サングラス似合わない!似合う人との違いと種類の選び方は?

スポンサーリンク

サングラスは、顔の印象を大きく変えるアイテムです。

上手く似合えば、まるで映画の女優や俳優のような、かっこいい印象になりますが、逆に失敗すると、お笑い芸人のコントのような、間抜けなイメージになってしまいます。

では、どのような人にサングラスが似合うのでしょうか? どのような人だと、似合わないのでしょうか? サングラスが似合わない人でも似合いやすい種類はあるのでしょうか?

この記事では、サングラスの似合う・似合わないについて、まとめていきます。

サングラスは似合う人と似合わない人がいる?

サングラスは似合う人と似合わない人がいる

ドラマを見ていて「このサングラスをかけた俳優かっこいいな、マネしてみようかな」と、思う人は多いでしょう。

しかし、サングラスを選ぶときは、注意が必要です。

サングラスは、似合う人と似合わない人がいるのです。

正確に言えば、「似合わない」と言われる人でも、比較的まともに見えるサングラスの種類も存在しますが、選び方を間違えると、とてもダサく見えてしまいます。

サングラスが似合うのは彫りが深い人

サングラスが似合うのは彫りが深い人

では、どのような人のサングラスが似合うのか?

端的に言えば、彫りが深くて、欧米人のような顔つきの人には、サングラスが似合います。

他にも、次のような顔の特徴があれば、どんなサングラスをかけても似合うでしょう。

・シャープな顔立ち
・顔が彫りが全体的に深い
・眉毛と目が近い
・鼻が高い

「シャープで彫りが深い人にサングラスが似合う」というのは、イメージ通りでしょう。

サングラスは、顔を覆う道具です。立体的な顔でないと、のっぺりとしたカバーをつけているような、変な印象になってしまいます。だからこそ、彫りが深い方がいいのです。

また、見落とされがちなポイントとして、「眉毛と目が近い」ということも大事です。

サングラスをかけたときに、眉毛が上の方に飛び出ていると、間抜けに見えます。

サングラスは、「表情が分からない」というクールさがかっこいいので、眉毛も含めて覆い隠せるかどうかが、似合うかどうかの分かれ目になります。

サングラスが似合わないのは平坦な顔の人

サングラスが似合わないのは平坦な顔の人

逆にサングラスが似合わない人は、次のような特徴のある人です。

・顔が太い
・平坦な顔
・眉毛と目が遠い
・眉毛が太い
・鼻が低い

顔が太くて平坦だと、サングラスはなかなか似合いません。

そこそこイケメンだったり美人だったりする人でも、日本人は平坦な顔の人が多くいます。

すると、サングラスをかけると、平坦な顔とレンズがつながって見えて、ダサい印象になってしまうのです。

鼻が低いと、サングラスというより、まるで布でも巻いているように平べったく見えるので、やはりあまり似合いません。

また、眉毛が太かったり、眉毛と目が離れている人も要注意です。

目を隠しているのに、眉毛が上でくねくねと動いて見えると、クールさが消えてしまいます。

表情が見え過ぎては、サングラスのかっこよさがなくなるので、眉毛が飛び出ないかもチェックした方がいいですね。

レンズが大きくてパッドが厚い種類なら、平坦な顔でも似合う

レンズが大きくてパッドが厚い種類なら、平坦な顔でも似合う

「じゃあ、平坦な顔の人は、絶対にサングラスが似合わないの?」というと、そんなこともありません。

サングラスが似合わなくなってしまうポイントを、ケアするように工夫すればいいのです。

具体的には、次のようなポイントに気をつけましょう。

・鼻パッドが分厚いサングラスを選ぶ
・レンズが大きいサングラスを選ぶ

メガネには、鼻の部分を支える鼻パッドの部分があります。この鼻パッドが分厚いサングラスを選びましょう。

鼻パッドに厚みがあれば、立体的な印象が強くなります。

日本人らしい平坦な顔でも、立体感が出てかっこよく演出できるのです。

さらに、レンズが大きめのサングラスを選ぶのも大事です。

「レンズが小さい方が、シャープでかっこいい感じがする」と、思うかも知れませんが、それは欧米人的な顔の場合です。

多くの日本人は、レンズが小さいと、眉毛が飛び出たり、目元と一体化してしまったりして、ダサい印象になってしまいがちです。

日本人の顔には、大きめのレンズの方が似合いやすいので、試してみましょう。

サングラスの似合う人と似合う人 まとめ

というわけで、サングラスの似合う人と似合う人についてでした。

・サングラスは人気があるが、似合う人と似合わない人がいる
・サングラスが似合うのは、彫りが深くて、眉毛が目に近くて、鼻が高い人
・サングラスが似合わない人は、顔が平坦で、眉毛がはみ出て、鼻が低い人
・「似合わない」と言われる人は、レンズが大きくて、鼻パットが分厚いサングラスを選ぶといい
・レンズが小さくてパッドが薄い種類は、欧米人のような顔でないと似合わない

ということですね。

俳優や女優を見ていると「同じサングラスをかけてみたい!」という気持ちになりますが、残念ながら、同じサングラスを選んでも同じ顔にはなりません。

自分と顔つきが違えば、全く違うイメージになってしまいますので、自分に合った種類を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です