ドラマ・映画・漫画アニメ

ダイヤのA act2最新話144話のネタバレと感想!沢村の恋の行方は?

実力で降谷から背番号1を勝ち取った沢村でしたが、夏大会、勝負の時は刻一刻と迫っています。

順当に行けば、三回戦の相手は由良総合工科高校です。

それでは、2018年10月31日発売の週刊少年マガジン号に掲載されているダイヤのA act2 144話「スーパーソニックジェットボーイ」のネタバレと感想をお届けします!

こちらは11月16日発売のダイヤのA act2最新刊14巻に掲載されている内容です。

「ネタバレを読む前にやっぱり漫画が読みたい!」という方はこちらの方法で先読みすることをおすすめします。→漫画の最新話や最新刊を無料で読む裏技

FODで今すぐ「ダイヤのA act2」を読む

※FODでは無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 144話のあらすじ

沢村が勝ち取った背番号1番。

嬉しさのあまり、ユニホームを着たまま寝ている姿を仲間に見られてしまい、背中に「さわむら 1」といたずらをされてしまいます。

背中に書かれたいたずらですが、誰かに気づいてもらうまでは気づかないかもしれないですね(笑)

ダイヤのA act2 144話のネタバレと感想

沢村は同じクラスのモブ子ちゃんと話しています。

モブ子ちゃん:「今年はチアでスタンドから応援するよ!」

応援してもらえるのはすごく嬉しいことですし、気合が入りますね!

沢村:「大丈夫かよお前!スタンドは日が照り続けてるんだぞ!」

ノブ子ちゃん:「で、でも先輩から聞くし日焼け対策もするし」

沢村:「ぶっ倒れんなよ」

沢村のなんとも素直じゃない気の使い方が好きです。

その後の沢村の一言。とてもツンデレだなと思いました。

沢村:「でもありがとな西野(ノブ子ちゃん)おれたちも応援に答えれるように頑張るからよ」

ノブ子ちゃんは頬を赤らめてしまい「絶対甲子園行けよ!」と返します。

青春ですね!

その後グラウンドでは練習が始まりました。野手みんなよく動けています。

降谷も気落ちすることなく練習に励んでいました。

そしてブルペンでは、背番号1を手にした沢村も気合充分です。

まだまだ投げ込むと意気込む沢村でしたが、もう120球分投げていると止められてしまいます。

たしかに投げすぎて試合前に故障なんて大惨事は避けたいですし、止める気持ちもわかります。

しかし、沢村の気持ちは収まらず、

沢村:「ダッシュ10本してあがりますからね」

となぜかキレ気味。

まわりもやれやれと言っていますが、肩に力が入りすぎている分、試合にどう出るか想像もつかないと心配の声も上がっています。

気合が空回りなんてこともありますからね!

そして日曜日の八王子球場。由良総合対坂乃江の試合が行われています。

老将 榊大二郎の予言とも呼ぶべき読みは冴え渡ります。

榊:「さぁて、あと2点は取れそうか」

余裕の声とも思える発言。

このままいけば、三回戦は由良総合で決まりそうな展開ですが、どうなるのでしょうか。

まとめ

ノブ子ちゃんと沢村は恋に発展するのか!?またまた由良総合との対戦がとても楽しみですね。

沢村は気合を全力でぶつけてほしいと思います。

次号も楽しみですね。

FODで今すぐ「ダイヤのA act2」を読む

※FODでは無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク