健康・ダイエット

出産の痛みや陣痛を和らげる方法は?気絶するレベルの痛みって本当?

妊娠すると赤ちゃんを迎える準備をしたり、マタニティライフを楽しんだりして意外とあっという間に臨月を迎えますよね。

だんだんと予定日が近づいてきて、そんな時に気になってくるのは出産の痛みだと思います。

陣痛ってどのくらい痛いのか?気絶するレベルの痛みって聞いたことあるけど本当なの?と、痛みを和らげる方法があれば知りたくありませんか?

そこで今回は出産の痛みに関してまとめました。

スポンサーリンク

出産の痛みを例えるなら?

昔から出産の痛みは鼻からスイカって言います。正直言って鼻からスイカってよくわかりませんが。

他には生理痛の酷いやつや、内臓を握り潰されるような痛みなど聞きませんか?私が出産して思ったのは、陣痛はとんでもなく酷い便秘です(笑)

調べてみると、結構私と同じように酷い便秘に感じた人がいました。

すごくそう思います!本当に痛すぎて早く出てほしいのに何時間も出てこない。

でも産まれたら痛みがスッと無くなるから、下痢が便秘って例えるとわかりやすいんですよね。

そうなんです。とにかく便秘やら生理痛なんかの究極な痛みが何時間も続くんです。

それに暴れるまではないんですが、痛すぎてのけ反ったりしますね!

気絶したらどうするの?

出産で気絶したという話しは身近では聞いたことはありませんが、陣痛促進剤を使用すると
通常の陣痛より痛いようで気絶する人もいます。

他にも、分娩の時に狭い産道を赤ちゃんが降りてくるときに、産道の広がる痛みといきみで気が遠くなることも。

赤ちゃんが産道を通る途中で気絶すると、お母さんがいきむことができずに産道で赤ちゃんが止まってしまい、とても危険な状態になります。

でも、もし気絶しても次の陣痛で目が覚めたり助産師さんが起こしてくれるので安心ですよ!

ただし、目が覚めない場合は緊急帝王切開吸引分娩になることもあります。

無痛分娩は痛みが全くない訳ではないんです。

麻酔が効くまで気絶する程の陣痛は嫌ですが、出産時には無痛になっているのなら最高ですね!

このように、陣痛で吐いてしまう人もいます。気絶と陣痛のループなんて壮絶過ぎて絶対経験したくないです。

因みに今は、LDRといって陣痛室から分娩室まで移動せずに、陣痛~分娩~回復までができる一体となった個室を取り入れている病院が増えてきています。

気絶って寝る感覚と同じなんですね。私自身は気絶したことないので、とても参考になりました。

「よくあることらしい」って地味に怖いです!

痛みを和らげる方法

痛みを和らげる方法をいくつかまとめてみました。

腰をマッサージする。手でマッサージやテニスボールやゴルフボールで押すと効果的。

肛門を押すテニスボールやゴルフボールで肛門付近を押すと楽になります。正座をして自分のかかとで押しても構いません。

痛みを和らげる呼吸方法を行う力を抜いて、『ふー』と長くゆっくりと息を吐いていきみ逃しをする。

ラマーズ法、ソフロロジー呼吸法を行う。詳細はこちらをどうぞ。ラマーズ法ソフロロジー呼吸法

リラックスする。できるだけリラックスして体の力を抜くことが大切です。体が緊張状態だと陣痛を強くします

病院によってはバースプランを提出できるところがあります。

陣痛中に好きな音楽を流してもらったりお気に入りのアロマを嗅いだりしてリラックスできる環境を作りましょう。

大声を出す。痛いときに大声を出すと気も紛れますし、息を吐いている状態が続いているのでいきみ逃しになります。

恥ずかしがらずに大声を出してみましょう。

楽な姿勢をとる。四つん這いになったり抱き枕を使って横向きになる。

あぐらをかく、椅子に逆に座ると股関節が広がり産道が広がりお産が進みやすくなります

腰やお腹を温める。ホットタオルやカイロ、湯たんぽで温める。筋肉がほぐされ痛みが和らぎます

足を温める。腰やお腹以外にも足も効果的です。冷え性の人は陣通が始まったら靴下を履いて体を冷やさないようにしましょう。

陣痛の合間に食事をする。出産は体力を使います。陣痛の間隔がある間に食事と水分を取りましょう。

食欲がない時は食べやすいゼリーなどいいですね。

ラズベリーリーフティーを飲む。ラズベリーリーフは安産のハーブといわれています。

子宮や骨盤周りの筋肉を収縮する働きがあります。この働きにより出産が早くなったり楽になったりすると言われています。

妊娠後期に飲むと陣通を緩和する効果があると言われています。ですが妊娠初期は禁忌なので飲まないように注意してください!

うさ子
うさ子
他にもこんな方法もあったよ

陣痛で泣きながら木馬に揺られるって、なんだかシュールですね。

木馬に乗って痛みが和らぐなら乗ってもいいかなとは思いますが・・・

座っているほうがお産が進むのは、股関節が開いて進むのでしょう。やはり温めるのも効果的なようです。

また、最近の病院のご飯は豪華でおいしいところが多いですが、この方が入院した病院は不味かったようで残念でしたね。

ねこ太
ねこ太
色んな方法があるんだね。自分に合う方法を試してみよう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は出産の痛みや陣痛を和らげる方法、痛みは本当に気絶するレベルなのか、をまとめてみました。

要点まとめ

・出産の痛みを例えるならすごい便秘や下痢、生理痛の酷くなった痛み
・気絶することもあるが次の陣痛で目が覚めるのがほとんど。覚めない場合起こされ、それでも目が覚めない場合は緊急帝王切開や吸引分娩になる。
・痛みを和らげる方法は呼吸法や痛いところを温めることや、腰をマッサージすることなどで和らげることができる。

初めての出産だと特に不安なことも多いかもしれませんが、痛みに対しての不安はこちらで紹介した方法を試してみてください。

また、「これも良かったよ!」という方法がありましたら教えてくださいね。

赤ちゃんとの出会いを楽しみに、頑張れママ!!

スポンサーリンク