ドラマ・映画・漫画アニメ

ニワトコの杖の所有者や所有権について!最後の持ち主は誰?

ハリーポッターシリーズの最終章となるハリーポッターと死の秘宝part1から出て来たニワトコの杖

魔法族に伝わる童話【死の秘宝】の一つですが、「そもそも死の秘宝やニワトコの杖って何なの?」「持ち主がコロコロ変わるけど、今誰のものなの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、ニワトコの杖や死の秘宝がどういったものなのか、また、最後の持ち主についてもご紹介します。

スポンサーリンク

ニワトコの杖とは?

ニワトコの杖とは、魔法族に伝わる童話【死の秘宝】の一つです。

死の秘宝とは、ハリーポッターの第1章に登場した『透明マント』・死者を現世に呼び出す『甦りの石』そして最強の杖である『ニワトコの杖』の3つになります。

ニワトコの杖について詳しく知るためには、先に魔法族に伝わる童話「死の秘宝」について知っておいた方が良いでしょう。

うさ子
うさ子
わかりやすいように、実写映画版での朗読を紹介するよ。

死の秘宝の物語とは?

作中で登場している物語の内容です。

昔、三人の兄弟が、曲がりくねった道を夕暮れ時に旅していました。

やがて兄弟は、渡れないほど危険な川に差し掛かりました。
でも三人は魔法を学んでいたので、杖を一振りして橋をかけました。
けれど渡りきる前に、何者かが行く手を遮ったのです。
……それは『死』でした。

『死』は悔しがっていました。大抵の旅人なら、溺れ死ぬからです。
でも『死』は狡猾でした。
魔法で死を免れた三人を褒めるふりをし、賢い三兄弟に褒美をあげると言いました。

一番上の兄は、この世で一番強い杖を欲しがりました。
『死』はニワトコの木で杖を作り、与えました。

二番目の兄は『死』をもっと辱しめてやりたいと思い、愛する人達を死から呼び戻す力を要求しました。
『死』は川から一個の石を拾い、与えました。

最後に『死』は、一番下の弟を見ました。
慎ましい弟は、こう言いました。
「『死』に後を付けられずに、此処から立ち去れるような物が欲しい」
そこで『死』は渋々、自分の『透明マント』を与えました。

一番上の兄は遠い村に着き『ニワトコの杖』を武器に魔法使いと決闘し、殺しました。
ニワトコの杖の強さに酔いしれた兄は、自分は無敵だと自慢しました。
けれどその夜、別の魔法使いに杖を奪われ、喉を掻き切られたのです。
『死』は、一番上の兄を手に入れました。

二番目の兄は家に戻り、貰った石を三度手の中で回しました。
すると嬉しい事に、かつて妻にと望んだ今は亡き女性が現れたのです。
しかし彼女は、命ある者の世に馴染めず悲しげでした。
彼は彼女を想う余り、一緒になる為、自ら命を断ちました。
『死』は、二番目の兄も手に入れたのです。

一番下の弟は『死』が何年探しても見つける事が出来ませんでした。
やがて、とても年老いた彼は自ら透明マントを脱ぎ、息子に与えました。

そして『死』を古い友として迎え、喜んで死と共に、この世を去って行きましたとさ。

作中では、ストーリー上になっているので、実際に文面にするとまた印象が変わりますね。

またこのストーリーにはモデルになった人物がいるとのこと。それについては別の記事でご紹介します。

ニワトコの杖の詳細

うさ子
うさ子
ここでは、ニワトコの杖がどのように誕生したか紹介するよ。

ニワトコの杖は、ニワトコの木を材料に作られた実を象った丸いフシが特徴的な魔法の杖です。芯にはセストラルの尾毛が使われています。

元々はヴォルデモート以前に最悪の闇の魔法使いと呼ばれていたゲラート・グリンデルバルドが所持していましたが、彼がアルバス・ダンブルドアに倒されてからはダンブルドアに所有権が移り、以降は長らく善の為に使われていました。

最強無敵の杖とされ所有者は如何なる敵も打ち破る力を手に出来る他、通常は不可能である『折れた杖を甦らせる』といった魔法さえ実現させるという規格外な性能を秘めています。

しかしそれ故に杖を巡った魔法使い同士の殺し合いが幾度となく起きており、数々の所有者を死に追いやりつつ新たな所有者の手元へと移るという歴史を繰り返し続けていました。

