健康・ダイエット

ベターッと開脚ストレッチの方法は?やり方の解説動画と口コミ評判も

「ベターッと開脚」が話題になっています。

「ベターッと開脚」は、ヨガインストラクターのEikoさんが提唱する、柔軟ストレッチです。

人気テレビ番組の「世界一受けたい授業」や「ジョブチューン」でも特集されました。興味を持つ人が増えていますね。

ネットでは「ベターッと開脚のストレッチのやり方が知りたい」「動画がみたい」「痩せる効果って本当?」「口コミはどうなの?」と、気になっている人も多いようです。

そこでこの記事では、ベターッと開脚のストレッチについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

Eikoのベターッと開脚とは?

Eikoのベターッと開脚

さて、そもそも「ベターッと開脚」は、ヨガインストラクターのEikoさんがオススメし、指導しているストレッチの一種です。

Eikoさんは、「開脚の女王」とも呼ばれているヨガの指導者です。ヨガの教室や講演、書籍やDVD販売などを行って活動されています。

1967年生まれの50歳なのですが、ヨガのおかげなのか、非常にお若く30代くらいに見えますね。

そんなEikoさんが教えているのが「ベターッと開脚」です。

なんと、たった4週間でキレイな開脚ができるようになるといいます。

開脚前屈のインパクトのある表紙のおかげもあって、解説した書籍は100万部のベストセラーになっていますね。

柔軟でダイエットや冷え性への効果も?

では、そんなEikoさんのベターッと開脚には、どのような効果があるのでしょうか?

一般的には「開脚できるからなんなんだ」と、思う人も多そうですよね。

Eikoさんによると、以下のような効果が期待できると言います。

[aside normal”]

・ダイエット効果で痩せる
・冷え性が改善
・むくみがとれる
・腰痛が改善する[/aside]

「え、開脚でダイエット?」という気がしますよね。

Eikoさんによると、基礎代謝が上がるので、肥満の人なら5キロくらい痩せることもあるそうです。

また、血行やリンパが改善されるため、結果的には冷え性やむくみがなくなり、腰痛も改善するそうです。

ただ、個人的には、腰痛や冷え性、むくみなら、以下の記事で紹介した「体幹リセット」の方が効果が高そうだな、と感じました。

体幹リセットダイエットの痩せる効果と口コミ!やり方・方法も紹介

とはいえ、Eikoさんのベターッと開脚ストレッチも、ヨガがベースのメソッドです。もちろん効果はあるでしょう。

口コミと評判

では、ここでベターッと開脚を実践した人の口コミや評判を、見てみましょう。

「ある程度開脚できるようになった」という人もいれば「マシにはなったが、元がカタイから4週間でベターッとはできない」という人もいます。個人差はあるようです。

また、「そもそも、Eikoの方法でなくても、コツコツやっていれば一ヶ月で開脚くらいできるようになる」というドライな意見も。

たしかに、他の方法でも継続すれば柔軟にはなるでしょうね。

ストレッチの方法

それでは、いよいよベターッと開脚のストレッチ方法を、解説していきます。

ベターッと開脚ストレッチは、「基礎のストレッチ」と「週替りストレッチ」を組み合わせて行います。

基礎は毎日行います。週替りは、文字通り一週間ずつ変えていく形式です。

つまり、以下のようになります。

[aside normal”]

・一週間目・・・基礎(タオルとシコ)+内ももストレッチ
・二週間目・・・基礎(タオルとシコ)+壁ストレッチ
・三週間目・・・基礎(タオルとシコ)+椅子ストレッチ
・三週間目・・・基礎(タオルとシコ)+ドアストレッチ[/aside]

家にあるモノで実践できて、いいメニューですね。

では、やり方を順番に解説していきます。

基礎のストレッチ

基礎になるのは、タオルストレッチと、シコストレッチです。

タオルストレッチとは、足の裏にタオルを引っ掛けて、脚をピンと伸ばすストレッチです。左右30秒ずつ行います。

タオルストレッチ1 タオルストレッチ2

一方、シコストレッチとは、力士の「シコ」のような体制で、肩を内側に入れて、左右20回ずつゆらします。

シコストレッチ シコストレッチ

一週間目 内ももストレッチ

一週間目に、基礎の2つのストレッチと合わせてやるのは、内ももストレッチです。

以下の画像のポーズを、左右30秒ずつ行います。

内ももストレッチ1 内ももストレッチ2

二週間目 壁ストレッチ

二週間目に、基礎の2つのストレッチと合わせてやるのは、壁ストレッチです。

画像のとおりに、背中を床につけ、お尻を壁に当てるようにしながら、脚を開いて1分か2分くらい、揺らします。

壁ストレッチ

三週間目 椅子ストレッチ

三週目に、基礎と一緒に行うのは、椅子ストレッチです。

画像のように椅子に逆向きに座って、上半身を30秒ずつ揺らします。骨盤を突き出すようにするのが、ポイントです。

椅子ストレッチ

ちなみに、椅子がないときは、以下の画像のように床に座った状態でもいいそうです。

椅子なしストレッチ

四週間目 ドアストレッチ

四週目に行うのが、基礎と合わせて行うのが、ドアストレッチです。

画像のように、脚の付け根をドアに近づけて、上半身を30秒揺らしながら倒ります。

ドアストレッチ

ここまできたら、完全に開脚ですね。

「え、コレできるの?」という気がしますが、三週間目まで継続していれば、四週目にはできると言われています。

やり方の解説動画

「動きが今ひとつ分からない」という場合は、公式動画(4分18秒)を見てみるといいでしょう。

Eikoさんご本人が解説されています。

復習は書籍で

今回紹介した「ベターッと開脚」は、方法と小説仕立ての解説が入って本として、出版もされています。

書籍は100万部以上売れ、年間ランキングで上位に入るベストセラーになっています。

「ストレッチのやり方を、紙の本や電子書籍で、何度も確認したい」「小説部分でストレッチの効果を学びたい」という人は、購入してみていいでしょう。

しかし、逆に言えば、それ以外の人には、さほどオススメではない本です。

というのも、本で解説されているストレッチの方法は、テレビ番組やこの記事で説明した内容と同じです。

過度に期待して買うと「テレビと同じじゃん」とがっかりしかねません。

最初から「テレビの内容を復習しよう」「物語パートを参考にしよう」というつもりで買った人は、「買ってよかった」と思っているようです。

一方で、腰痛などを本気で改善させたいなら、下記の記事の体幹リセットダイエットの方が、評判が良いですし、効果がありそうです。

体幹リセットダイエットの痩せる効果と口コミ!やり方・方法も紹介

ベターッと開脚ストレッチの方法 まとめ

というわけで、ベターッと開脚ストレッチの方法についてでした。

ポイントをまとめます。

・ベターッと開脚は、ヨガインストラクターのEikoが提唱する開脚ストレッチ
・ダイエットや冷え性、むくみや腰痛に効果があると言われる
・ストレッチは、基礎と週替りの豊富を組み合わせて4週間で実践する
・やり方の動画も公開されている
・書籍化されており、100万部以上のベストセラー

ということですね。

開脚は、一種の特技やかくし芸にもなります。短時間でできるので、練習してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク