメニューは歴史に残るゲン担ぎメニューになりそうですね。

漫画「将棋めし」にも、うなぎのエピソードはすぐに登場します。

漫画でチェックしつつ、機会があれば「ふじもと」のお店に実際にいってみると棋士気分を味わえるかも知れません。

→「将棋めし」を無料で試し読みする
※サイトで「将棋めし」と検索してください

将棋めし まとめ

というわけで、「将棋めし」についてでした。

・「将棋めし」は、棋士の食事を題材にした漫画
・「将棋はわからないけどおもしろい」など高評価
・人気で増販がかかっているほど
・無料試し読みサイトもある
・現実の棋士は、将棋会館近くの、千駄ヶ谷の店によく行く
・「ふじもと」や「みろく庵」が有名

ということですね。

棋士の食べるご飯は、とくに高いわけではありまえせん。

1500円の定食など、一般人でも食べられるものが多いです。

「将棋めし」を参考にしつつ、棋士の通うお店に行ってみるのが楽しそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です