ドラマ・映画・漫画アニメ

寄宿学園のジュリエット最新話81話のネタバレと感想!会場どよめく露壬雄の演説

前回前半の白猫の演説が終了しました。そしてついに後半の黒猫の演説が始まります。

露壬雄の演説にも注目ですね。

それでは、2018年11月14日発売の週刊少年マガジン50号に掲載されている寄宿学園のジュリエット81話のネタバレと感想をお届けします!

「ネタバレを読む前にやっぱり漫画が読みたい!」という方はこちらの方法で先読みすることをおすすめします。→漫画の最新話や最新刊を無料で読む裏技

FODで今すぐ「寄宿学園のジュリエット」を読む

※FODでは無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク

寄宿学園のジュリエット81話のあらすじ

黒犬トップバッターは狛井蓮季です。

蓮季「どうも 蓮季だゾ いや~この堅い雰囲気緊張しちゃうゾ」

と砕けた話し方から始まります。

気軽に悩みを相談できるような、親しみやすい監督生になると皆の前で話します。

それを象徴するかのように、「いつでもお茶とお菓子を用意して 蓮季は皆を待ってるゾ!」と友達のように笑顔で話し演説を終えました。

寄宿学園のジュリエット 81話のネタバレと感想

玲音「ぬるいよ」

演説を聞いていた玲音は言いました。

私はとても親しみやすそうな演説だったと感じたのですが、玲音はなにをみんなの前で主張するのでしょうか。

そして玲音は自分の名前を言わずに本題に入ります。そして「ボクは白猫が嫌いだ」と言い切りました。

玲音が唱える公約は、黒と白の分断です。

玲音「二寮の断絶その実現のためボクに力を貸してくれ。学園をもっと過ごしやすくしようじゃないか」

そういうと、玲音の言葉に会場は今日一番の歓声を響かせるのでした。

そしてお待ちかね、露壬雄の演説です。

壇上に登って

「犬塚露壬雄。演説のトリを務めます」

と言うと、壇上に登ってしまったことに「降りなさい」と注意されてしまいました。

バカだ。と会場を呆れさせるとともに、玲音が作った空気を戻します。

そして露壬雄は演説を始めました。

露壬雄「ちなみにオレは学園なんて、だーい嫌いだった」

露壬雄らしい話し方ですね。

そして心から思っている言葉を話します。

露壬雄おれ達で決めよう、オレ達の学園なんだから」

その露壬雄の等身大の言葉が会場の人たちの心に刺さり、最高の演説に会場は歓声が湧き上がりました。

露壬雄「校則だけじゃない。いずれは皆に植え付けられた価値観も変えてやる。オレ達2人で、必ず」

そう心に誓う露壬雄でした。

まとめ

露壬雄が壇上に上がったときはどうなるかと思いましたが、包み隠さないその言葉でしっかりと伝えられたことが1番の評価になりましたね。

露壬雄の飾らないところが私も好きです。

露壬雄の理想とする学園を作ることができるのか、次号の内容が気になります!

FODで今すぐ「寄宿学園のジュリエット」を読む

※FODでは無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク