小林麻央の音楽療法による治療効果は?癒やし周波数の音楽の題名

スポンサーリンク

小林麻央さんが音楽療法を治療に使っているという話が話題になっています。

小林麻央さんと言えば、人気アナウンサーですが、2016年に乳がんを患っていることを発表していました。

ご自身のブログで闘病記を書いてらっしゃいましたが、様態が悪化し余命も三ヶ月と宣告されたという報告でした。多くの方が病状を案じている状態が続いています。

その小林麻央さんが、音楽療法による治療を試しているというのです。

ネットでは「どういった音楽療法なのか?」「効果はあるのか?」「癒やし周波数とは何か?」「音楽の題名はどれか」など様々な疑問を持っている方がいるようです。

そこでこの記事では、小林麻央さんの音楽療法について、調べてまとめてみます。

小林麻央の音楽療法とは?

小林麻央の音楽療法とは?

さて、小林麻央さんの音楽療法は、「ソルフェジオ周波数の528ヘルツ音楽」と呼ばれるものです。

一体どのような音源なのでしょうか?

簡単に言えば、レオナルド・ホロウィッツ博士という方が9つに分類した音階です。

このがソルフェジオ周波数のうち、「528ヘルツの周波数の音」を聞くと、「細胞修復やDNAが健康に近づく」という説があります。

2016年の3月にも、堂本光一さんが「寝る前に聞いている」と発言し、話題になったことがありました。

小林麻央さんが試したのは、この528ヘルツの周波数の音楽を聞く治療です。

音楽療法に治療の効果はある?

音楽療法に治療の効果はある?

では、小林麻央さんは治療で回復したのでしょうか?

結論から言えば、さほど良くも悪くもなっていないようです。

というのも、そもそも小林麻央さんが528ヘルツ周波数の音楽療法をについて触れたのは、ご自身のブログでのことです。

今日は
あたたかいので
色々めくって笑 広範囲の肌から吸収!

528Hzの音楽を流しながら口笛
細胞を修復する周波数だそうです。

いろいろなお力を借りて、
今日も、幸せに。

この文面だけですので「試しに聞いてみた」といった状態ですね。

残念ながら、ガンが劇的に治ったわけではありません。

ブログの引用の通り、この日は日光浴もしたそうです。

「身体にいい」「ガンにいい」とされていることを、なんでも試しているのではないでしょうか。

この528ヘルツの音楽については、以下の記事で詳しく解説していますが、あまり科学的に信憑性の高いものではありません。

528ヘルツ音楽の効果は本物?ソルフェジオ周波数の無料おすすめ曲

おそおらく、小林麻央さんも本気で治療に使ったわけではないでしょう。お守り感覚に近いはずです。

とはいえ、多少は役に立った可能性もあります。
2017年の1月には小林麻央さんは「起き上がれない日も増えた」と発言していました。

しかし3月は、ケーキを用意してお子さんの誕生日を祝うなど、闘病しながらも行動できる日があるようです。

528ヘルツ周波数の医学的な根拠はないのですが、「リラックスする癒やし効果」はあります。

リラックスできる音楽というだけでも、病気の進行を妨げる役には立つ可能性がありますね。

スポンサーリンク

癒やし周波数の音楽の題名は?

では、その癒やし周波数の音楽はどれなのでしょうか?

「音楽の題名が知りたい」という人も多いようですね。

小林麻央さんが聞いている音楽自体はの題名は不明なのですが、先ほども紹介した以下の記事に528ヘルツ音楽の動画があります。

528ヘルツ音楽の効果は本物?ソルフェジオ周波数の無料おすすめ曲

「TOSHI ORIGINAL HEALING PIANO |『愛の周波数528Hz』| 有本 紀」という題名の曲があるのですが、こうした音楽の1つだと考えられますね。

まとめ

というわけで、小林麻央さんの音楽療法についてでした。

・小林麻央さんが乳がんの闘病をしながら音楽療法を試している
・ソルフェジオ周波数528ヘルツの音楽を聞いたらしい
・医学的に根拠はないが、リラックスできる癒やし音楽
・リラックス効果のためか、小林麻央さんは起きて行動できる日もある様子
・動画サイトなどにも528ヘルツの音楽はある

ということですね。

小林麻央さんは、自分と同じように病気と戦っている方を勇気づける意味でも、ブログを書いているといいます。

ということは、528ヘルツ周波数の音楽を紹介したのも、多少は「誰かの役に立つかも知れない」という思いがあったのでしょう。

小林麻央さんの気持ちを大事に受け取って、病気やストレスを感じている時に、試しに音楽療法の音源を聞いてみるといいかも知れませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です