芸能・エンタメ

超特急リョウガは彼女なしのオタク?好きなアニメ7作品と家族や犬の情報も

「超特急リョウガが、アニメオタクすぎてヤバイ」
「現実の女性に興味がなくて、彼女もいないらしい」

と、話題になっています。

リョウガさんと言えば、2011年からダンス音楽グループとして活動する「超特急」のメンバーです。

2013年には、ユーキさんからリーダーの座を交代。まさにグループの顔になるイケメンリーダーです。

が、しかし、実はアニメ好きのオタクという意外な一面があるのです……!

もちろん、熱心なファンは以前から知っていた事実でしょうが、最近テレビ出演で知った世間の人たちは、「オタクなの!?」驚いているようです。

ということで、この記事では、超特急リョウガさんの彼女いないエピソードと、異常なオタクをまとめました。

また、リョウガさんが好きなアニメ7作品と、家族や愛犬の情報についても整理しています。

スポンサーリンク

超特急リョウガのプロフィール

超特急リョウガのプロフィール
名前 リョウガ
性別 男性
本名 船津 稜雅
生年月日・年齢 1994年10月23日・22歳
出身 神奈川県
血液型 O型
イメージカラー
身長 177センチ
体重 51キロ
事務所 スターダストプロモーション

元ジャニーズでかっこいい【画像】

リョウガさんこと本名・船津稜雅さんは、1994年10月23日生まれの男性です。

中学1(年齢12歳)頃には、芸能活動をはじめています。その証拠に、以下のような記録や画像が残っています。

[aside normal”]

・2006年~2007年にジャニーズJrに所属していた
・2007年の「Wink Up」6月号の新人ジャニーズに登場している
・2007年、事務所をスターダストに移籍
・イベント「POWER BOXX vol.1」で目撃されている[/aside]

元ジャニーズのイケメン かっこいい

幼くて、やる気のなさそうな印象もありますね。

やる気がないのも当然で、当時はお母様が「芸能活動をして欲しい」とお願いしてリョウガさんに活動させていたようです。

そのため、リョウガさん本人はさほどジャニーズに乗り気ではなかったのだとか。

もちろん、大人になってからは、自分でもやると決めて芸能活動をしています。

そんな現在のリョウガさんの写真画像がこちらです。

リョウガ現在の画像

世の中の、幼少期から活動している少年タレントの中には、大人になって顔が崩れて劣化してしまう人もいます。

その点、リョウガさんはりりしさが増しています。良い感じにかっこよく成長していますね。

画像だけ見ると、普通にイケメンの音楽ユニットのリーダーらしい風貌です。

女の子の歓声を浴びるにふさわしいタイプに見えるでしょう。実際、4thシングル「Bloody Night」や7thシングル「Believe×Believe(ビリビリ)」ではセンターを務めており、女子人気は間違いありません。

が、なんと当のリョウガさんは、現実の女の子に、興味がないというのです。

二次元好きのアニメオタクで彼女なし

二次元好きのアニメオタクで彼女なし

超特急のリョウガさんは、アニメオタクであることを公言しています。

アニメにも色々な種類がありますが、リョウガさんは幅広く見るタイプのようです。美少女系のアニメにもハマっており、

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「2次元が好きすぎて3次元に興味がない」
「3次元の人は立体的すぎ」
「現実の女性を今まで一度も好きになったことがない」[/btn]

と、衝撃の発言をしています。

一度も彼女ができたことがなく、恋愛経験もないとのこと。

恋愛スキャンダルが起きないのはいいこと(?)でしょう。

ただ、女性ファンとしては、リョウガさんから全く相手にされていないようで、少し悲しい気持ちも感じるかも知れません。

好きな女の子のタイプ3つ

好きな女の子のタイプ3つ

「興味がない」といっても、別にリョウガさんはホモではありません。

普通に女性への関心はあります。事実、過去のブログやインタビューで、好きな女性のタイプを語っています。

[aside normal”]超特急リョウガのタイプの女性

・優しい人がいい
・一緒にいて楽しい人と付き合いたい
・好きになったら、その相手がタイプになると思う[/aside]

緊張感のある恋愛より、明るく楽しく過ごしたいようですね。

インタビューでは「自分からはアプローチしない。奥手」と答えていますが、ろくに好きな人もできたことがないなら、当然のような気もします。

好きな二次元美少女は東條希

紅白にも出場した人気アニメコンテンツの『ラブライブ』。

『ラブライブ』の女の子のキャラクターの中では、リョウガさんは東條希ちゃんが好きとのことです。

ラブライブのキャラでは東條希

『ラブライブ』にストーリーを知っている人からすると「ちょっとマニアックなところを選ぶな」という感じがするのではないでしょうか。

知らない人のために解説すると、リョウガさんが好きな東條希ちゃんは、次のようなキャラクターです。

[aside normal”]

