芸能・エンタメ

尾花貴絵の大学や彼氏は?家族の姉と兄と父や特技のバレエも気になる!

女おゆうやファッションモデルとして活動中の、尾花貴絵さん。

テレビ出演の機会もあり「尾花貴絵について知りたい」と思っている人が増えているようです。

ネットでは「尾花貴絵って彼氏はいるの?」「父や野球選手だったの?」「姉がいるらしいけどどんな人?」「バレエを習ってたんだって?」と、興味を持っている人の書き込みも増加していますね。

そこでこの記事では、尾花貴絵さんについて、まとめていきます。

スポンサーリンク

尾花貴絵のプロフィール

さて、まずは尾花貴絵さんのプロフィールを整理しておきます。

尾花貴絵のプロフィール
名前 尾花貴絵
性別 女性
生年月日・年齢 1992年7月28日・25歳
出身 神奈川県
血液型 O型
身長 174センチ
職業 モデル、女優

尾花貴絵さんは、1992年7月28日生まれの女性です。

174センチという、女性にしてはかなり背か高く、男性にしても日本人ではそこそこになるくらいの身長です。

その体型を活かして、モデル活動をされています。

家族の姉と兄と父と母

尾花貴絵さんの家族構成は、以下のようになっています

[aside normal”]尾花貴絵の家族

・父親・・・元プロ野球選手の尾花高夫
・母親・・・元客室乗務員
・姉・・・八歳年上
・兄・・・三歳年上[/aside]

ご家族の中で、よく注目されるのは、お父様です。

お父様は、元プロ野球選手の尾花高夫さん。

ヤクルトスワローズのピッチャー、横浜ベイスターズの監督をしていた野球ファンにはお馴染みの存在です。

その他のお母様やお姉様、お兄様に関しては、一般人のため情報はあまり公表されていません。

とはいえ、尾花貴絵さんは家族を基準にしてインタビューなどに答えることが多く、少なくとも家族関係は悪くないようです。

特技のバレエでテレビ出演

尾花貴絵さんの特技はバレエです。

「テキトーにアピールポイントを書いただけじゃないの?」なんて思っている人もいるようですが、尾花貴絵さんのバレエ技術は本物です。

8歳の頃からクラシックバレエを習っており、「プロを目指したい」と思った時期もあったといいます。

2015年には、バレエ関連の番組「芸能人本気バレエ!密着200日…白鳥の湖を踊りたい!」にも出演しました。

また、2017年の「世界ふしぎ発見」でも「オペラ座バレエ団で活躍する日本人バレリーナ」を特集する際、ミステリーハンターとして出演。

今後も、バレエ関連の企画では呼ばれそうですね。

大学進学はせずにオスカープロモーションへ所属

「尾花貴絵って、大学はどこに行ってたの?」という声もありますね。

ただ、答えを言うと、尾花貴絵さんは大学進学はしていません。

2010年、18歳の段階で、JMAAのモデルオブザイヤーを受賞しており、その流れですぐにプロモデルになっています。

オスカープロモーションと契約して、モデル活動を開始しているので、大学生活をしていた時期はないのです。

彼氏はいる?理想の結婚相手の年収は一億以上

そんな尾花貴絵さんには、彼氏はいるのでしょうか?

尾花貴絵さんの所属するオスカープロモーションは、25歳まで恋愛禁止というルールで有名な事務所です。

もちろん、法律ではないので、実際は破っているタレントもいるのですが、尾花貴絵さんは今のところ守っています。つまり、彼氏ネタが報道されたことは、ありません。

美人なので、彼氏がいた経験はどう見てもありそうです。

ただ、尾花貴絵さんは、以下のように発言しています。

[btn class=”bg-yellow big lightning”]理想の結婚相手の月収は100万円以上
できれば、月収1000万円以上[/btn]

朝日放送の「今ちゃんの実は」に出演した際に、理想の結婚相手について質問されたときの回答です。

本人も「申し訳ありません」と、無茶を言っている自覚をしているようでした。それでも、少なくとも月100万円以上を稼いでいる男性がいいというのです。

お父様がプロ野球選手でるから、どうしてもトップアスリートの年俸を基準に、収入を考えてしまうのでしょう。

年収が数千円~億超えする男性は、そうそう見つかるものではありません。

と、考えると、尾花貴絵さんの本命の彼氏は、まだまだ見つかっていなさそうですね。

尾花貴絵 まとめ

というわけで、についてでした。

・父親は、元プロ野球選手の尾花高夫
・家族は他に、母、姉、兄がいる
・特技は、8歳から習っていたバレエで、関連番組にも出演している
・大学進学はせず、18歳でモデルの賞をとって事務所に所属
・彼氏の報道はされていない
・理想の結婚相手の年収は1億円以上と発言。相手を見つけるのは難しそう

ということですね。

スポンサーリンク