グッドドクター(韓国ドラマ)のあらすじや感想まとめ!視聴率も

スポンサーリンク

韓国の大ヒットドラマのグッド・ドクター。

2018年に日本版の放送も決定され、注目を集めています。

ネットでは「あらすじが知りたい」「見た人の感想は?」「視聴率はどうだったの?」と、興味を持っている人も増加中です。

そこでこの記事では、グッドドクター(韓国ドラマ)のあらすじや感想について、まとめていきます。

グッドドクター(韓国ドラマ)のあらすじ

グッドドクター(韓国ドラマ)のあらす

まずは、グッド・ドクターのあらすじを見てみましょう。

グッド・ドクターは、一言で言えば障害を持った天才の主人公が、差別や偏見を受けながらも、努力して医者に成長していく物語です。

もう少し丁寧に解説すると、次のようになります。

主人公は、サヴァン症候群の青年パク・シオン(チュウォン)。
人とのコミュニケーションが苦手ですが、天才的な記憶力と、空間把握能力を持っています。
そんな主人公シオンは、幼少期に医者のチェ・ウソクに才能を見つけてもらい、医者を目指します。

ところが、簡単に医師にはなれません。
普通の人同様の勉強や努力が必要なことはもちろん、シオンには病気があるのです。
自閉症でサヴァン症候群のシオンは問題視され、医師試験で不合格になってしまいます。

ですが、シオンはあきらめません。
なんとか医師免許を認めてもらうため、シオンはウソクが院長の病院で、能力の再検証をしてもらいます。
障害のあるシオンは、差別や偏見の目で見られ、逆境にも立たされます。
ですが、偶然主人公が子供の応急処置をする動画がネットで話題になり、これが主人公の転機になるのです。

小児科の研修医としてシオンは採用されることになり、夢に近づきます。
特別研究員のチャ・ユウソとも仲良くなり、シオンは前進を続けるのです。

とはいえ、シオンは人助けのためなら無茶なこともするため、院内ではトラブルメーカー扱いされます。
シオンを罠にはめようとする人も現れますが、それでもシオンは諦めずに、医者になる夢に向かい続けます。

これが、グッド・ドクターの前半のストーリーあらすじです。

グッドドクター(韓国ドラマ)感想

そんなグッドドクターですが、見た人の感想はどうなのでしょうか?

ネットでは、次のような感想があがっています。

・主人公の演技がうまい
・自閉症の設定なのに、パク・シェオンの演技が自然
・障がい者の演技が嘘くさくなくてすごい
・ちゃんといい話になるのがいい

韓国でのブームのときは「大人のための童話のような作品」とも称されたグッド・ドクター。
奇をてらわず、直球のいい話を描いていることも人気の理由のようです。

グッドドクター(韓国ドラマ)の視聴率

そんなグッドドクターの視聴率はどれくらいなのでしょうか?

放送時の韓国ではなんと以下のような最高視聴率を記録しています。

・最高視聴率:21.5%
・同枠番組の最高視聴率1位

数千万人もの人が視聴している、圧倒的な人気作品ですね。

日本版がどうなるかも期待されるところです。

グッドドクター(韓国ドラマ) まとめ

というわけで、グッドドクターについてでした。

・グッドドクターのあらすじは、サヴァン症候群の主人公が、医者を目指す話
・グッドドクターの感想は、主人公の自然な演技についての好意的なコメントが多いです。
・グッドドクターの視聴率は、最高21.5%。同時間帯の番組の中で1位を取得。

ということですね。

ちなみに、グッド・ドクターの無料視聴の方法については、次の記事に書いています。
グッドドクター(韓国ドラマ)無料動画を視聴!9tsuやパンドラは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です