・落ち着いていて、あまり感情的にならない
・スピリチュアル好きで、神社の手伝いをしている
・優しくて、怒らない、母性が強い性格

※アニメのメインキャラではない。縁の下の力持ちタイプ[/aside]

「優しい人がいい」という好みにはマッチしているのかも知れません。

イメージカラーは、東條希ちゃんとリョウガさんは同じ紫色だったりします。

女の子だったら超特急のカイと付き合いたい

ちなみに「超特急」のメンバーで「自分が女の子なら超特急の誰と付き合いたいか?」というトークをしたことがあります。

楽曲『Beautiful Chaser』のリリース時のリョウガさんの意見は、

「昔はユーキだったんですけど、最近はついていかせてくれそうな……カイ(と、付き合いたい)」

というものでした。

初代リーダーのユーキさんや、主体性の強いカイさんがお好みとのこと。

自分が女の子なら超特急の誰と付き合いたい

基本的に「引っ張っていって欲しい」という気持ちがあるようです。

女の子だったら超特急のタクヤと結婚したい

「付き合いたいメンバー」と、「結婚したいメンバー」は別なようです。

2016年3月のインタビューによると、リョウガさんが「自分が女性だったら、結婚したい超特急のメンバー」は、タクヤさんとのこと。

結婚したいメンバーはタクヤ

[aside normal”]

・意見をちゃんと持っている
・頭がよくて問題が解決できる[/aside]

というのが、理由とのことです。

好きなアニメ作品7つ

さて、「アニメ好き」という超特急リョウガさん。

具体的には、どのようなアニメ作品が好きなのでしょうか?

世間には「芸能人のキャラ作りでオタクとか言ってるだけで、実際はアニメに詳しくないんじゃないの?」と邪推している人もいます。

実際のところは、どうなのでしょうか?

実は、リョウガさんがアニメにガッツリハマりはじめたのは、2015年頃以降とのこと。

つまり、小さい頃から好きだったわけではないのです。当然、知識もありません。

そういう意味ではネットで「にわかだ」と言われるのも無理ないでしょう。

ただ、現在アニメにハマっており、人気作を見まくったり、ゲーム版ややったり、映画に行ったり、アニソンを歌ったりしているのは事実。

最近は「アニソン以外聞いてないから、音楽のことが分からなくなってきた」とも言っています。

そんなリョウガさんが好きだと語っている作品を、列挙してみました。

「ラブライブ」ラブライバーでスクフェスもプレイ

リョウガさんがアニメにハマった大きなキッカケは、『ラブライブ』です。

ラブライブが原点!ラブライバーでスクフェスもプレイ

同じ超特急メンバーのユーキさんに勧められて見たそうです。

ただの美少女アニメかと思いきや、「廃校の危機を救うために、主人公高坂穂乃果たちが、力を合わせて努力する」という、意外に熱い青春ストーリーだったのが、ツボにハマった模様。

また、『ラブライブ』は、歌とダンスのライブシーンが見せ場です。

ステージに立つ機会が多いリョウガさんは、共感する面も多かったのではないでしょうか。

また、リョウガさんは、スマホアプリのリズムゲームの「スクフェス」こと『ラブライブ・スクールアイドルフェスティバル』に熱中したことも、ラブライバーになるきっかけになったようですね。

着々と、「スクフェス」のランクをアップさせているとのことです。

「このすば(この素晴らしい世界に祝福を)」は原作も読破

このすば(この素晴らしい世界に祝福を)

リョウガさんが「好き」と度々名前をあげているタイトルが「このすば」。

正式なタイトルは「この素晴らしい世界に祝福を!」です。

主人公が異世界に転生して冒険する、近年人気のジャンルの作品。テンポよく進むアニメ版も、BD・DVDが累計10万枚以上売れる人気作となりました。

ライトノベルの原作も300万部突破しているのですが、リョウガさんはもちろん読破済み。

[btn class=”bg-yellow big lightning”]「このすばの原作を読みながら、このすばのアニソンを聞く」[/btn]

と語っており、作品の世界に深く浸っているようです。

「ソードアート・オンライン」のキリトが憧れ

「ソードアート・オンライン」のキリト

「演じてみたい」「主人公みたいになりたい」と語っているアニメは、ゲームの世界での決死のバトルを描いた『ソードアート・オンライン』。

全世界2000万部売れた人気ライトノベルシリーズです。

リョウガさんは、強くて勇敢でクールな主人公・キリトに憧れているといいます。

[aside normal”]
・クールで男気もあってかっこいい
・リア充で羨ましい
・相思相愛の相手もいる
・女性キャラクターにモテるのがいい[/aside]