ねこ太
ねこ太
ちなみにグリンデルバルドは前所有者を殺さず失神させて盗んでいるんだよ。

この事から『死の杖』という異名を持ち、「ニワトコの杖、永遠に不滅」という言葉も存在します。

ダンブルドアが杖を手にした経緯などは映画では語られないので、驚いた方も多いのではないでしょうか。

そしてニワトコの杖は曰くつきの白物なのかと、そこにも驚きますね。

ただし唯一の例外として『所有者が誰にも敗北せず死ぬと力を永遠に失う』という弱点が有り、ダンブルドアはこの条件を満たして杖を葬り去ろうとしていました。

気持ちや考えについても映画では語られません。

ダンブルドアがスネイプに殺害を命じた理由がこんな深い理由だった事には驚かされますね。

ニワトコの杖の所有権・所有者について

ニワトコの杖の所有者は、前に書いた3兄弟の物語のモデルとなったアンチオク・ペベレルです。

その後元々はヴォルデモート以前に最悪の闇の魔法使いと呼ばれていたゲラート・グリンデルバルドになり、そののちアルバス・ダンブルドアになりました。

謎のプリンスでダンブルドアがセブルス・スネイプに自身の殺害を依頼したのは、ニワトコの杖を葬る為に唯一の例外である『所有者が誰にも敗北せず死ぬと力を永遠に失う』というのを利用し葬ろうとしていたためです。

ですがスネイプが殺害前にダンブルドアがドラコ・マルフォイによって『武装解除』されていた為に失敗に終わり、マルフォイが所有者となります。

ねこ太
ねこ太
あー、ダンブルドアの予定を狂わせたのはマルフォイだったのか・・・!

ヴォルデモート卿はダンブルドアの墓からニワトコの杖を掘り出しましたが、杖はヴォルデモート卿には従わなかった為にダンブルドアを殺害したスネイプが真の所有者だと思い、スネイプを殺害しました。

うさ子
うさ子
スネイプの殺害は予想以上の衝撃だったね。ヴォルデモートの勘違いでとても悲しい・・・

スネイプの最後についてはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
ハリーポッターのスネイプ先生の正体をネタバレ!過去や最後についてもハリーポッターの作品には沢山の魅力的なキャラクターが登場しますよね。 この記事では、ハリーポッター作品の中でもひときわ謎の...

ヴォルデモート卿は真の所有者がマルフォイからハリーになっている事に気づかずに、ハリーに敗北する形となってしまいました。

本当の所有者を知らなかったなんて・・・とは思いますが、結果としては最後の所有者はハリーポッターという事になります。

歴代のニワトコの杖の所有者

様々な争いの種となったニワトコの杖ですが、過去どれだけの人の手に渡ったのか気になりませんか?

今回歴代所有者について詳しく調べてみましたが、これについてはハリーポッターファンの私も初めて聞く名前ばかりでした。

・アンチオク・ペペルレス
・アンチオク・ペペルレスを殺害したもの
・悪人エメリック
・極悪人エグバード
・ゴデロット
・へレワード
・バーナバス・デベリル
・ロクシアス
・グレゴロビッチ
・ゲラート・グリンデルバルド
・ドラコ・マルフォイ
・ハリー・ポッター

調べた所、この杖の主だった人物は悪名高い所有者が多かった様です。

力を求めると心まで悪に染まるのか、それとも悪者が力を求めるものなのか・・・・

ニワトコの杖の最後

ヴォルデモート卿との戦いが終わった後、ハリーは親友であるロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーにマルフォイより杖を奪った自分が真のニワトコの杖の所有者だと告げました。

その際にロンは自分達が所有者になっている事を喜び、「どうしよう」とハリーに言いますが、ハリーはニワトコの杖を折り橋の下に杖を捨てる事にします。

うさ子
うさ子
なんでハリーはニワトコの杖を捨てちゃったの?

ハリーはもうこの様な悲劇を起こさない様に彼は【力】ではなく【平和】を求めてこの様にしたのでしょうね。

色々な人の命が奪われたこの戦いを繰り返さないという、決意のようなものを感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

知らない登場人物、ニワトコの杖の継承方法の例外、ダンブルドアがしたかった事。

ハリーポッターシリーズの大ファンの私でしたが、今回ニワトコの杖について詳しく調べてみてまだまだ知らない事が多く、本当に驚く事がいっぱいです!

作品が完結して何年も経った今でも、もっと調べてみようと思うくらいの傑作だった事を思い知らされました。

ぜひあなたもニワトコの杖について詳しく理解した上で、ハリーポッターシリーズを見返してみてください。

物語の奥深さを思い知らされますよ。

▼今すぐハリーポッターシリーズを観る▼

ハリーポッターを全作観るならこちらから

※U-NEXTは31日間の無料お試し期間があります

スポンサーリンク