ドラマ・映画・漫画アニメ

ゴジータとベジットの違いはなに?戦闘力やどちらが強いのか気になる

ドラゴンボールの中で最強のキャラクターは、ベジータでも悟空でもなく、ゴジータ!

ゴジータ = 悟空 + ベジータ

の名前なのは言うまでもありませんね。

しかし、私は昔2人が合体したこのキャラクターを「ベジット」と呼んでいました。

  • え?ゴジータとベジットって何が違うの?

そう言えば、ヒュージョンが失敗した時のキャラにも名前がついていたような・・・今回はそんな「ゴジータとベジットの違いについて」をご紹介いたします。

自分が今まで見てきたドラゴンボールを思い返しながら読んでみてください。

この記事でその違いの謎が解けたときには、「あ!そうそう、それが違うんだった!!」とスッキリできますよ。

スポンサーリンク

ズバリ!ゴジータとベジットの違いとは?

ゴジータは2018年12月に映画館で上映スタートした映画「ドラゴンボール超 ブロリー」で超サイヤ人ブルーとして参戦します。

かっこいい!最初は正直、超サイヤ人ブルーが受け入れられなかったんですが、やっぱりドラゴンボールが好きで、今ではもうかっこよくてしょうがないっす!(笑)

今回のこれは超サイヤ人ブルーのゴジータですが・・・ではズバリ!答えをまとめていっちゃいましょう。

ゴジータとベジットの容姿をまず比べてみます。

★ゴジータ★

★ベジット★

さぁ、この写真ですでに違いが出ていますよ!よく写真を見てください。

服やポーズ、髪型以外に明らかに違う部分が隠されています。

 

さぁ、どこかわかりましたか?答えは・・・

「イヤリング」

ドラゴンボール好きのあなたでしたら、これを聞いたらすぐに「あ!そういうことか」と察しているかもしれませんね。

そう、これはただのイヤリングではありません。

名前は「ポタラ」、一体これは何なのでしょうか?

「ポタラ」とは

『ドラゴンボール』シリーズに登場するイヤリングで 界王神が付けている。

このイヤリングを2人で片方ずつ互い違いにつけることで、フュージョン無しでも合体することができるのだ。

フュージョンとは違う大きな点は、制限時間というデメリットがなく、パワーの増幅率も大きく上回る、そして、基本的には一度合体すると二度と解除することが出来ない!

(ベジットは一度、魔人ブウの体内に入り合体が強制解除できている)

これでゴジータとベジットの違いがわかりましたね。

  • ゴジータ:悟空とベジータがフュージョンした姿
  • ベジット:ベジータとカカロットがポタラで合体した姿

どっちが強いの?

では一体、どっちがつようのでしょうか?戦闘力を見ながら計算してみましょう。

まずは悟空が超サイヤ人ブルーになった時の戦闘力ですが、なんと1京2000兆と言われています。

ちなみに、悟空は「スーパーサイヤ人ゴットスーパーサイヤ人」と名乗りましたが、長いからと「超サイヤ人ブルー」に省略されました(笑)

ベジータの超サイヤ人ブルーの戦闘力は1京1000兆

ん〜、悔しい!でも、よくよく考えたら悟空との差は1000兆もあるのだから、惜しくはないか(笑)

さて、ここで戦闘力を図っていきたいところですが、なんせ桁が大きすぎる!!これでは計算してもよくわからないので、ゴジータとベジットを比べるために、仮で悟空とベジータの戦闘力を100万とします。

ゴジータ(フュージョン)

フュージョンは単体時の数十倍のパワーになります。“数十倍”の正確な値は公式では出ていませんが、界王拳で10倍くらい出しますので、それ以上には強くなるはずです。

それを50倍と仮定すると、

単体1,000,000 × 倍率50 = 戦闘力50,000,000−

ベジット(ポタラ)

ポタラのパワーアップは、2人の戦闘力×戦闘力です。

悟空100万 × ベジータ100万 = 戦闘力1,000,000,000,000−

ちょっ、ちょっと待ってくださいよ、これはすごすぎですよ!?全然力が違うじゃないですか!流石にこれは強すぎますw

ちなみに、ポタラのちからを知る老界王神さまは、ポタラを悟空たちに渡す前にこんなことを言いました。

「超サイヤ人になるなら合体したあとでなったほうがええ。ま、そんなことせんでもじゅ~ぶんじゃろ」

ベジットとゴジータは圧倒的にベジットの方が強くなることがわかりました!難点は、一度合体してしまうと永久に元に戻れなくなってしまうことですが・・・これからのことを考えると、フュージョンが一番ですね。

まとめ

今回はゴジータとベジットの違いについてご紹介いたしました。

「そう言えば、どう違うのかわからなかったけど、確かにそうだった!」

と思いませんでした?私もこの謎が解けたときには「スッキリ〜!」って感じでした(笑)またドラゴンボールに関して面白いネタをまとめていきますので、お楽しみに!

スポンサーリンク