と、語っています。

リョウガさん、「三次元の女性に興味がない」とか言いつつも、やっぱりモテたいんですね(笑)。

進撃の巨人やエロマンガ先生も

その他、リョウガさんが「見ている」「好き」と言っていた作品は、以下の通りです。

進撃の巨人やエロマンガ先生

[aside normal”]

・進撃の巨人
・エロマンガ先生
・小林さんちのメイドラゴン
・東京喰種[/aside]

実際は、最新作も過去の話題作も次から次へと見ているようなので、インタビューでは語りきれない本数になっているでしょう。

その他、アニソンとしては『デジモンアドベンチャー』の「Butterfly」をよく歌うと話しており、メジャーどころは押さえているようですね。

超特急メンバーのユーキさんんは、「ガンダム」や「Re:ゼロ」「学戦都市アスタリスク」「うまるちゃん」「ダンガンロンパ」などなど、多様なジャンルについてブログで感想を書いています。

リョウガさんも、影響を受けていると思われます。

子供時代からガリガリオタク体型 体重は51キロ

子供時代からガリガリオタク体型 体重は51キロ

「イケメンなのにオタクなんだ」というのは、ちょっとギャップのある部分ではあります。

が、リョウガさんはけっこうオタクらしい体型だったりもします。

というのも、オタクと言えば「太っている」か「痩せすぎ」かというイメージがありますよね。

リョウガさんの場合は、「ガリガリの痩せすぎ体型」にまさに当てはまります。

[aside normal”]

・身長177センチ
・体重51キロ
・BMI16.28
・適正体重より17.92キロ軽い[/aside]

というのは、驚くべき数値でしょう。

ダンサーだったら筋肉をつけても良さそうなものですが、リョウガさんは「超特急のガリガリ担当」であることに誇りを持っているそうです。

意味のある誇りなのでしょうか。

リョウガは犬のティアラと家族を愛し過ぎ

彼女がいない分なのか、リョウガさんの愛情は、ご家族と犬に向いています。

愛犬ティアラを溺愛

愛犬のティアラちゃんについては、頻繁にブログで語られていますね。

愛犬ティアラを溺愛

[aside normal”]

・いつも外では「ティアラに会いたい」と連呼している
・ブログに頻繁に写真が載る
・犬・ティアラと会話(?)している[/aside]

といった数々のエピソードが報告されています。

このチワワのティアラが、彼女のような存在になっているのではないか、とファンには言われています。

家族の父・母と祖母も大好き

リョウガさんは、家族とも仲が良いです。

普通、大人になると男性は家族から距離が離れることが多いのですが、リョウガさんのブログには、家族ネタばかり書かれています。

[aside normal”]

・父親が、ライブの観客席で応援してくれた
・家族とラインのやり取りを頻繁にする
・父親や母親、祖母の送り迎えをする[/aside]

など、仲の良さが伺えます。

仕事して、アニメを見て、家族と犬と過ごすというのが、リョウガさんのオタクライフなのかも知れません。

アニステでMC決定!古坂大魔王や岡田斗司夫と出演

「イケメンなのに、ガリガリ体型で、二次元美少女が好き」「家族と犬ばかり愛していて、現実では恋愛をしない」という変わり者のリョウガさん。

ただ、そのおかげでアニメ関連の仕事も増加中です。

[aside normal”]

・2017年『COMIKAWA』でアニメや声優のコラムを担当
・2017年、TOKYO MXテレビで「アニステ」のMCを担当
・2016年にピコ太郎でブレイクした古坂大魔王とも一緒に出演
・「昭和vs平成 アニメ&特撮&マンガ ヒーロー、ヒロイントップ20~1億2千万人が選んだ永久保存版ランキング~」にも出演
・オタキングことアニメ評論家の岡田斗司夫とも一緒に出演
[/aside]

など、着々と「アニメオタクタレント」として活動するようになっています。

変人で正解だったと言わるでしょう。

まとめ:超特急リョウガはアニメオタクで人気上昇

というわけで、超特急リョウガさんのアニメオタクと変人ぶりについてでした。

まとめます。

[aside normal”]

・超特急のリョウガは、1994年10月23日生まれの男性

・元ジャニーズのイケメンで、元リーダーだが、オタク
・好きな人のタイプは優しい人らしいが、現実の女性には興味がないという
・二次元美少女だと、ラブライブの東條希が好み
・超特急メンバーだと、カイやタクヤが好きらしい

・好きなアニメ作品は「ラブライブ」を筆頭に「SAO」や「このすば」など
・子供の頃からガリガリ体型で、体重は51キロしかない
・家族と犬が大好き過ぎる変わり者

・「アニステ」などアニメ関連の仕事が増えている[/aside]

ということで、結果的にはリョウガさんはアニメオタクのおかげで仕事が増えています。

今後も、活躍していきそうですね。

スポンサーリンク