美容・健康・ダイエット

ウルフカットが似合わない!似合う人との顔とまとめ方の違いは?

男女ともに人気の髪型ウルフカット。

「モデルや芸能人に憧れて、自分もウルフカットにしてみた」という人も多くいます。

ですが、「ウルフカットにしてみたけど、似合わなかった」「なんか変になった」と困っている人も多いようですね。

そこでこの記事では、そもそもウルフカットとは何なのか? 似合う人と似合わない人の違いは何なのか? どういった顔の人に似合うのか? 似合わない人は、どのように工夫してセットすればいいのか? 解説していきます。

スポンサーリンク

ウルフカットとは?襟足と段の作り方がポイント

さて、そもそもウルフカットとは何なのでしょうか?

ウルフカットとは、ウルフ(オオカミ)のたてがみのように、襟足を高くしたヘアースタイルのことです。

また、レイアー、つまり段を作ってカットしていくのも特徴です。

ワイルドで力強く、おしゃれな印象になるので、男女ともに人気があります。

ウルフカットが似合うのは丸顔!

三大寺 慶悟さん(@sandaiji_chest)がシェアした投稿

では、どのような顔の人に、ウルフカットは似合うのでしょうか?

ウルフカットにも、ショート、ミディアム、ロングと、様々な種類があるので、セットの仕方によっては、大体の人に似合います。

とはいえ、特に似合いやすいとされるのは、丸顔の人です。

なぜ丸顔の人にウルフカットが似合うのかと言うと、ウルフカットが縦ののラインを強調するヘアスタイルだからです。

丸顔が縦に強調されると、ちょうどよくシャープな印象に変わり、かっこよく見えるというわけですね。

ウルフカットの長い襟足によって、縦の印象を強調すれば、童顔の人も大人っぽく見えるのです。

ウルフカットが似合わないのは面長の顔の人?

逆にウルフカットが似合わない人はどのような人なのでしょうか

ウルフカットが似合わないと言われがちになのは、面長の人です。

面長の人は、もともと顔が縦に長くなっています。

そのため、ウルフカットで縦のラインを強調すると、どんどん顔が長くなっていってしまうのです。極端な話、オオカミというより、ウマのようなイメージになってしまいます。

ですから、面長の人は安易にウルフカットにしてしまうと、「ウマみたいで格好悪い」ということになりかねないのです。

ですが、最近では面長の人でも似合うウルフカットのまとめかたも見つかっています。

似合わない人はサイドにボリュームをつけてまとめること

面長の人にウルフカットが似合わない理由は、縦のラインを強調しすぎてしまうからです。

ということは、横のラインを強調したウルフカットにすれば、面長の人でも似合うようになります。

つまり、髪をセットする時に「横にボリュームをつけよう」と意識すれば、面長でもウルフカットが似合うようになるのです。

ショート・ミディアム・ロングと種類豊富

さらに一言でウルフカットといってもショートミディアムロングという種類が存在しています

ロングのウルフカットは、たてに髪を伸ばしていくので、縦の印象がどんどん強調されていきます。

一方で、ショートのウルフカットは、髪が短いので、そこまで縦長の印象にはなりません。

面長気味の人は、ショート・ミディアムのウルフカットを試してみるといいでしょう。

ウルフカットが似合う人と似合う人 まとめ

というわけで、ウルフカットが似合う人と似合う人についてでした。

・ウルフカットとは、襟足を長くして段を作った髪型のこと
・顔を縦長に強調したイメージにできる
・丸顔の人には似合いやすい
・面長の人は、顔が現実異常に縦長に見えて似合わないと言われる
・とはいえ、ロング、ミディアム、ショートなどバリエーションが増えているため、大体の人はまとめ方次第で似合う
・「似合わない」と思った人は、サイドにボリュームが出るようにまとめるといい

ということですね。

一般論としては「丸顔の人の方が似合う」と言われますが、がセット次第で大体の人には似合います。

さらに、モデルの中には「面長だけど、あえて縦を強調する」といったようなに逆のことをする人もいるようです。

最終的には、どうどうと自信を持ってヘアスタイルをまとめていれば、面長でも丸顔でも、おしゃれに見えるのかもしれません 。

スポンサーリンク