テレビ・CM

24時間テレビ・マラソンの放送事故!やらせ疑惑やハプニングも!

毎年恒例の、24時間テレビ。

近年でも「日本人の3人に1人が見ている」というような高視聴率をとることがあり、圧倒的人気番組になっています。

生放送ならではの緊張感や熱気も伝わってくるのが、面白さですね。

しかし、生放送だけに放送事故やハプニングもあります。

中には「やらせなのでは?」と言われてしまった事件もあるのです。

この記事では、そんな24時間テレビの放送事故、マラソンの不正、やらせ疑惑などハプニングについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

24時間テレビの放送事故やハプニング

普通、テレビは収録して、編集して放送されます。

ところが、24時間テレビは生放送で、しかも時間は連続24時間。スタッフも徹夜になるため、当然放送事故が頻発します。

具体的には、24時間テレビで起きた放送事故として、以下のようなものがあります。

小島よしおが熱湯で熱がらない

小島よしおが熱湯で熱がらない

2007年の24時間テレビで、小島よしおさんが、熱湯をかけられるという罰ゲームを担当しました。

普通の芸人なら「あちち!」とリアクションをとるところでしょう。

しかし、小島よしおさんは、特に熱がらずに平然としてしてしまったのです。

つまり、「お湯が意外と熱くない」という事実がが判明してしまったわけですね。

安全が確保されているとわかったので、微笑ましい放送事故ではあります。
とはいえ、収録番組なら、確実にカットされる場面でしょう。

オリエンタルラジオ藤森、伏せ字声に出す事件

オリエンタルラジオ藤森、伏せ字声に出してしまう

2011年、オリエンタルラジオの藤森さんは、女性芸能人との妄想恋愛を語るコーナーを担当。

ちょっと気持ち悪いくらいの妄想シチュエーションを、熱弁していたのです。

一応公共放送のマナーを守るためなのか、「妄想に登場する女性は誰か」は、秘密にした上で語るというルールがあるコーナーでした。

ところが、藤森さんは「素敵だしさ、ベッキー」と発言。名前を声に出してしまったのです。

収録なら「ピー」音が入る箇所なのですが、生放送のためそのまま放送されてしまいました。

一般人と大倉忠義の握手ハプニング

一般人が大倉忠義を握手の手をはらいのける

生放送には、芸能人だけではなく一般人も写ります。

もちろん、通常は一般人もマナーを守って出演するのですが、事件が起きることもあります。

2014年一般人が出演者に握手を求めてくる場面が放送されました。

出演者の村上信五さんは、その一般人と笑顔で握手。

続いて、大倉忠義さんと握手・・・するはずだったのに、放送事故発生。

なんと、一般人の方が大倉忠義さんとの、握手を拒否。

手をはらいのけてしまったのです。

どうやら、その一般人の方は大倉忠義さんが嫌いだったみたいです。
その様子が全国放送されてしまうハプニングでした。

24時間マラソンの放送事故・ハプニング

24時間マラソンでも、数々の放送事故・ハプニングが発生しています。

間寛平、人だかりで走行不能!ゴールできず

間寛平、人だかりで走行不能

1992年、一番最初の24時間マラソンで、間寛平さんにハプニングが起きました。

結果、ゴールできなくなってしまったのです。

「ゴールできない」といっても体力の問題ではありません。

「放送現場を見よう」という一般人の野次馬が多すぎて、走ることができなくなったのです。

そのため、間寛平さんには体力が残っていたにもかかわらず、放送中にはマラソンでゴールができなくなってしまいました。

そのため、翌年以降は「どこを走ってか」というコースは、大体的には発表されないことになりました。

放送中に時間に間に合わなくてゴール失敗

放送中に時間に間に合わなくてゴール失敗

もちろん、単純に「放送中に完走できなかった」という事例もあります。

[aside normal”]

・ダチョウ倶楽部
・山田花子
・大島美幸[/aside]

といったランナーのときには、放送中に規程のコースが走れませんでした。

ゴールしないまま、番組終了となる残念な年となりました。

「ゆっくり走ってください」の音声が入る

「ゆっくり走ってください」の音声

逆に、早くゴールしすぎるパターンもあります。

24時間テレビのスタッフとしては「マラソンのゴールは、番組のラストにしたい」と思うものです。終盤が感動的になりますからね。

ところが、2016年の林家たい平さんがランナーのときは、計画よりもにも順調すぎたたのです。

「このままでは番組の中途半端なタイミングで、ゴールしてしまう」と思ったからなのか、スタッフが林家たい平さんに「ゆっくり走ってください」と指示。

時間の調節をしようとしたようです。

ところが、マイクが「ゆっくり走ってください」というスタッフの指示まで拾ってしまいました。結果的に、時間調節の指示が、全国に生放送で聞こえてしまったのです。

嘘などがバレるの放送事故ではありませんが、「やっぱりタイミングの調節とかはあるんだなー」と思ってしまいますね。

マラソンのやらせや嘘?ワープや自動車移動の疑惑

24時間マラソンは、「やらせだ」「嘘だ」「偽装だ」といわれてしまった疑惑もあります。

やらせと言わせた事例として、以下のようなエピソードがあります。

マラソンのやらせや嘘?ワープや自動車移動の疑惑

[aside normal”]

・2002年、西村知美が1時間で20キロ進んでいた
・2012年、佐々木健介・北斗晶がランナーのときに、3歩で6キロ進んだ
・2013年、森三中の大島美幸の走行距離が短い?[/aside]

2002年、西村知美さんは、20キロを1時間で進んだと言われます。

2012年の佐々木健介さん・北斗晶さんは、たった3歩で6キロ進んだような表示が出てしまいました。

普通、人間は1時間で10キロ走れば十分です。

それが、一瞬で倍速以上で動いているのだから、驚きですよね。

ネットではワープ(車移動)と言われています。

ただ、これは文字テロップのミスかも知れないので、走る距離の嘘かどうかは、分かりません。

その他、大島美幸さんが走ったとされる距離は88キロなのに、「地図で見ると48キロしかなかった」というネットの指摘も話題になりました。

ただ、これは直線距離と、曲がりくねった道を実際に走ったときの差のようです。嘘というほどではないようですね。

とはいえ、以下の記事に書いたとおり、TOKIO・城島さんが走ったときに、本当に100キロ以上走っていた事実は証明されています。

何もかも嘘だらけというわけでもなく、基本的にはしっかり走っていることが分かっています。

24時間テレビマラソンランナー歴代走者一覧!距離やギャラ情報まとめ

視聴者のツッコミは細かいようですが、24時間テレビは、チャリティや感動をウリにしています。

「やらせや過剰演出での感動演出なんて許せない」という意見が出るのは、当然でしょう。

24時間マラソンの放送事故やハプニング まとめ

というわけで、24時間テレビについてでした。

・24時間テレビは生放送で行われるため、放送事故も多い
・リアクション芸や、音声が入ってしまう放送事故や一般人のハプニングなどがある
・24時間マラソンは、やらせ疑惑もある
・とはいえ、基本的には公表通り走っている

ということですね。

◎関連記事

24時間テレビマラソンランナー歴代走者一覧!距離やギャラ情報まとめ

走る理由がある人って誰?2017年24時間TVマラソンランナーの予想

スポンサーリンク