スポーツ

ルイス・ネリのプロフィールと戦績!強さと出身国籍や年齢まとめ

ボクシング選手のルイス・ネリ選手が、注目されています。

ルイス・ネリ選手は、22歳のボクサー。

「デビューして以来、負けたことがない」という伝説的な強さを誇ります。

2017年8月には、「神の左」と呼ばれる山中慎介選手と対戦することが決定。話題になっています。

※2017年8月16日試合後追記。山中慎介選手戦は、ルイス・ネリ選手が勝利しました。

ネットでは「ルイス・ネリ選手のプロフィールが知りたい」「強さは?戦績が知りたい」「身長や出身は?」と、気になっている人も多いようですね。

そこでこの記事では、ルイス・ネリ選手のプロフィールや戦績について、まとめていきます。

スポンサーリンク

ルイス・ネリのプロフィール

まずは、ルイス・ネリ選手のプロフィールを見てみましょう。

ルイス・ネリ選手は、日本語のwikiが作成されていません。
wikiに載せられるような基礎情報がまとまった公式ページも存在しないので、ここにプロフィールを整理しておきます。

ルイス・ネリのプロフィール
名前 ルイス・エステバン・ネリー
性別 男性
生年月日・年齢 1994年12月12日・22歳
出身 メキシコ
身長 163センチ
階級 バンタム級
デビュー 2012年

年齢は22歳で身長は163センチ

年齢は22歳で身長は163センチ

ルイス・ネリ選手は、1994年12月12日生まれの男性です。

したがって、2017年現在の年齢は22歳。まだまだ若い選手だと言えます。

2017年8月に対戦する山中慎介選手のような選手は、30代です。10歳以上年上の選手との戦いをしていくことになりますね。

やはり、勢いは若い方がありますから、年上に大して突撃してKOという試合展開が期待される年齢でしょう。

一方、身長は163センチです。

スポーツ選手にしては小柄な方ですが、低身長を活かして下から潜り込むような戦い方もできるでしょう。

出身と国籍はメキシコ

「ルイス・ネリって、どこが出身の選手なの?」と疑問に思っている人も多いようです。

ルイス・ネリ選手は、メキシコのティファナ出身です。

メキシコティファナは、アメリカ合衆国のちょうど国境にある街です。

そのため、人口100万人以上の都会で、アメリカからの旅行客も多い場所だと言われます。

ですが、だからこそ犯罪組織のアメリカとの取引も多い街です。

つまり、一言で言えばルイス・ネリ選手は

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「国境沿いの犯罪が多い都会」[/btn]

で生まれ育った人物です。

危険な喧嘩やストリートファイトも多い地域ですから、拳に込められた覚悟も日本人とは違うかも知れませんね。

戦績と強さ

そんなルイス・ネリ選手の戦績や強さはどれくらいなのでしょうか?

整理すると、以下のようになっています。

[aside normal”]

・2012年にデビュー
・戦績:23戦23勝
・17戦はKO勝ち
・引き分けはなし[/aside]

[btn class=”bg-yellow big lightning”]デビューしてから全勝している無敗の男[/btn]

ということで、強さは文字通り世界レベルです。

とはいえ、今まではメキシコ内で戦ってきたボクサーなので、世界戦は2017年が初めてになります。

特筆すべきは、KOの多さです。

若さの勢いに任せて序盤から突撃して、KO勝利するボクシングらしい戦い方をします。

実戦の動画でも「一気にたたみかける」というスタイルが多いですね。


(動画:21分02秒)

ですが、だからこそ長期戦になると強さを発揮できません。持久力が持たないというのげ懸念点だと言えるでしょう。

ルイス・ネリ まとめ

というわけで、ルイス・ネリ選手についてでした。

・ルイス・ネリは1994年12月12日生まれの男性
・2017年現在の年齢は22歳
・身長は163センチでやや低め
・出身はメキシコのティフアナ。都心だが犯罪が多い街で育った
・戦績はKO勝ちが多い23戦23勝
・一気にたたみかけてKO勝利する戦闘スタイル

ということですね。

ちなみに、ルイス・ネリ選手はお祖父様も父親ボクシング選手とのことです。

そのため子供の頃から「お父様やおじいさんみたいなボクシング選手になる」という夢は持っていたとのこと。

世界戦は自分の夢であることはもちろん、家族の夢でもあるでしょう。

今後、どのようなドラマを見せてくれるのか楽しみですね。

スポンサーリンク